no.f 藤澤 和
見出し画像

no.f 藤澤 和

刺繍のブローチ

画像1

モチーフとして特に好きなのは結晶や鉱物です。こちらのブローチは増殖していく結晶をイメージして製作。色の移り変わりが美しくなるよう気を配りながら針を進めました。

刺繍糸は市販のものでもとてもたくさんの色があり、どの作品も毎回色選びに悩みますが、こだわる部分でもあります。ヴィンテージのビーズや天然石を使い、表情に広がりを持たせる事も多いです。

今後はアクセサリーだけでなく、オブジェ的なものも作ってみたいとこっそり思っています。

刺繍を始めたきっかけ

画像2

以前は京都の大学で陶芸を専攻していました。卒業後、地元松本に帰りすぐに結婚。子供も2人生まれ、作る事からはすっかり遠ざかっていました。

そんな中、娘の入園グッズを作るときにふと「刺繍を入れてみようかな」と思い、何気なく手に取ったのが髙 知子さんの本でした。髙さんの作品はシンプルなのにとても自由で、遊び心があって。そのときまで抱いていた刺繍のイメージとは全く違った作品に衝撃を受けました。それ以来、間が出来ると針を持つようになり、今に至ります。

素材や技法は確立されているけれど、表現はとても自由なところ。ここが陶芸と刺繍の共通した魅力だと感じています。

ものづくりの相棒

画像3

作業中は必ず何か流しています。相棒のプレイヤーはもう15年くらい使っているので壊れないか心配です……。

娘とカフェ巡り

画像4

「将来はカフェ屋さんになりたい」という娘との、研究という名目のカフェ巡りが最近の癒しです。

松本には素敵なお店がたくさんあっていいですよね。



作り手と使い手の日々が交わる場所。作り手の日々を紹介して、作り手と使い手の繋がりを作り、ものづくりの楽しさや喜びが広がっていくことを目指します。http://crafts-days.com/ 松本クラフト推進協会 ▶ https://matsumoto-crafts.com/