菊タブーを乗り越えたマンガが描いた天皇の肖像

――戦前においては、その肖像は崇拝の対象として扱われており、戦後も天皇の肖像を描くことは、長らく右翼団体などによりタブーとされてきた。しかし、昨今では、週刊誌の編集部に街宣車が押し掛けるような事態も少なくなったと聞く。また映画でも天皇を描いた作品は存在する。では、マンガという日本が独自に進化させてきた表現手段は、天皇というタブーにどう切り込んできたのか?

(絵/小笠原 徹)

この続きをみるには

この続き: 5,659文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

菊タブーを乗り越えたマンガが描いた天皇の肖像

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

人気マンガの危ない裏話【2015年2月号第1特集】
人気マンガの危ない裏話【2015年2月号第1特集】
  • 21本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。