見出し画像

センスないとか、なんか惜しいとか、言われて育ってきたのだが



先日軽い気持ちでつぶやいたこのツイート。

えらく期待が集まってしまったので、これはちゃんと、ちゃんと書こうと思うと思いまして……。


ここ最近、カルチャー誌やファッション誌の仕事がじわりじわりと増えてきて、「お写真、Instagramが素敵なので、そちらで撮影されたものを提供していただいても良いでしょうか?」みたいなことも多々。ただこちとら素人撮影なので、ちゃんとした出版物に載せて良いのだろうか……と心配しながらデータを送るわけです。でも発売された誌面をみたら、ちゃんとそこで、それなりの質感を伝えてくれていて、ホッとする。


ちなみに最近のInstagramはこんな具合なのですが、

画像1


3年前はこんな感じ。

画像2


そして、2020年の部屋はこんな具合であり、

スクリーンショット 2020-07-31 3.04.39


2013年だと、こんな感じ。

スクリーンショット 2020-07-31 3.02.07


2013年と2020年………

スクリーンショット 2020-07-31 5.01.41

(左の写真は友人撮影、右の写真は20'stypeより)


2013年頃は上京も仕事も2年目で、アイデンティティも見失い、一番消耗している時期でした。滲み出てますなぁ……。


写真にせよ、インテリアにせよ、服装や容姿にせよ、「装う」というよりも「私が私であることをちゃんと取り戻す」という感覚で。これが個人的にとてもしっくり来ているので、ちょっと書いてみたいです。よければお付き合いください。




1.情報ではなく、情景を捉えてみる


これは職業病かもしれないのですが、取材記者やレポーターを職業にしている場合、「そこにある情景」ではなく「そこにある情報」を伝えなきゃいけないと、全体像を撮影してしまう。看板が読めるように、人の顔が映るように、規模感が伝わるように、などなど。

情報とは「それを通して何らかの知識が得られるようなもの」で、情景とは「人間の心の働きを通して味わわれる、景色や場面」。素敵な写真というものは、概ね後者だったりするもので……。

ただ、私の場合はかつて取材現場に入れば、脳が情報スキャンモードになってしまうので、後者がなかなか捉えられなかったんですよね。


でも、良い写真を撮るフォトグラファーさんとふたりで取材に出かけると、素敵な写真を撮る人が一体何を見ているのか? みたいなことを学ばせてもらって、目からウロコがボタボタと落ちる。


まずは、2017年5月の取材記事で使った写真をいくつか紹介したいのですが……。フォトグラファーは今となっては超売れっ子のキム・ヤンス君なのだけれども、私が彼に頼んで撮ってもらった写真はこんな感じ。

画像5

この写真からは、「メンバー構成」という情報がきちんと伝わるし、

画像6

こちらは「日めくりカレンダー」という商品情報が伝わります。


けれども、取材の合間に彼が自発的に撮影してくれていた写真はこんな感じで……

画像7

あれ、こんな場所あったっけ……と私は記憶にない椅子。でも記事に入れてみたところ、情報ばかりでギュウギュウしていた流れの途中に、ふわりと余白が生まれました。

画像8

スーツのおじさん(川畑さん)も、先程の写真と打って変わって、なんて愛らしい人なんだ……!と、人となりまで伝わってくる。


あがってきたデータをみて、いつも「ここを撮ってたのか……」「こんな場所あったっの……?」と学ばされることばかり。


こうした情景は、「正しい情報を伝えなければ!」という頭で周囲を捉えていると、視界には入っているはずなのに、ちっとも見えてこないんです。

けれども「自分の心が動く場所はどこだろう」という心構えで見渡してみると、色々と見えてくる気がします。子どもにしかトトロが見えないとか、そういう話に似ているんじゃないかな(適当)。


私自身、情報を正しく伝えるレポーター的な役割から少し遠ざかり、エッセイを書くようになってから、写真の撮り方というか、景色の見え方が変わってきたような。

たとえば、帰国者一時隔離施設として5月に泊まらせてもらった市ヶ谷グランドヒル。

画像9

これは、ただただ部屋の様子を家族に伝えようと撮った写真。

画像10

これも同じ部屋の中だけれども、美しいところはどこだろう、美しいところは……と探して、ティッシュケースに書かれてるフォントが美しいじゃないと気づいて。窓際に置いてみたら、ティッシュに光が透けてなお美しい。

小さなスペースから一切出られず、冷えたお弁当を食べつつ、アナウンスされる音声以外では全く人と接さず……という息苦しい2日間の中で、こうして自分なりの美しい情景を見つけられると、途端に気分が落ち着きました。

1枚目も2枚目も、どちらも嘘ではないのですが。同じ部屋の中で、せっかくどこかに目を向けるのであれば、2枚目の情景を見ていたいなぁと。



2.ひとまず、真似をしてみる


この続きをみるには

この続き: 4,046文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
買い切りタイプなので、1度お買い上げいただければ、追加課金などはなしで、ずっと読むことが出来ます。単品で購入した場合は総額1万3千円相当の記事が入っております。つまりとってもお得です( ˘ω˘)

およそ2年間運営してきたマガジン「記憶に残るインターネットの使い方」のポジティブ廃刊にともなって、これまで人気のあった記事だけをおまとめし…

月に3、4本お届け予定です。購読していただくと、過去のコラム(3月22日現在だと、20本)も読めるようになっています。

視点

月額500円

暮らしや営みの中で零れ落ちそうなことを掬い上げたり、心や脳に浮かんだ閃きを忘れないよう書き留めたりする、思考や思想の直売所のようなものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、文化的投資に使いたいと思います!

インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
1005
オピニオンメディアmilieu編集長。大阪とニューヨークの二拠点生活中。1988年大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学卒業。大学時代にアートマガジンSHAKE ART!を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。Webディレクター・PRを経て2015年からフリーランス

こちらでもピックアップされています

視点
視点
  • ¥500 / 月

暮らしや営みの中で零れ落ちそうなことを掬い上げたり、心や脳に浮かんだ閃きを忘れないよう書き留めたりする、思考や思想の直売所のようなものです。

コメント (2)
自分に合うものって、自分の年代によって変わってくる気がするのです。若い時と今いい年を重ねてきた自分とでは、少し違うような気がしています。
でも、根本的なところは変わらなくて、服なら綿や麻素材のものしか着ていないし、相変わらず手に取る器は同じようなものばかりです。

今月三本の記事、もったいないぐらい豪華の集まりで、梅雨明けのようないい気分です。(大阪は07/31の今日明けました)
いつもありがとうございます^_^
なんて素敵なんだ。そんな感想が先に出てしまいました。引用記事の方も読ませていただきましたが本当にうんうんと頷きながら読ませていただきましたが。
セットでの購入です。これから過去のものも順に拝読させていただきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。