メタ認知について

敬老

頭の中のゴチャゴチャは、そのままだと処理するのが難しい。
が、「見える化」することで驚くほど扱いやすくなる。

①「気になってること」をメモに書く。
②書き出した問題に1つずつ、対策を書く。

解説
①について、気になっていることを文字にして書き出すと、頭の中で抽象的に考えていたことが可視化されるため、思考が整理される。

②について、自分が書いたメモを眺めることで、自分の思考・感情・状況・行動を客観的に分析できる。

メタ認知とは、自分が物事を認知していることを、客観的に認知していることを意味する。
「自分が知っていること、知らないことを把握している」

自分の頭の中の懸念材料を書き出す。

自分の思考や行動を俯瞰する。

対策をたてやすくなる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!