見出し画像

常識と呼ばれるものに対して「え、なんで?」と疑問に思う癖をつけておく

売り切れ


先日銀座で開催した、矢島里佳ちゃん、龍崎翔子ちゃんとのトークイベント「文化を育むビジネス」。


行動力があって、優しくて、バランス感覚の優れた二人とのトークイベントはとても楽しくて。私もいち参加者として、とっても勉強になりました。言葉一つひとつをごくごくと飲んでいるようだった…。

社会的に求められていて、ニーズに応えるだけではなく、あたらしい価値を想像していて、そこに文化が生まれていく。私は起業家ではないけれども、本当に彼女らの価値観には共感するところ、尊敬するところばかり。

同じ時代に仕事ができて幸せだな、と思うのです。

最後に質問が出た「そもそも、なぜ起業したのか?」という問いに対しては、二人とも、それぞれの生活の中で、他の人が当たり前だと思ってスルーしているようなことに「どうしてだろう?」という疑問が湧いてきたから、というのが根元にあって。


森羅万象に疑問を抱くことについて、とても大切なことなので、ちょっと書いておきたいな、と思った。(この記事はイベントレポートではありませんので、あしからず……!)



成長するのは「素直な人」?それとも……


成長する人は「素直な人」というのはよく言われることだと思うけど、実は「素直」なだけだと、育てる人が悪ければ、悪い方向に染まってしまうこともある。

だから素直であることに加えて、「でも、どうして?」と問い続けることが重要なんだなぁ、と思います。

「これが常識だから」「これが決まりだから」「こういう習慣だから」と、与えられたルーティーンを素直にそのまま吸収してしまうと、そのうち「どうして?」という疑問を抱きにくくなる。世に言う「大企業病」というものでしょうか。素直で、真面目な人ほど、染まってしまいやすい。

「どうして?」という疑問を抱き続けるためには、ある程度、自分の時間を自分で支配することが必要になります。

自分の時間をなにに使うべきなのか、という判断を毎日、毎秒繰り返して、神経を研ぎ澄ませる、ということ。

たとえば、

「12時から、1時間休憩してくださいね」

このルールを「当たり前」だと思ってすんなり受け入れるか、

「いや、30分を2回の方が作業効率が良いのでは?」
「そもそも11時50分スタートのほうが、ランチタイムの混雑に巻き込まれずに良いのではないか?」

だなんて、すんなり受け入れずにあれこれ考えてみるか。

後者は社会的には「めっちゃめんどくさい人」になりがちですが、起業家やイノベーターという人たちは、そういう「当たり前を疑う」ことをしているなぁ、と思うのです。


メディアにおいても、同じことかなぁ、と。


メディアの「正攻法」は今、どこにあるのか?


今、あらゆる人たちが「ネット時代の、メディアの正攻法」を暗中模索しているところだと思います。

インターネット、SNSによって、マスメディアの特権は決壊しつつあり、これまでの「正解」にしがみつくほどに、読者数が先細りしてしまったり、商業的に衰退してしまったりして、継続が不可能になったりもする。

だから「正解」とされていることも「ルール」も、「でも、どうして?」と疑ってみることが必要だと思っています。

たとえば、

この続きをみるには

この続き:2,392文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
買い切りタイプなので、1度お買い上げいただければ、追加課金などはなしで、ずっと読むことが出来ます。単品で購入した場合は総額1万3千円相当の記事が入っております。つまりとってもお得です( ˘ω˘)

およそ2年間運営してきたマガジン「記憶に残るインターネットの使い方」のポジティブ廃刊にともなって、これまで人気のあった記事だけをおまと...

または、記事単体で購入する

常識と呼ばれるものに対して「え、なんで?」と疑問に思う癖をつけておく

塩谷舞(mai shiotani)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、文化的投資に使いたいと思います!

インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
132
オピニオンメディアmilieu編集長。大阪とニューヨークの二拠点生活中。1988年大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学卒業。大学時代にアートマガジンSHAKE ART!を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。Webディレクター・PRを経て2015年からフリーランス

コメント1件

素直かつ、疑問を持つ事が大切なんですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。