「バニールとオーサー」(ヨーロッパの神話と多神教に関する考察③)

Reflections On European Mythology And Polytheism : Varg Vikernes

スカンジナビアの最も複雑な側面の一つ神話は、神々の異なる血族(人種)バニールとオーサーの話です。
いくつかの神々はエティンのストックと言われます。
当然反ヨーロッパの多文化主義者は以下の説を採用します。神は「人種混合」であり、私達の宗教は様々な宗教の混合物でした。

神の言語を自然に理解するために、言語を知ること、または少なくとも所有している北欧辞書およびこの辞書を使用する知識が必要となる。
用語オーサーは、複数形のÂssです。
この北欧の言葉はより若いプロトノルディックansuRから、古い原子北欧ansuzは、PIEから派生しています。
ルートand-/ans-。このインド・ヨーロッパ原始ルートは、単に《spirit》として(また、Norseönd[《spirit》]で見られます)。
それで精霊であり、より正確には、後に定義される精霊であった神としての舞台。
バニールという用語は、vanrの複数形です。
この北欧の言葉は若いプロトノルディックwanaRから派生し、原始北欧のwanazから派生します。
PIEルートwan/wenから。
このPIEルートは、単に次のように変換されます。"綺麗な"。
だからバニールは特に美しい。
彼らはFreyr(Fraujaz)、Freyja(Fraujon)と彼女たちの母親Nethuz(女神はバイキング時代に神Njördrに変わっていた)。
フレイアのローマ名はヴィーナス(the beautiful)でした。
当然、彼女の名前は同じPIEルートwan/wenに由来します。

これが何を意味するのかを理解するには、まず最初に覚えておく必要があります。
パリについてのギリシャ神話と彼は最も美しい女神にリンゴを与えることを任されている。
彼は自然にそれをアフロディーテ(ギリシャのフレイヤ/ヴィーナス)に渡します。
神話(Voluspaスタンザ21から24)は次のことを教えています。

21.≪彼女は神聖な人々を覚えている
世界初(最高)
彼らは黄金の馬
槍で刺された
背の高いホール(オーディン以前)
彼らは彼女を燃やしました
三度彼女は彼女を燃やし、
彼女は三度生まれました
多くの場合、まれではなく
しかし彼女はまだ生きています≫

しかしこれは「魔女」が燃えているという詩ではありません。
学者が主張するように、三度燃やしますが、これは農業で使用される焼畑技術です。
世界で最高の神聖な人々が毎年恒例の5月のコンテストの勝者であり、ギリシャではオリンピックゲーム(14つのそのようなギリシャのゲーム)として知られ、中世からは退屈な形で騎士トーナメントとして知られています。
ちなみに私たちも5月17日にまだ子供向けのゲームとしてこれらのゲームがあります。
ノルウェーでのお祝い。これらのゲームの女性の勝者(パリとアフロディーテに関する神話で説明されているように、リンゴを使って彼女の美しさのために選ばれた)は神聖な枝(杖)でフィールドを突き刺しました。
彼女は種をまき、水やりをしました。
作物を成長させるための畑、種を入れた暗い土;死の領域で(Odinnのホール)。
彼らはいつ燃やされた≪黄金の馬≫(黄色い作物)は土を肥やしました。
翌年には同じ畑で作物を育てることができました。
これは何度も繰り返されました。

22.≪公正/光は彼女の名前
彼女がどこへ行っても、
予言が得意な選ばれた女性であり、
彼女は魔術を行い、
彼女は習慣を知っていて、
病気の女性の中で常に尊敬されていた≫

男性コンテストの勝者からリンゴを手に入れた美しい5月の女王について、ここで説明します。
彼女は魔術(薬)に熟練しており、彼女が訪れて癒した病気の人に当然人気がありました。
彼女は習慣を知っていて、他の誰よりもそれらをよくマスターしました。

23.≪そしてすべての力は終わりの席(すなわち、墓)、神聖な神々、そして同意しました;霊が損失をこうむるか、すべての精霊は彼ら自身のパーティ/宴会(努力)への神でした。≫

権力(神)は塚に行き、彼らが正しい女王を選び、正しい王を見つけたことを望んだ。
彼らがいた場合、それは良い年になり、そうでなければ悪い年になります。

24.≪オーディンは世界最高の勝者である神聖な個人の群衆の中に彼の槍を打ち上げました。
木製の壁が壊れ、精霊の庭、予想された美しい戦いの結果、彼らは戦場の準備が出来ました。≫

大晦日、魔術師はホワイト・アッシュ(木)に象徴的に絞首刑にされ、槍で傷つけられました。
ハイムダルは、山が開かれるようにホーンを吹きました(すなわち、古墳を囲む杭柵のゲートが開かれました)。
山は「神」を受け入れる準備が出来ていました。
美しい魔術師は何が起きようとしているかを知っており、避けられないラグナロクのために準備しました。
これは(私が補足するかもしれない)、神々の間の戦いではなく、エティンに対する神々の戦い。
2つの異なる「神」の間に戦争はありませんでした。

その後私たちは人質が後に交換されるという問題を抱えています。
ニヨルドはオーサーの人質として与えられますが、ニヨルドは本当の女神、ネルタスであり、彼女はフレイアの母、美人コンテストの現在の勝者です。
ネルタスは昨年の勝者であり、彼女はより美しいと考えられる女性に敗れたとき、オーサーの群れに戻った。つまり再びオーサーと認められた。
そう、再び、彼女も彼女の前に彼らの一人だったので最も美しいとみなされていました。(彼女がバニールになる前)

ホニール(ルアー〔歌っている〕)とミミール(≪記憶≫,≪回想≫)はミミールはヴァニールの人質として与えられるだけですが、単にホニールはフレイの別の名前なので、彼は単に五月の内容の新しい勝者です(昨年の勝者を置き換える)。
彼はフレイヤになるので、彼は最も美しい「ヴァニール」の一人になります。
神話で指摘されているように、ミミール(過去の知恵)がなければ、彼は価値のないリーダーです。

去年の男性の勝者は(去年の女性の勝者とは異なり)新しい勝者によって象徴的に殺されたため、アース神の群れには戻りません。
彼の「魔術的な力」が新しいフレイに移されるために、彼は彼によって象徴的に処刑された。
そう、「人間の犠牲」... 5月の王と5月の女王。 5月のコンテストの勝者。フレイとフレイア。

バイキング時代の頃には、新しい勝者は偶像を剣で斬り、象徴的に彼を殺しました。
偶像は、サクソン人の有名なイルミンスルのような柱の形をしていました。
彼がこれを行い、古い5月の王(または家の父)の役割を引き継いだとき、彼はいくつかの英雄に乗り出す約束(ノルウェーでは「ブラゲロフテ」"勝者の約束"として知られている)ー彼はいくつかの英雄的な探求に着手するか、他の英雄的な行動を実行することを約束しなければなりませんでした。

今では、木製のアイドルをそのような剣で斬ると、剣が立ち往生することがよくあります。
そして、もし5月の王様が偶像から剣を引くことに成功しなかった場合(彼がしたときに彼の剣の腕だけを使用して)、彼は彼のタイトルを失うでしょう。
5月のコンテストで2位になった男性が剣を引くことを試みた場合、彼がアイドルを打ち切ったときに勝者が約束したことを行うことができます、など。
彼の規則の下でイギリスを団結させる...もし彼が失敗したなら、次の者が試みることができる、などなど。
偶像から剣をうまく引き出した者は、霊によって五月の王になるように選ばれたということです。

神の異なる親族や種族間の戦争はありませんでした、神の「種族混合」やそのようなものはありませんでした。
私たちの神話のすべては私たちの人々に由来しています。
すべては私たちの宗教と一致しています。
すべてはヨーロッパです。
良い力はオーサーと呼ばれ、彼らが五月のコンテストでバニールに勝つと、彼らが止めようとする力、時には破壊しほとんどの場合少なくとも支配する、それはエティンです。
これらすべての力は私たち人間の中にあり、男性と女性、男の子と女の子、老いや若きの中にあります。
私たちは彼らであり、彼らは私たちです。
心と目を光に向けて開き、すべてを闇に閉じ込めるように、良いことを学び、悪いことを抑えるようにしてください。しかし、必要なときそれを保存してください。
そう、私たちは怒り、野蛮な力、憎しみ、怒り、頑固さ、残忍さ、残酷さ、そして冷酷さが必要なときにエティンの力も必要です。
彼らは(生物学的)ヨーロッパの至る所で発見されました。


最後に、覚えて、よく覚えておいてください。「救い」はありませんが、あなた自身が自分のために保証する栄光と義があります。
「罪」や「恥」はなく、名誉だけです!
「地獄」や死の苦しみはなく、親族、部族、人々、人種、種において名誉ある者のための永遠の再生のみがあります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
Joy of Satan(https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/index.html)の記事を中心に翻訳しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。