見出し画像

汚部屋に住んでいた


前回のnoteで、わたくしの暮らしが丁寧の極みである、みたいな文章を書いてしまったので、誤解を与えすぎたかもしれない。友人からは「着物警察」ならぬ「暮らし警察」と呼ばれるほどに、暮らし丁寧のレッテルを自ら貼ってしまった。

ここでレッテルの剥奪をしたい。させてください。今でこそ地面が見える部屋に住んでいるものの、私はもうずっと、汚部屋に住んでいた。

この続きをみるには

この続き:2,678文字/画像1枚
記事を購入する

汚部屋に住んでいた

塩谷舞(mai shiotani)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、文化的投資に使いたいと思います!

インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
103
オピニオンメディアmilieu編集長。大阪とニューヨークの二拠点生活中。1988年大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学卒業。大学時代にアートマガジンSHAKE ART!を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。Webディレクター・PRを経て2015年からフリーランス
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。