敬老

読んだ本のアウトプット用に記事かいてます。

敬老

読んだ本のアウトプット用に記事かいてます。

    最近の記事

    無意識にしている「言い訳」

    「お金さえあればできるのに」 「時間がないからできない」 「自信がないからできない」 といった言葉を口に出したり、内心つぶやいていませんか? 他にも 「過去に成功事例がない」 「歳を取りすぎている」 「親が反対している」 「失敗することが恥ずかしい」 など例をあげるとキリがありません。 実は、こういった普段何気なく使っている口癖は、先延ばしトリガーになっています。 これらの口癖が動けないことを正当化し、潜在意識に刷り込まれてしまうからです。 自らの行動・思考パターンを変え

      • 「行動目標」

        「結果目標」ではなく「行動目標」に注目し、悪循環から抜け出す。 思うような成果が出ないと、「今月はあきらめて来月頑張ろう」 「どうせいい点数をとれないから、勉強しても意味がない」など、モチベーションが下がってしまいます。 本当はもっと行動したり、勉強を積み重ねれば成果が出るのに、動くのが億劫になり先延ばしにしがちです。 こうなるとうまく行かない事が繰り返され、悪循環から抜け出せなくなります。 この悪循環から抜け出すためには、結果目標ではなく行動目標にフォーカスすることが有

        • 行動の理由

          人が行動する理由は2つ ①「苦痛回避」 ②「快追求」 ①「苦痛回避」とは、イヤなことを避けるための行動。 「辛い、苦しい、痛い、恥ずかしい」といったことを避けるために行動する。 その最もたるものが「火事場の馬鹿力」。 ②「快追求」とは、ほしい結果を得るための行動、夢や目標を実現する、あるいは「楽しい、嬉しい、気分がいい」という感情を得るために行動する。 自分が「苦痛回避」型か「快追求」型か調べる方法 半年〜3年くらい先の「未来のこと」を考える。 未来のことを考えると、ワ

          • 挫けそうなとき

            人はうまくいかないときには「この不調が永遠に続く」 、うまくいったときには「一時的な幸福に違いない」と思いがちです。 しかし、本来は逆の発想をするべきである。 何かが三日坊主で終わってしまった場合。 「私はいつも続かない。」「次もきっと続かないだろう。」 と考えるのと、「今回はだめだったが、次は別の話」と限定的に考えるとでは、どちらが次に繋がるかを考える。 うまくいかないことは、個別・限定的に捉える。 「結果」はコントロールできないが、「行動」はコントロールできるので、

            メタ認知について

            頭の中のゴチャゴチャは、そのままだと処理するのが難しい。 が、「見える化」することで驚くほど扱いやすくなる。 ①「気になってること」をメモに書く。 ②書き出した問題に1つずつ、対策を書く。 解説 ①について、気になっていることを文字にして書き出すと、頭の中で抽象的に考えていたことが可視化されるため、思考が整理される。 ②について、自分が書いたメモを眺めることで、自分の思考・感情・状況・行動を客観的に分析できる。 メタ認知とは、自分が物事を認知していることを、客観的に認