Simposium on Planetary Science 2020の報告
見出し画像

Simposium on Planetary Science 2020の報告

国立極地研究所の片岡です。

2020年2月19日に東北大で開催されたSPS2020の国際宇宙探査Moon to Marsセッションで、メンバーの片岡が昭和基地の宇宙線観測の重要性について紹介しました。タイトルはPrediction of Space Radiation Exposure on Mars。今後、月や火星の宇宙放射線被ばくを予測する必須ツールとなるだろう、という話をしました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!