生殖医療関連おススメ書籍をご紹介

晩婚化,初産年齢の高齢化に伴い,本邦での生殖医療の需要は年々増加傾向にあります.重ねて,その技術も飛躍的に進化.携わる医療者も,医師のみならず,不妊症看護認定看護師や胚培養士,遺伝カウンセラーなど,多様になってきました.中外医学社では,妊娠・出産を望む患者さんを支える医療者の方々に向け,生殖医療関連の書籍に力を入れています.
ここでは,その中からおススメ本をご紹介します.

「周産期遺伝カウンセリングマニュアル 改訂3版」
関沢明彦,佐村 修,四元淳子・編著

128_周産期遺伝3版カバー

「エキスパートによる生殖領域の外科的手法 生殖内視鏡と不妊治療のコツ」
柴原浩章・編著

128_生殖領域の外科的手法

「不妊症・不育症診療 その伝承とエビデンス」
柴原浩章・編著

144_不妊症不育症診療カバー

「胎児発育不全」
池田智明,金山尚裕,関沢明彦・編

発育不全カバー最新ol_128dpi

「実践 臨床生殖免疫学」
柴原浩章・編著

72_生殖免疫カバー

「図説よくわかる臨床不妊症学 生殖補助医療編 第3版」
柴原浩章,森本義晴,京野廣一・編著

72_不妊症【生殖補助医療編】ver.3

「不妊・不育診療指針」
柴原浩章・編著

72_不妊不育


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
医療者向け情報を発信する中外医学社のnoteです。新刊情報、連載記事、アーカイブや雑誌の単記事販売など、多彩なコンテンツを提供してまいります。   note@chugaiigaku.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。