珈琲マインド

愛知県で運営しているWEB上の音楽ショップ「珈琲マインド」です。アコースティック・ライ…

珈琲マインド

愛知県で運営しているWEB上の音楽ショップ「珈琲マインド」です。アコースティック・ライブとDJによる和みの音楽イベント「コーヒーもう一杯」を不定期ながら精力的に開催中。当店オススメの音楽やイベントレポート、店主お気に入りのレコードやミュージシャンについて投稿します!

ストア

  • 商品の画像

    【チャリティー販売】V.A「コーヒーもう一杯 夕暮歌集 〜魔法をかけさせて〜」

    【2024 3/31まで・期間限定チャリティー販売商品】 当商品の売上1枚につき2,000円を、令和6年能登半島地震の義援金として寄付します。 寄付先:日本赤十字社 詳細はこちらをご確認ください。 https://note.com/coffeemind/n/n12ed3e073bdd ----- 名古屋・新栄にて不定期開催中の、弾き語りとDJによる和みの音楽イベント『コーヒーもう一杯』の、2枚同時発売のコンピレーション・アルバムの1枚。 過去のイベント出演者10組が1曲ずつ楽曲提供し、午後3時ごろから日が落ちるまでの流れを想定した構成で選曲。 音源化が待ち望まれていた冬支度の『コンビニコーヒーブルース』、「カタリカタリ」や「しょうにゅうどう」などの活動で知られる河合愼五によるアコースティック・ユニットの百景借景や、「すぱっつ」アジマカズキ・ソロ音源のアコースティック・ヴァージョンなど、ここでしか聴けない楽曲も多数収録。 ブックレットには、当ショップ店主であり『コーヒーもう一杯』主催・野田明とアジマカズキの対談を掲載。 夕暮れ時の散歩や夕飯の支度のBGMとして、日々の生活にぜひ取り入れて欲しい1枚。 *ブログページにて詳細なライナーノートを書いています。ぜひご覧ください。 https://coffeemind.base.shop/blog/2023/04/03/225744 1. wonderland / そらしの 2. 魔法をかけさせて / コーラスウォーター 3. 風来坊 / 海洋天堂 4. 今日じゃなくてもいいな Ft. MCデンジャラスハーブ / リバーヴス 5. 往来 / ベイブス 6. 待宵月 / 百景借景 7. さよならプリンス / アジマカズキ 8. 夕焼け見にいこう / トロエッパ 9. がぁでぃあん / すぱっつ 10. コンビニコーヒーブルース / 冬支度
    2,200円
    珈琲マインド
  • 商品の画像

    【チャリティー販売】V.A「コーヒーもう一杯 夜の歌集 〜僕の万年床〜」

    【2024 3/31まで・期間限定チャリティー販売商品】 当商品の売上1枚につき2,000円を、令和6年能登半島地震の義援金として寄付します。 寄付先:日本赤十字社 詳細はこちらをご確認ください。 https://note.com/coffeemind/n/n12ed3e073bdd ----- 名古屋・新栄にて不定期開催中の、弾き語りとDJによる和みの音楽イベント『コーヒーもう一杯』の、2枚同時発売のコンピレーション・アルバムの1枚。 過去のイベント出演者10組が1曲ずつ楽曲提供し、陽が落ちた宵の口から真夜中までの流れを想定した構成で選曲。 アジマカズキのライブでの人気曲「僕の万年床」のアコースティック・ヴァージョン、百景借景やトロエッパなどの初音源、収録アルバムが完売状態になっているそらしの「yotaka」など、ここでしか聴けない楽曲も多数収録。 ブックレットには、当ショップ店主であり『コーヒーもう一杯』主催・野田明とアジマカズキの対談を掲載。 仕事の後の晩酌のお供や眠りにつく前の読書のBGMなど、日々の生活にぜひ取り入れて欲しい1枚。 *ブログページにて詳細なライナーノートを書いています。ぜひご覧ください。 https://coffeemind.base.shop/blog/2023/04/03/232304 1. 僕の万年床 / アジマカズキ 2. 虫の音 / 冬支度 3. 暮らしに歌を / コーラスウォーター 4. 眠れない夜の唄 / すぱっつ 5. 銭湯のうた / 海洋天堂 6. パラレル同窓会 / トロエッパ 7. Desmaland / リバーヴス 8. 七面鳥を食べた夜 / 百景借景 9. 極夜行 / ベイブス 10. yotaka / そらしの
    2,200円
    珈琲マインド
  • 商品の画像

    【チャリティー販売】珈琲マインド・オリジナルステッカー

    【2024 3/31まで・期間限定チャリティー販売商品】 当商品の売上1枚につき50円を、令和6年能登半島地震の義援金として寄付します。 寄付先:日本赤十字社 詳細はこちらをご確認ください。 https://note.com/coffeemind/n/n12ed3e073bdd ----- 名古屋在住のミュージシャン・アジマカズキ氏のイラストを使用した、当店オリジナル・ステッカーです。 耐水性などはない紙シールです。 *この商品は、当店でのお買い上げ1会計ごとに1枚ずつプレゼントしています。 2枚以上欲しい方のみご購入下さい。
    50円
    珈琲マインド
  • 商品の画像

    【チャリティー販売】V.A「コーヒーもう一杯 夕暮歌集 〜魔法をかけさせて〜」

    【2024 3/31まで・期間限定チャリティー販売商品】 当商品の売上1枚につき2,000円を、令和6年能登半島地震の義援金として寄付します。 寄付先:日本赤十字社 詳細はこちらをご確認ください。 https://note.com/coffeemind/n/n12ed3e073bdd ----- 名古屋・新栄にて不定期開催中の、弾き語りとDJによる和みの音楽イベント『コーヒーもう一杯』の、2枚同時発売のコンピレーション・アルバムの1枚。 過去のイベント出演者10組が1曲ずつ楽曲提供し、午後3時ごろから日が落ちるまでの流れを想定した構成で選曲。 音源化が待ち望まれていた冬支度の『コンビニコーヒーブルース』、「カタリカタリ」や「しょうにゅうどう」などの活動で知られる河合愼五によるアコースティック・ユニットの百景借景や、「すぱっつ」アジマカズキ・ソロ音源のアコースティック・ヴァージョンなど、ここでしか聴けない楽曲も多数収録。 ブックレットには、当ショップ店主であり『コーヒーもう一杯』主催・野田明とアジマカズキの対談を掲載。 夕暮れ時の散歩や夕飯の支度のBGMとして、日々の生活にぜひ取り入れて欲しい1枚。 *ブログページにて詳細なライナーノートを書いています。ぜひご覧ください。 https://coffeemind.base.shop/blog/2023/04/03/225744 1. wonderland / そらしの 2. 魔法をかけさせて / コーラスウォーター 3. 風来坊 / 海洋天堂 4. 今日じゃなくてもいいな Ft. MCデンジャラスハーブ / リバーヴス 5. 往来 / ベイブス 6. 待宵月 / 百景借景 7. さよならプリンス / アジマカズキ 8. 夕焼け見にいこう / トロエッパ 9. がぁでぃあん / すぱっつ 10. コンビニコーヒーブルース / 冬支度
    2,200円
    珈琲マインド
  • 商品の画像

    【チャリティー販売】V.A「コーヒーもう一杯 夜の歌集 〜僕の万年床〜」

    【2024 3/31まで・期間限定チャリティー販売商品】 当商品の売上1枚につき2,000円を、令和6年能登半島地震の義援金として寄付します。 寄付先:日本赤十字社 詳細はこちらをご確認ください。 https://note.com/coffeemind/n/n12ed3e073bdd ----- 名古屋・新栄にて不定期開催中の、弾き語りとDJによる和みの音楽イベント『コーヒーもう一杯』の、2枚同時発売のコンピレーション・アルバムの1枚。 過去のイベント出演者10組が1曲ずつ楽曲提供し、陽が落ちた宵の口から真夜中までの流れを想定した構成で選曲。 アジマカズキのライブでの人気曲「僕の万年床」のアコースティック・ヴァージョン、百景借景やトロエッパなどの初音源、収録アルバムが完売状態になっているそらしの「yotaka」など、ここでしか聴けない楽曲も多数収録。 ブックレットには、当ショップ店主であり『コーヒーもう一杯』主催・野田明とアジマカズキの対談を掲載。 仕事の後の晩酌のお供や眠りにつく前の読書のBGMなど、日々の生活にぜひ取り入れて欲しい1枚。 *ブログページにて詳細なライナーノートを書いています。ぜひご覧ください。 https://coffeemind.base.shop/blog/2023/04/03/232304 1. 僕の万年床 / アジマカズキ 2. 虫の音 / 冬支度 3. 暮らしに歌を / コーラスウォーター 4. 眠れない夜の唄 / すぱっつ 5. 銭湯のうた / 海洋天堂 6. パラレル同窓会 / トロエッパ 7. Desmaland / リバーヴス 8. 七面鳥を食べた夜 / 百景借景 9. 極夜行 / ベイブス 10. yotaka / そらしの
    2,200円
    珈琲マインド
  • 商品の画像

    【チャリティー販売】珈琲マインド・オリジナルステッカー

    【2024 3/31まで・期間限定チャリティー販売商品】 当商品の売上1枚につき50円を、令和6年能登半島地震の義援金として寄付します。 寄付先:日本赤十字社 詳細はこちらをご確認ください。 https://note.com/coffeemind/n/n12ed3e073bdd ----- 名古屋在住のミュージシャン・アジマカズキ氏のイラストを使用した、当店オリジナル・ステッカーです。 耐水性などはない紙シールです。 *この商品は、当店でのお買い上げ1会計ごとに1枚ずつプレゼントしています。 2枚以上欲しい方のみご購入下さい。
    50円
    珈琲マインド
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

毎日の珈琲のように、日常に寄り添う音楽を!

娯楽というのものは、食べることや眠ることと同じくらい生きていく上で必要不可欠なものです。 スポーツにレジャー、読書、映画、ゲームなどなど、世の中には様々な娯楽がありますが、もっとも身近な娯楽はやはり音楽ではないでしょうか? 少なくとも僕にとっては、生きていく上で重要なものです。 では、どんな時に必要なのでしょう? 気持ちを奮い立たせる時には元気な音楽。 ストレス発散したいときには激しい音楽。 気分が高揚している時にはダンス・ミュージック。 しかし、普段の日常を過ごしていると

    • 【イベントレポート】 コーヒーもう一杯 vol.31 at ROLLING MAN

      先日の2月12日の「建国記念の日」の夜に開催した、今年初の当店主催イベント『コーヒーもう一杯 vol.31』 10月の冬支度ワンマン以来、4回目ぶりに『コーヒー』のホームである伏見ローリングマンでの開催となった今回は、去年の2月の旧・ローリングマンから1年ぶりの夜イベントとなった。 それは皆のスケジュールの都合上のことだが、フタを開けるとデュオ・スタイルの3組とも腰を据えたまったりと味わい深いライブであり、冬の夜の雰囲気にぴったりの『コーヒーもう一杯』となった今回だった。

      • 珈琲マインド 今月の20曲・2024年1月 楽曲紹介

        当店と取引のあるミュージシャンの楽曲を取り上げて、月ごとに作成する Spotify プレイリスト 「珈琲マインド 今月の20曲」 1月の楽曲を、You Tube 動画と共に紹介します。 いずれも、寒い日々にお部屋で温かい飲み物とともに聴きたい、味わい深い楽曲ばかりです。 ① HIgher Than The Sun / HITOSHI ARAI ACOUSTIC BAND SET from album「Acoustic Rock」 曽我部恵一氏の盟友であり、ノーザン

        • 僕の好きなミュージシャン③ 佐野元春

          昨年の暮れ、佐野元春のエピック・ソニー時代のMVやテレビ・パフォーマンスを収録したDVD『THE VIDEOS EPIC YEARS 1980-2004』を購入した。 DVD作品で6,500円は正直高いが、何しろリリースが18年も前の2006年だ。 もちろん、その存在は前から知っていたけど「そのうちブルーレイで再発されるだろう」「MVだったら You Tube でも観られるさ」という理由から、購入は保留していた。 しかし最近、近所に(今どき珍しい)地元密着型のCDショップが

        • 固定された記事

        毎日の珈琲のように、日常に寄り添う音楽を!

          「珈琲マインド」から、能登半島地震に寄せて。

          その時、僕はアルバイトの最中でした。 毎年、元旦から営業する名古屋市の大型商業施設のレストラン街は、福袋やセール品を抱えたお客さんでごった返しており、午後4時という昼食には遅く夕飯には早い時間帯にもかかわらず、中華レストランの店内はほぼ満席。 その店のバイトリーダー的な存在の僕は、学生や外国人のアルバイトたちに指示を出し、忙しくなるであろうディナー帯の準備を進めていました。 そんな時、お客さんやスタッフのスマートフォンから突如、悲鳴のようなアラーム音が一斉に鳴り響き、その直後

          「珈琲マインド」から、能登半島地震に寄せて。

          wowdow という、僕の希望の光。

          先日、名古屋を拠点に活動するポップバンド・wowdow のイベント「"really nice POP" room vol.2」に行ってきた。 小規模な会場で、ライブを交えてバンドの活動を振り返るという年次報告会的な内容で、ファンとの交流に重きを置く彼ららしいイベントだ。 名古屋・大須にある「古民家酒場ロム」は、その名の通り古民家をリノベ(とはいえかなりDIYな)したお店で、2階にある8畳ほどの会場はまんま古びた和室、という感じ。 そこに大所帯のバンドとファンが集まるものだから

          wowdow という、僕の希望の光。

          私的名盤①麗蘭「麗蘭」

          もう30年近くずっと僕の大好きな、ブルースロックユニット・麗蘭。 恒例だった年末の京都・磔磔でのライブが、今年4年ぶりに開催されるという。 みんな待ちわびていたのだろう、チケットは当然ソールドアウト。 今日から3日間(27~29日)だけど、僕は諸事情により断念した。 来年こそはぜひ行きたいと思う(できれば全日程!)から、どうか元気でいてくれよ、お二人共。 高校生の頃、僕は音楽の好みではガチガチのパンク小僧だったけど、ある日突然"ブルース"という音楽が知りたくなった。 "ブ

          私的名盤①麗蘭「麗蘭」

          僕の好きなミュージシャン② サイモン&ガーファンクル

          僕が中学生の頃(90年代初頭)には既に、音楽の教科書に載るようなポピュラー・スタンダードな存在だったフォークデュオ、サイモン&ガーファンクル。 高校生の頃にはビートルズやローリング・ストーンズなどの60年代のロックを愛好するようになっていた僕にとって、彼らのことをレジェンド達の中でも一際別格の存在に感じていたのは、亡き母が唯一好きだった海外ミュージシャン、という単純な理由だからかもしれない。 最初に名前を知ったのは前述の音楽の授業でのこと。 その頃の中坊の僕はブルーハーツで

          僕の好きなミュージシャン② サイモン&ガーファンクル

          【イベントレポート】コーヒーもう一杯 vol.30 at 喫茶コマツヤ

          北名古屋市の老舗喫茶店「コマツヤ」での『コーヒーもう一杯 vol.30』 協力いただいた出演者やお店、そしてはるばる北名古屋まで来ていただいたお客さんのお陰で、急に寒さが厳しくなった日曜日の午後をほんわかと暖かくするような、素敵なイベントになりました。 『コーヒーもう一杯』という名前を掲げながら、普段はライブバーやライブハウスで開催している当イベント。 「本物の喫茶店でやってみたい!」という思いで6月にコマツヤで初めて開催したところ、出演者にもお客さんにも大好評だったこと

          【イベントレポート】コーヒーもう一杯 vol.30 at 喫茶コマツヤ

          置いてかないでくれよ、キース。

          2023年12月18日、今日はローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズの誕生日だ。 キース、80歳の誕生日おめでとう!と祝う前に、僕はまず言いたいことがある。 あなた、何なのですか?と。 2023年の音楽トピックといえば何と言っても、錚々たるレジェンド達の逝去だろう。 年明けのジェフ・ベックの訃報に驚かされたと思いきや、デヴィッド・クロスビー、トム・ヴァーレイン、バート・バカラック、ティナ・ターナー、ロビー・ロバートソン... 日本国内においても、高橋幸宏

          置いてかないでくれよ、キース。

          世界の終わり、青春の終わり。

          チバユウスケが死んでしまった。 様々な世代の偉大なミュージシャンが天国へ旅立っていった2023年、その中でも僕にとってとても大きな存在だったロックスターの訃報は、この国の多くのロック好きと同じく僕の心に大きな風穴を空けてしまっている。 今年のフジロックで出演予定だったザ・バースディは、4月にリーダー・チバユウスケの食道がんの発見により出演がキャンセルされてしまった。 2018年以来、5年ぶりにフジロックでザ・バースディが観られることを楽しみにしていた僕は、そのニュースを聞

          世界の終わり、青春の終わり。

          アジマカズキ「みちくさ音楽」レビュー

          当店主催のイベント「コーヒーもう一杯」の最多出演者であり、個人的にも名古屋のミュージシャンでは最も親しくしてもらっているアジマカズキ。 そんな彼のソロアルバム「みちくさ音楽」のリリースから、今日でちょうど1年となった。 名古屋を拠点に、一般的な社会人ミュージシャンとしては過剰と言えるくらい頻繁にライブ活動を繰り広げる彼が、満を持して制作した1stソロアルバムだ。 リリースイベントは、昨年の10月から今年の1月までの4ヶ月間で全10回が開催され、そのほとんどが満員御礼というの

          アジマカズキ「みちくさ音楽」レビュー

          僕の友達ミュージシャン① アジマカズキ / すぱっつ

          去年(2022年)リリースされたアジマカズキ君のソロアルバム「みちくさ音楽」のリリース・イベントがこの1月で佳境を迎え、いよいよ今週末1月22日に東別院の「はな咲」で、FryingDoctorの岩田ゆいこさんをゲストに迎えたライブで千秋楽となる。 その1週間後、リリース・イベント2回以上の来場者向け無料ライブが、僕のイベント「コーヒーもう一杯」の拠点でもある新栄ローリングマンで行われるが、そこで僕はDJを担当することになった。 彼からは選曲のテーマを与えられているのだが、そ

          僕の友達ミュージシャン① アジマカズキ / すぱっつ

          和みの名曲① Gilbert O'Sullivan / Alone Again (Naturally)

          僕が主催する、弾き語りとDJによる和みのイベント『コーヒーもう一杯』にて、DJの時によくかける名曲を紹介します。 コーヒーとともにどうぞ。 第1回目は、昔からCMなどでよく取り上げられる、日本でも人気の『Alone Again (Naturally)』です。 アイルランドのシンガーソングライター、ギルバート・オサリバンが1972年に発表したナンバーで、たまにCMなどで使われることでも知られるノスタルジック・ポップの名曲。‬ ‪歌詞の内容は自殺についてのことらしいが、女性の

          和みの名曲① Gilbert O'Sullivan / Alone Again (Naturally)

          僕の好きなミュージシャン① Bob Dylan

          僕がボブ・ディランを聴き始めたのは、大好きなブルーハーツの影響でビートルズやストーンズなどの60年代音楽に興味を持った中3の頃だったと思う。 確か、当時ショッピングセンターのワゴンセールとかによくあった「ベスト・アーティスト・シリーズ」などのタイトルが付いた、日本独自編集の得体の知れない1000円CDを購入したのだ。 ディランの他にもサム・クックやジミヘンやキンクスなどもあったあの手のCD、これらの音源って90年代初頭にはまだパブリックドメインでは全然無かったはずなのに、どう

          僕の好きなミュージシャン① Bob Dylan

          僕の音楽の拠り所

          確か2005年頃だったと思う。 とにかく日常は音楽中心、給料の大半をCD購入につぎ込んでいた僕は、ついに自身の音楽ホームページを立ち上げた。 その名は「音楽 Web 茶房 "珈琲マインド"」 70年代のフォークロック・バンド、銀河鉄道の曲名から名付けたそのサイト名は、現在は僕の運営するCDショップに流用させてもらっている。 そこから遡る2年ほど前に、妹が学生時代に使っていた富士通のバカでかくバカ重いデスクトップパソコンを貰い受け、僕はパソコンを始めた。 色々調べながら自宅に

          僕の音楽の拠り所