見出し画像

知識0から独学でプロカメラマンになる方法

皆さんこんにちは

Cinematic Eyesのアリーです

今日のテーマは

知識0から独学でプロカメラマンになる方法」についてです

これからカメラマンになりたいなと思ってる人は是非ご覧ください

簡単に自己紹介をします

僕は映像・写真・印刷物・ホームページ制作をしたり

ラジオパーソナリティーもやっています

いつだって主人公は君と僕
https://www.yumenotane.jp/syujinkouhakimitoboku

でも実は僕はもともとはカメラマンではなく

会社でデザイナーとして勤めていました

今から6年前に初めてカメラを触る機会があり

そこから独学で経験を得てプロカメラマンに転身しています

そこで今回のテーマ

知識0から独学でプロカメラマンになれるのか!

僕はなれました笑

じゃあどうしたらなれるのか

それを僕の経験談をもとにお話ししていきたいと思います

【カメラとの出会い】

まず僕は趣味でカメラをやっていたわけではなくて

全くカメラに興味がなかったんですね

一眼レフって何?ていうレベルで

たまたま友達がカメラを持ってきてて

Canon5Dだったんですけど

それを僕はコンデジのように

持ってたんですよ笑

おかしいですよね笑

それくらい知識がなかったんです

それがあるきっかけで僕はカメラに目覚めました

僕が当時いた会社が動画制作に進出したんですね

当時僕は管理職をやっていたんですけど

デザイン以外にも何か武器が欲しいと思っていました

そこで最初Blenderという3Dソフトを独学で勉強していたんです

しかしこれがめっちゃ難しくて笑

僕はその時点で、40歳で

今から時間かけて覚えるのはしんどいなって

そんな矢先に動画に出会って

こっちならすぐに覚えられるなって思ったんです

感覚的なものの方が得意だったので

最初のきっかけが動画の編集でした

動画編集あるあるですが

自分で撮影したいなって思うようになりまして

カメラを買うに至りました

カメラを購入後、1ヶ月後くらいに

自分で脚本を書いたMVを制作しまして

当時名古屋で活動していた

シンガーソングライターの

TO-YA「ありがとうの日々」という曲でした

それが結構いい評判を得たので

調子に乗ってそこから色々と始動しました

今そのMVはアーティストさんが

売れてきたので非公開になっていますが

Cinematic EyesのMV制作ダイジェストで

一部だけ見ることができます

そのMVを作ったおかげで

いろんな人から声がかかるようになりました

やはり作品を作るのって大事ですよ

まずどんなものでもいいので自分の作品を作りましょう

これ大事です!!

【独学で勉強】

その後、僕は会社員をやりながら

カメラの勉強をして撮影もたくさんやりました

まずカメラマンになりたい人は

とにかくいっぱい撮ることが大事です

マニュアルで撮影が基本ですね

僕は最初からマニュアル撮影でした

また、どんなカメラがあるのかレンズがあるのか

そういう知識はネットから全部吸収しました

本とか買うのもいいと思います

まずは自分が何を撮るカメラマンになりたいか

これが重要ですね

カメラマンといっても得意分野があるので

人物撮影が得意、商品撮影が得意など

これまた全然違うものなので

自分が何のカメラマンになりたいかをまず明確にしましょう

僕は最初音楽でカメラに出会ったので

音楽系のカメラマンをやりました

ライブ写真を撮ったり、アー写を撮ったり

MVを撮ったり、ジャケ写を撮ったり

またデザイナーでもあるので

ロゴ制作などもしました


そこで色々と知識と経験を積んでましたが

まだ独立するほどの収入にはなりません

メジャーアーティストを相手にできれば

可能だったと思いますが

僕は営業をあまりしていなくて

SNSでの集客だけだったので

それでも結構な案件はありました

最近は音楽系撮影はあまりやってないんですけど

いつでも撮影依頼は受付てます笑

まず撮影しまくってトライ&エラーを経験しましょう

でも絶対にやってはいけないことは

初心者ですということです

これは絶対NGです

もしあなたが誰かに撮影を依頼したい時に

初心者にわざわざお金を払って仕事を依頼することはないですよね?

【独立するまでの過程】

では副業としてカメラマンをやり始めてから

どのようにして独立するまでの道を得たのかをお話しします

当時の僕はデザイナーとして生きるよりも

カメラマンとして生きる方が楽しいと感じていました

なのでどうしても独立したいと思っていました

それには安定的な収入を得なければいけない

そこでブライダルのエンドロール撮影をやるようになりました

ブライダルは毎週のように撮影があるので

安定した収入は見込めます

また、お金がもらえて知識も経験もできるので

ありがたいなと思って2年くらいやりました

そこでは色々と学ばさせていただきました

でも撮影中に編集の人からインカムで

「なんでここ撮れてねーんだよ!アホか!死ね!」

ってディスられるような

かなり厳しい現場でした。

ブライダルをしていた2年間は

会社員の仕事、ブライダルの仕事、自分個人の仕事と

3つやってましたのでオフは全くありません

モチベーションの維持が大変でしたね

僕は子どもが2人いるのですが

まだ2〜4歳の頃だったので

合間を見ては子供と遊んだりしていました

仕事はしないといけないが

子どもが小さいのも今だけなので

仕事人間にならないように注意はしましたね


【いざ独立】

ここからは独立するときの話をしたいなと思います

僕が独立したのが2018年3月です

実はこの半年くらい前に会社は辞めました。

これからは動画の時代だから

デザインだけやってるよりも

動画も写真もできる方がいいと思ったのですが

カメラを始めた頃にいた会社から

別の会社に変わってまして

その頃いた会社はその方向になかったんですよね

そこで自分でやることに決めました

ちょうど2017年1月に父が亡くなったのですが

「自分の世界を開いていけよ」と

まるで遺言のように言われたのもきっかけでした

でもCinematic Eyesとして独立するまで半年間の空白があります

ここ僕の黒歴史です!

詳しくはまたいつかお話ししたいと思います。

大変でした。世の中怖いなって思いました

いろんな被害にあいましたが

あのままだったらもっと大きな被害になってたと思うので

よしとします。


そして2018年3月にその暗雲を振り払い

Cinematic Eyesとして独立しました!


ありがとうございます。

ここからはどんな集客をしたのかを話します


まずそれまで音楽系だったのですが

企業向けにシフトチェンジしました

そこでまず僕は自分をブランディングしました

企業案件を得るのに絶対に必要だと思ったからです

1.屋号をつける
2.拠点をつくる
3.顔出しする
4.認知度を上げる

フリーランスカメラマンでやってる方は

自分の名前が前に出ていて屋号を出さない方が多い印象ですが

屋号を先に出した方がいいです

僕もCinematic Eyesの森川有栄(アリー)と言うようにしています

いずれ法人にするつもりがあるので

今から屋号を覚えてもらうことは大事ですね

拠点をつくるのも大事です

拠点というのは名刺やサイトに載せられる住所のことを言います

事務所ではなくてシェアオフィスでもいいと思います

郵便物がちゃんと届くことが大事です

顔出しする。こちらも重要です!

ググった時に顔写真や本名が出てることは信用になります。

僕は名前が変わってるのでよく本名?って聞かれますが

本名です笑

世の中にはビジネスネームや偽名で活動してる人もいるので

注意しましょうね

信用を得る」ということはとても大事なことです

それから企業案件を取る上で一番大きかったことが

自分自身のプロフィールムービーを作ったことです

それがこちらになります

これを制作してyouutube、Facebook、Twitterに投稿したところ

やはりfacebookは事業者が多いので、そこからの反響がありましたね


そこで企業PV制作の道が開けました

名古屋で数多くの企業PVを

個人事業主として制作してるのは

僕くらいかもしれません。

また、独立手前に卒業をテーマにしたMVも制作しました

【今年No.1泣ける卒業ソング】「またね~卒業~」MV

それが今、もうすぐ10万回再生となってまして

僕史上最大のヒット作になっています笑

この動画についてはまたお話ししたいと思います

こちらは岡崎市役所の方にご協力いただきまして

一般の学生さんをキャストとして制作しました


話を戻しますが

企業案件を得るのに僕がとった行動があります

1.名刺やサイトをしっかり制作した
2.プロフィールムービーを作った
3.異業種交流会に参加した


大事なことですが

名刺やホームページはとても重要ですよね

印象に残る名刺を制作することで

覚えてもらうことができました

すごく重要なことですが

集客をあげるポイントってなんだと思いますか?

答えは「認知度を上げる」ということです


誰もが知ってる企業やお店であれば

食べたことがなくても安心して利用できますよね?

それです!

「知っている」ということはとても重要です!!!

なので僕を知ってもらうために

プロフ写真も名刺を印象的な写真を自分で撮りました!

SNSのアイコンも全て統一しました

こうすることでどういう結果が生まれたか

初めてあった人から「見たことがある」

と言われます

これってすごく大事なことですよね

「自分の知らないところでも自分のことを知ってもらう」

そこで僕の作品のファンになってもらえてれば

その人はいつか僕に仕事を依頼してくれるでしょう。

という感じで自分をブランディングすることで

集客にも繋がりました。

また、人の紹介も多いですね

そういった人脈を作るということも大事になってきます

また、制作したものはサイトやSNSに

掲載できるものは全て載せています

僕は代理店からの仕事は少なくて

直接が多いのでどんな仕事をしているかが明確です

これも次に繋がりやすい利点ですね

また、あるサイトでは

名古屋でおすすめの動画制作会社10選」にも選ばれています

名古屋でMVの実績豊富な動画制作会社9選」にも選ばれています

そういった信用を目に見える形で発信することも大事です

このnoteやyoutubeなどもそうですね

昨年はそんなご縁を得て

イオンタウンのTVCMも脚本から撮影・編集まで制作したり

某オリンピック選手が起用された広告撮影をさせたいただいたりもしました

僕は特別な営業をかけていないので

ご縁から仕事がつながっていっている状態です

制作した動画や写真がいいからということで

紹介してもらったりもします

なのでまず大事なことは

いい写真、動画を作ること

それをこれでもかってくらいに

発信することです


【今後】

カメラ自体も性能があがって

カメラマンになることは誰でもできると思います

大事なのはセンスです

そして撮影する前をどうするのかが重要です

なので結論から言うと

「独学でプロカメラマンにはなれます」

それだけで生きていけるかというと

それはセンス次第だと思います

今は「撮影する」サービスだけではなく

「教える」「提供する」サービスも増えています

自分がどうなりたいのかを明確にすることが大事ですね


今回はここまでになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらフォローをといいねボタンのクリックをお願いします。

弊社サイトやSNSはこちらになります。

よかったら見てくださいねー!

【website】
https://cinematic-eyes.com
【twitter】
https://twitter.com/Allie_cinematic
【Instagram】
https://www.instagram.com/allie.onsatto/
【youtube】
https://www.youtube.com/channel/UCAGK2eltnpU0sn5_OLQ84ug?view_as=subscriber
https://www.youtube.com/channel/UCvcodwtaeN7r-bCvglSlqfA


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
10
名古屋・浜松で映像・写真・デザイン制作しているCinematic Eyes代表の森川有栄(アリー)です。 主に企業PV・MV、人物写真、印刷物、ホームページ制作をしています。 noteで有料記事執筆していきます。よかったらフォローお願いします👍
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。