新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

第二創業期で人手不足に。三方良しの成長ができるクラウドリンクスに期待大!

CrowdLinks(株式会社クラウドワークス運営)

副業/兼業での働き先を探す高いスキルを持った人材が集まる「クラウドリンクス」。多くの企業様がクラウドリンクスを通じて、転職市場ではあまり見かけないハイスキルな人材とマッチングされています。

今回は、クラウドリンクスで自社に合うワーカーとマッチングし、BtoB向けSaaS、業務管理の効率化、デジタルマーケティング支援を主事業に、DXによる顧客にとっての”最適”に貢献することで三方良しの成長を目指しているという、株式会社frame and surfaceの取締役中村様にお話を伺いました。

《マッチング事例企業:株式会社frame and surface》
弊社グループ会社向けの情報システム会社として2015年11月11日設立。コロナ禍以前の創業時より、フルリモートワークを取り入れ、事務所は商談と対面会議の場として活用している。現在は、培ったノウハウを元に他社への・アジャイルによる弊社独自サービスの提供とPoCを含めたDX提案・マイクロソフトパートナーとしてITを駆使したモダンワークプレースの提案を得意とする。新しい時代の可能性を検証する「エポックPoC」を社是として標榜。試行錯誤しながら3歩先の未来を見据えてお客さま、社会、自社の三方良しを目指している。

クラウドリンクスを使い始めたきっかけを教えて下さい。

中村:
社内のリソースが不足してきたタイミングで、クラウドリンクスを知ったことがきっかけです。クラウドリンクスには、社会の第一線で働く経験豊富な方が多く登録されていることが使い始めの決め手になりました。

私たちはこれまで、主にグループ会社内で使用するシステムを扱ってきており、社外からのご相談に応じることもありましたが、数としては多くありませんでした。会社としての成長を見据え、今後は、社外へ向けたサービスへレベルアップさせていきたいと考えたときに、一気にリソースが不足するようになったのです。

また、この第二創業期というフェーズにおいては、販促の仕組みや営業経験も不足しており、同様の課題やニーズがある方からの情報や知見を求めていました。クラウドリンクスには、私たちが求めているノウハウを持つ人材が登録されており、自由に採用交渉ができるところがピッタリだと感じて利用し始めました。

クラウドリンクスを利用してみていかがでしたか。

中村:
クラウドリンクスで採用した方の中には、依頼から短期間で成果を上げ、弊社の中で重要な役職・ポジションをお願いして、リーダーとして活動されるような方も増えてきました。

まずはスポット案件を依頼して、その後も継続してお願いしているケースもあり、採用期間はバラバラです。お互い支援しながら切磋琢磨するような環境を構築できていると思います。

印象に残っているのが、マーケティングリサーチの依頼募集時のある応募者とのやり取りです。応募時の最初のメールで「御社は、マーケティングリサーチだけではなく、相談相手や壁打ち相手が欲しいのではないか。それなら私はこんなことができます。」と投げかけてくれたのです。「まさに求めていたのはそういうことだ!」と思い採用を即決し、面談では具体的な依頼についてお話しました。その方は、今、事業戦略立案や拡販活動のリーダーとして活躍していただいています。

他にも、依頼した業務に半年ほど対応いただいたあと、パートナーシップ契約にして弊社から提供した商材を活用してご本人のビジネスとして展開されている方や、エンジニアとして採用後、現在はプロジェクトマネージャーとして動いてもらっている方もいます。

今後クラウドワークスを活用して募集する予定はありますか。

中村:
募集を予定している職種は複数あります。全ての職種で共通する採用ポイントは、適切な問題意識をもって、主体的に活動してくれることです。完全成果報酬とボーナスでの契約も歓迎しています。

ベンチャー企業なので、「細かい指示が必要」という方とは相性があまりよくない傾向にあります。自発性を大切に、どんどん提案してグングン進めていっていただける方だと嬉しいです。

また、クラウドリンクスの活用方法として、ワーカーさんにインタビューして、弊社独自開発サービスの事前マーケティングリサーチに活用したり、将来の販売パートナーといった形でコネクションを増やしてもいます。

インタビューしたサービスを気に入っていただき、ぜひ自分でも利用したいと希望している方もいますし、実はこうした取り組みから生まれたサービスもすでにあります。2022年3月にリリースした『われどこ』と『プリケア』です。

『われどこ』は、大阪弁で「あなた、どこから来たの?」というもので、アナログのチラシやパンフレットなどから広告の効果測定ができるサービスです。名刺にも対応していて、営業時に渡した名刺がクライアントのスマートフォンの連絡先に簡単に登録できたり、自社のWebサイトに誘導し、自社の営業マンの誰が一番成果を出せているのか、その成果を測定できるようになっています。

『プリケア』は、ホームページなどのメンテナンスを行うサービスです。ホームページを運営していると発生する毎月のセキュリティアップデートや、アクセス記録やセキュリティ上の問題点のレポートを安価で提供しています。

クラウドリンクスに対する今後の期待をお願いいたします。


中村:
クラウドリンクスで試して自信をつけて独立を考える方もいらっしゃいますよね。案件を通して経験値が増えることは、ワーカーさんにとって良いことです。依頼する側は、案件を通して教育や経験を提供し、依頼を受ける側は作業に対応する。案件を通して教育して、クラウドリンクスでまた活躍してもらうような循環ができていくのは一つの理想ではないかと考えています。

弊社の例で言うと、新しく開発したサービスのβ版をお客さまにご案内をする際、お客様先で代表取締役などの役職者の方々を前にプレゼンできる者がおらず困ったことがありました。そのとき、クラウドリンクスを介して場馴れしている方にお願いをしたところ、提案資料を整えて、プレゼンをしっかりこなしてくれたのです。

私たちは、自社で賄えなかった業務を担当してもらえて助かり、ワーカーさんは、弊社の名前でプレゼンと弊社独自サービスの経験を積むことができ、ワーカーさん自らの事業に弊社サービスを組み込むことで、Win-Winの関係を築けました。

このように、クラウドリンクスを単なる副業をして稼ぐ場、としてだけでなく、成長できる場としても活用できるようになっていくと日本や世の中全体の成長につながっていくと信じています。

クラウドリンクスは、このようなプラットフォームになっていただくことを期待しています。

今後の貴社の展望や思いをお聞かせください。

中村:
私たちの会社設立当初の夢は「エンジニアの楽園」を作ることでした。弊社の社員にとってもクラウドリンクスのワーカーさんにとっても、優秀なエンジニアの働き方は重要です。

  • 時間的な自由が得られること

  • 自分の目指したい分野でチャレンジできること

  • 価値があるかわからないことに時間と労力を奪われている状態から解放されること

この3点はとても重要だと思ってます。
さらに、

  • 困ったときにサポートがあること

  • フィードバックがあって、スキルアップ・キャリアアップのチャンスがあること

  • 3歩先の未来の技術にアクセスできること

この3点があるとより理想的です。弊社のエンジニアからは、そうした点を評価してもらえているかなと思っています。

弊社は「コミュフィット※」と名付けられた弊社のコーポレートプロミスがあり、各コミュニティとコミュニケーションをどう改善していくのか、最適にフィットさせることを目指しています。
コミュフィット:コミュニティ/コミュニケーション+フィットからなる造語

事業としては、競合他社の類似品を提供するのではなくコミュフィットのコンセプトをもとに「コロンブスの卵」のような新発想で驚きと面白さを交えて社会貢献につながる提案をし続けたいと考えてます。その結果、お客さま、弊社、社会の三方良しになることが最大の目的です。

株式会社frame and surfaceのHPはこちら
クラウドリンクスへのお問い合わせはこちら


ライター:土屋菜々
画像:株式会社frame and surface提供


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!