Cinematik Saloon

Cinematik Saloon

最近の記事

  • 固定された記事

小 満 辰 年

5/20(月) 「情景ノオト」 レコードを奏でる空間演出選曲家JUNIA with UCON(softribe) Open 19:00 , Close 23:30 ※予約不要・ノーチャージ 5/21(火)「CINEMATIK LOUNGE 0521」 Beginning 18:59 , Last Call 23:59 ※来店前にお電話にて要予約 075-741-8685 (ノーチャージ) 5/22(水) 「CINEMATIK LOUNGE 0522」 Beginning

    • 芒 種 辰 年

      6/5(水) 「水曜日の地下室」 レコードを奏でる空間演出選曲家JUNIA with makkie (Bar Jazz) Open 19:00 , Close 23:30 ※予約不要・ノーチャージ 6/6(水)「クジャクの絵葉書」 レコードを奏でる空間演出選曲家JUNIA with with Kosuke Shimizu Open 19:00 , Close 23:30 ※予約不要・ノーチャージ 6/7(金)「滲み出るブルースキャラバン」 レコードを奏でる空間演出選曲

      • w i t h な 間 の 芸 術

        同じ様なことでも 馴染んできた頃に新たなアプローチやスパイスを加えて変化を意識すれば 色彩やコントラストは勿論 まだまだ知らない光景に移り変わっていく ここ数年はこれまでよりも"間を楽しむ"ことを軸に 間を奏でたり 間を置くたり 間を取ったり 間を待ったり 間をもたせたり 試行錯誤しながら シネマチックな"間の芸術"を考えて日々暮らしている 隙間なく動き続けて 個人オーナーの規模でお店を流行らしたりすることは 簡単ではないけど… 難しくもない… ”間の芸術”には物理

        • "サラヴァノートの曲線" 初の平日開催で雨 全てが良い方向に作用して 気持ち良い空間が生まれました〜 久しぶりのひとり5時間のロングセットも 緊張も途切れず終始ええ感じやったなぁ 次回7/7(日)開催決定してます🍷 米澤さんとのコラボは楽しいねー

        • 固定された記事
        • 芒 種 辰 年

        • w i t h な 間 の 芸 術

        • "サラヴァノートの曲線" 初の平日開催で雨 全てが良い方向に作用して 気持ち良い空間が生まれました〜 久しぶりのひとり5時間のロングセットも 緊張も途切れず終始ええ感じやったなぁ 次回7/7(日)開催決定してます🍷 米澤さんとのコラボは楽しいねー

          mama!milk 初夏の演奏会

          削ぎ落としながら進化と変化を続けるmama!milkのパフォーマンス 京都に移住する前から楽しみにしていた演奏会も 京都に移住してから感じかたも変わり 静原に移住してからもうすぐ四年が経過…となれば 日々の暮らしから感覚も自然に変化し 先日の岐阜の山寺でのDJの時にも感じましたが 静けさの違いをより感じて楽しめるようになってきている 自然の発する音や空気の隙間や静けさを感じながら奏でるmama!milkのおふたりのパフォーマンス ふたりの奏でる音 どんな事を感じなが

          mama!milk 初夏の演奏会

          サ ラ ヴ ァ ノ ー ト の 曲 線

          南塚口にひっそり現存する塚口最古のワインバー Nadja米澤さんをGuestに迎えて "葡萄酒と音楽"の濃密な夜 回を重ねるにつれ 心地好さが少しずつ増してきております空間 今回初めての平日開催決定 週末参加出来なかった皆さんこの機会に是非 今回はどんなラインナップになってるのか楽しみですね ワインの知識がない私や私みたいなお客さんも ワインに詳しいお客さんまで皆が楽しめる 素晴らしい葡萄酒に乞うご期待 葡萄酒をじっくり味わいながらドップリ音に包まれる気持ち良さ

          サ ラ ヴ ァ ノ ー ト の 曲 線

          「ハーモニー オブ ストレインジ」

          塚本功がシネマにカムバック 久しぶりなのでソロをたっぷり1時間やってもらいましょう そしてそして 今までありそうでなかったtatsuさんと塚本さんのセッション なんともシネマらしい組み合わせですね〜 こちらも短くとも1時間たっぷりじっくり いつもの通りメールでご予約お待ちしてます さあ、楽しみましょう✌️ 2024.06.15(sat) Open 18:30 Start 19:30,21:00 Admission fee is 3,500 yen (別途ドリンクオーダ

          「ハーモニー オブ ストレインジ」

          先日の岐阜の山寺での"COFFEE & RECORD concert予約特典プレゼント"として 久しぶりにセレクションCDを製作 シネマのお客さんにも欲しい方がいるみたいなので いつもの通り販売はせず 一杯ご馳走いただけたらプレゼントしま〜す

          先日の岐阜の山寺での"COFFEE & RECORD concert予約特典プレゼント"として 久しぶりにセレクションCDを製作 シネマのお客さんにも欲しい方がいるみたいなので いつもの通り販売はせず 一杯ご馳走いただけたらプレゼントしま〜す

          な に も は い っ て こ な か っ た #間の芸術  で は な さ そ う だ 

          な に も は い っ て こ な か っ た #間の芸術  で は な さ そ う だ 

          「静岡市立芹沢銈介美術館」 気がつけばマヌーシュ号でめぐる 民芸に触れる旅となった3日間… 撮影NGって一瞬少し残念に思うんだけど… Liveと一緒で自分次第で集中出来るから良いんだよねぇ ボリュームたっぷりの素晴らしい作品の数々 色や質感堪りません

          「静岡市立芹沢銈介美術館」 気がつけばマヌーシュ号でめぐる 民芸に触れる旅となった3日間… 撮影NGって一瞬少し残念に思うんだけど… Liveと一緒で自分次第で集中出来るから良いんだよねぇ ボリュームたっぷりの素晴らしい作品の数々 色や質感堪りません

          「Indian Street Food & Bar Gond」 東京滞在で楽しみだったお店 "タバインディア"の空気も少し残ってて 相変わらずの美味しいミールスとサラッと気持ちの良い接客 違いはあれど、やっぱり好きだなぁ…

          「Indian Street Food & Bar Gond」 東京滞在で楽しみだったお店 "タバインディア"の空気も少し残ってて 相変わらずの美味しいミールスとサラッと気持ちの良い接客 違いはあれど、やっぱり好きだなぁ…

          「カントリージェントルマン」 念願の場所へやっと… 現在の暮らしのとっかかりに間違いなく影響 約80年前の景色を想像してニヤニヤ

          「カントリージェントルマン」 念願の場所へやっと… 現在の暮らしのとっかかりに間違いなく影響 約80年前の景色を想像してニヤニヤ

          立 夏 辰 年

          すっかり温かいを通り越して暑い陽気な日中 シネマチック特製のモヒートやコブミカンジントニックの美味しい季節到来 2024年は私のお気に入りのアグリコールラム(ホワイト)をオススメしていきたいなぁ ここ最近は音響のことばかり考え 色々調べたり実験したり 久しぶりにスイッチ入って夢中になっております 5月はLiveイベントなし(来月は既に4本決定)で 観光客もほぼ辿りつかないので ゆっくりな日々が続く予定ですので 日々進化する空間でゆったり過ごしにきてくださいね〜 5/5(

          お も か げ ノ オ ト

          生ピアノと少しのマイク 派手さが少ない分 じわりじわりと深い場所まで染み込んでくる 真っ直ぐな歌声 竹本健一ピアノ弾き語り じっくりゆっくり楽しみましょう 2024.06.02(sun) Open 16:30 Start 17:00 Admission fee is 4,000 yen (別途ドリンクオーダー) ※当日は500円アップ at Cinematik Saloon(Kyoto) 京都市上京区梶井町447-14 プランタンビル地下一階 ※京阪電車出町柳駅から徒

          お も か げ ノ オ ト

          セロニアスガーデンの草木の成長に 少々置いてけぼりを感じつつ 昨年は見事に挫折した シネマチックサルーンとセロニアスガーデン&ファームのかけ離れた陰陽バランスを 今年は少しでも整えていきたいな…と

          セロニアスガーデンの草木の成長に 少々置いてけぼりを感じつつ 昨年は見事に挫折した シネマチックサルーンとセロニアスガーデン&ファームのかけ離れた陰陽バランスを 今年は少しでも整えていきたいな…と

          先日のXênia FrançaのLiveで出会ったパーカッション奏者 Ricardo Bragaがとても興味そそるパフォーマンス 生楽器とデジタルのバランスが絶妙 やはり新旧や陰陽など揺らぎの幅に反応し 軸はしっかりで個性たっぷりのバランス感覚に興味が向くね〜

          先日のXênia FrançaのLiveで出会ったパーカッション奏者 Ricardo Bragaがとても興味そそるパフォーマンス 生楽器とデジタルのバランスが絶妙 やはり新旧や陰陽など揺らぎの幅に反応し 軸はしっかりで個性たっぷりのバランス感覚に興味が向くね〜