マガジンのカバー画像

哲劇編集日記

30
狩猟から稲作へ。執筆から編集へ。本当にできるのか? 不安心配最大級、真実のヒューマン・ドキュメンタリー。
運営しているクリエイター

記事一覧

第73週

デカルト、台湾ときて、読書会。3冊目の担当書が出ます。2021年12月21日発売。 竹田信弥、田…

吉川浩満
7か月前

第68週

ご無沙汰しております。 2冊目の担当書が出ます。2021年11月29日発売予定。 神田桂一『台湾…

吉川浩満
8か月前

第62週

ご無沙汰しております。バタバタしている間に更新を35週も飛ばしてしまいました。申し訳ありま…

吉川浩満
10か月前

第27週

本年最初のYouTubeを2本公開。もうひとりのスタッフがすべてやってくれた。 翻訳権の交渉で進…

吉川浩満
1年前

第26週

特大企画の原稿整理を少し進めた。今年最初のYouTubeを2本収録。

吉川浩満
1年前

第25週

各企画の原稿、少しずつ進んでいる。少しずつ……。 翻訳企画も版権をひとつ押さえた。もうひ…

吉川浩満
1年前

第24週

企画のための調査研究の時間を捻出するのもむずかしい。だが、少々無理をしてでも新規の企画を立てていかないと、来年再来年の仕事がなくなる。今月も何本か通して、早いうちに20本の大台に乗せたい。 私にそんなにこなせるのかという問題はあるが、会社の台所事情からいっても弾数が必要である。人や会社によってはもっと少ない本数でOKの場合もあろうが、少なくとも私のところはそうはいかない。逆にもっともっと弾数が必要な人や会社もあるだろう。そこはそれぞれの台所事情による。 下記は国書刊行会時

スキ
21

第22&23週

年を越してしまった。今年は本を出すところまで行かなければならない。何冊できるだろうか。と…

吉川浩満
1年前

第21週

宮崎智之さんの毎日連載夕刊コラム「モヤモヤの日々」が晶文社スクラップブックにてスタート。…

吉川浩満
1年前

第20週

あいかわらず新規企画のための調査と打ち合わせと書類作成に追われている。今年中になんとか十…

吉川浩満
1年前

第19週

企画書の作成・改訂に追われる。積み残し・先延ばしが発生しており、まるでいつもの原稿仕事の…

吉川浩満
1年前

第18週

YouTubeチャンネルで使う晶文社のモーションロゴが完成した。次の動画から使っていきたい。 …

吉川浩満
1年前

17週目

原稿、企画、打ち合わせ、YouTube。 新しい企画がまた一本、生まれそう。

吉川浩満
1年前

16週目

著者さんたちに連絡。祈りながら。 あと朝日新聞社と出版社による人文書サイト「じんぶん堂」で晶文社のYouTubeチャンネル(とnote)が紹介されました。

スキ
7