見出し画像

5月28日(木)*2歳3ヶ月

昼寝から起きたムスメが「さぁでかけましょう!ちからをあわせて!」と、ドラマチックに誘ってくるので、夕方から買い物へ。

なじみの八百屋さんで赤紫蘇をいただいたので、夕飯づくりと並行して紫蘇ジュースづくりに挑戦することに。

「これぜんぜんジュースじゃないよねぇ……」とゲンナリした表情で文句を垂れながらも、黙々と赤紫蘇の葉を摘むムスメ。

煮出した汁に、絞って濾したレモン汁を投入するのはムスメの仕事。
ぶわっと赤く色づいていく汁を見て、目を輝かせながら「ジュースになった!」
君のジュースの定義は、いったい……。

たっぷりと氷を入れたグラスに水と紫蘇シロップを注げば、紫蘇ジュースの完成。
生まれてはじめての紫蘇ジュースは、震えるほどうまかったようで、クワッと目を見開いて一気飲み。

さてわたしも味見を…と自分の分をグラスに注いだところ、

「ママちゃんちょっとそれはひいちゃんのだからのまないで!」

「ママちゃんはコーヒーがすきでしょ!?」

「みて!ほらココ!ひいちゃんのジュースですってかいてあるよ!?」

と必死の抵抗。

「味見ぐらいいいじゃーん」と問答無用で作り続けていると、急に真剣な表情になるムスメ。

「……ママちゃん、それのんだらしぬよ!?」

「しんだら、ひいちゃんにあえなくて……」

「あえないのは、かなしくて……」

「……ママヂャーン!ウワァァァァァ!!」


まさかの号泣。
自らの演技に酔いしれすぎて、酔っぱらったようだ。
そんなバカな……。

「ママちゃんしんじゃったらかなしいっておもったから……」

号泣するムスメをなだめながら、つられてホロリ。
まだ幼い君を残して、死ぬわけにはいかないな。

グラスに注がれた一杯の紫蘇ジュースを前に、号泣する親子。
今日も一日、おつかれさまでした。

※結局二杯目の紫蘇ジュースもムスメの胃へ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
一児の母でライター。ムスメにまつわるエッセイや、ちょっとした創作物を無料で公開しています。お仕事依頼はお気軽に。

こちらでもピックアップされています

マナムスメモ
マナムスメモ
  • 14本

かわいいムスメのはなし。

コメント (5)
可愛い。演技→本気は小さいときにはよくありますね(笑)
chihomiさん
コメントありがとうございます。
本当に、感性豊かというか、突拍子もない発言ばかりなので面白いですね!

かねきょさん
コメントありがとうございます。
演技→本気、あるあるなんですね。はじめて見たのでつられました。やられた。
ドラマチックなお誘いが可愛すぎました♡♡(T . T)
megkmit/イラストレーター さま
コメントありがとうございます。
最近、力を合わせて!ブームのようです…なぜかしら。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。