見出し画像

はじめに

クロスプレイ東松山

「クロスプレイ東松山」について

医療法人社団保順会(埼玉県東松山市)と一般社団法人ベンチ(埼玉県川越市)が協働し、保順会が運営する通所介護施設「デイサービス楽らく」にアーティストが滞在・宿泊し、ワークショップや作品制作を行うプロジェクト「クロスプレイ東松山」に取り組みます。

デイサービス楽らく(埼玉県東松山市/設計:独楽蔵
デイサービス内にある滞在スペース
多目的スペース(この空間の隣にはデイサービスのホールがある)

クロスプレイ東松山は、高齢者福祉施設に年間を通じて様々なアーティストが滞在し、施設を拠点にした作品制作等の活動を通して、利用者や職員と文化的な交流をはかるプロジェクトです。

福祉施設でのアート活動は、レクリエーションの時間を使って、アーティストが活動を提供するという構造が主流でした。
しかし本事業では、ケアの現場にアーティストが滞在することにより、同じ場所にいる利用者や介護職員の時間と、アーティストの時間が交わります。レクリエーション以外にも、例えば利用者の空き時間にアーティストがリサーチをしたり、アーティストのクリエーションを利用者が見学したりするなど、アーティストが施設で「すごす」ことを大事にすることで、双方向の対等なコミュニケーションが生まれることを狙っています。

また、東松山市民文化センターと協働しての舞台公演やワークショップ開催などのプログラムの実施を通じて、地域の人々との文化的な交流を図っていきます。


2022年度「クロスプレイ東松山」実施体制

 企画・プロデュース:藤原顕太(bench)、武田奈都子(保順会/デイサービス楽らく)
制作(白神ももこ):金森千紘(infans.)、鈴木和幸(公益財団法人東松山文化まちづくり公社)、中山智恵(公益財団法人東松山文化まちづくり公社)
統括:武田知也(bench)

主催:
医療法人社団 保順会
一般社団法人 ベンチ
公益財団法人東松山文化まちづくり公社
さいたまアート・フェスタ実行委員会
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会

助成:
公益財団法人 福武財団
公益財団法人 全国税理士共栄会文化財団
文化庁 統括団体によるアートキャラバン事業 (コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業)
「JAPAN LIVE YELL project」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!