2020年のCRISP
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2020年のCRISP

CRISP

2020年も残すところあとわずか。この1年間、CRISPに来ていただき本当にありがとうございました!感謝しかないです!

私たちは「熱狂的なファンをつくる」に邁進してきた一年でした。しかし、コロナの影響やコロナ禍での全店営業休止など状況は厳しかったことも事実です。そんな時でも多くのファンとパートナー(従業員)に支えられていると実感した一年でもありました。ファンの皆様と振り返れたら嬉しいです。

ファンとの繋がりが実感できた「CRISP CONNECT」

3月25日から「クリスプ・サラダワークス」で開始した医療従事者を支援するためにの無償でサラダを届けるプロジェクト「CRISP CONNECT」。当初はコロナが蔓延する中で、第一線で頑張っているCRISPファンの医療従事者に向けて開始しました。しかしまたたく間にその輪を広げ、終了した5月29日現在で32箇所の病院に、延べ16,770個のサラダを提供。20,376,810円の寄付が集まり、400人を超えるボランティアサポーターが活動に参加するなど、ファンの皆さまあっての活動となりました!

画像1

ファンとパートナーが一つになった、このプロジェクトは私たちにとって忘れられない素敵な体験になりました。ありがとうございました!

新生CRISPが誕生!

10月1日に(株)クリスプホールディングスに(株)カチリ、(株)クリスプが吸収されることで一つの会社になりました!新会社名は「株式会社CRISP」。全く新しい組織制度で始まったCRISPの第二創業期でもあります。

新しい組織は、ものすごいスピード感と「熱狂的なファンをつくる」ことに集中できる新体制になり、もっとお客様に美味しいサラダとワクワクする体験を提供できるように日々試行錯誤を繰り返しています。エンジニアチームとより近くなったこともあり、デジタルを駆使して「日本の外食をひっくり返せ!」という思いで、今までにはないレストラン体験を提供できるようにチャレンジしていきます!

新しいCRISP APPとKIOSKがローンチ

「デジタルでもお客様と繋がりたい!」とエンジニアチームがゼロからつくった、モバイルオーダー「CRISP APP」と店頭キャッシュレスレセルフレジ「CRISP KIOSK」が10月、11月と立て続けにローンチしました!お客様とのタッチポイントは真剣に私たちが向きあるべきであると考えてるので、3rd Partyの提供するデジタルツールには頼らず、自分たちでつくっちゃったのがCRISPらしいなと!

しかも「CRISP APP」では私たちが直接お届けする「CRISP DELIVERY」もオーダーできるんです! とことんお客様との接点にこだわっています!

このnoteも読んでくれてありがとうございました!

3月から開始したCRISPのnoteですが、おかげさまで179名もフォロワーになってくれました!ありがたい!!(2020年12月28日時点)

来年も皆さまと一緒に素敵な一年を過ごせますように。それでは、良いお年をお迎えください!

実は、シラチャーソースのような情熱家なんです。
CRISP
カスタムサラダレストランCRISP SALAD WORKSの展開を通じて、テクノロジーで顧客体験を最大化し非連続な成長と高い収益率を実現する新しい外食企業「コネクティッド・レストラン」をつくろうとしている会社です