高橋知秋
禍話リライト「帰れないカップル」

禍話リライト「帰れないカップル」

高橋知秋

 なんかね、「このダムすげえ怖いんだってね」って…。

*

 北九州のとあるダム。
 そこは心霊スポットとして有名らしく、特に周辺に併設された、ダムの上まで続いているサイクリングロードが「ヤバい」と噂されていたという。

 そのダムに友人とふたりで真夜中に肝試しに行った、ある人の体験。

 車から降りて、真っ暗な山道を懐中電灯で照らしながら歩いていると、前から一組のカップルがやってきた。
(ああ…有名なところだからやっぱりみんな肝試しに来てんだな…)
 その時はそう考え、特に何の疑問も感じなかったという。
「こんばんは」
 なんの気なしに挨拶をすると、
「あ、こんばんは~」
 向こうからも挨拶が帰ってきた。

 カップルとすれ違ってしばらく経った時、友人が不意に口を開いた。
「…ちょっと待て」
「どうした?」
「俺らが車停めたときにさあ、周りに他に車なかったじゃん。あいつらどうやってここに来たんだ?…歩いてきた?」
「え、そんなわけないじゃん、こんな山ん中…」
 思わず周りを見渡す。
 ここは車で来るのにも一定の時間を要するような山の中、更に辺りは完全に深夜の闇に包まれている。とてもじゃないが麓から徒歩で来れるような状態ではない。
「…え、どっかにバイクとかあるんじゃないの…?」
「でもさあ、絶対周りに乗り物他に無かったじゃん、車停めたときにさあ…」
「だよねえ…」
 完全に怖くなってしまい、その場でUターンしてそのまま帰ることにした。

 車を停めた場所の近くまで戻ってきた。
「あのカップル、どうやって帰るんだろうな…」
 そんなことを話しながら、懐中電灯で前方にある自分たちの車を照らす。

 後部座席にさっきのカップルが座っていた。
 窓の向こうから、こちらの方をじっと見下ろしている。

「うわああっ!!!」
「えっ!?なんで!?」
「おいおいおい!!」
 二人で一通り騒いだ後に、思わず
「帰り、俺ら!?」
 と単語だけで叫んでしまった。

 それからが大変だった。
 あまりに怖いので車には乗れない。しかし周辺にはコンビニなどはないし、携帯の電波も上手く入らない。どうしようもないので、ひたすら煙草を喫って時間を潰した。そのあいだも定期的に車の方を見てみるが、やはりあのカップルは後部座席に座り込んでいる。
 最後の方はやけくそになり、「煙草おいしいねえ」などと訳の分からない会話をしていたらしい。

 結局、車の中からカップルの姿が消えたのは、早朝の3時か4時ぐらいのことだったという。


◇この文章は猟奇ユニット・FEAR飯のツイキャス放送「禍話」にて語られた怪談に、筆者独自の編集や聞き取りからの解釈に基づいた補完表現、及び構成を加えて文章化したものです。
語り手:かぁなっき
聴き手:佐藤実
出典:"禍ちゃんねる ピーターの帰還回"(https://twitcasting.tv/magabanasi/movie/555348441)より
禍話 公式twitter https://twitter.com/magabanasi