見出し画像

【ちよだ地方連携ネットワーク】地域おこし協力隊自治体講座「西ノ島町編」レポート!

ちよだプラットフォームスクウェア

編集長@吉田です。

「ちよだ地方連携ネットワーク」として関わっている「地域おこし協力隊養成講座」も3回目となりました。
今回は「西ノ島町」編。
その内容をレポートにまとめてみました。

前回の内容はこちら。


開催日時:2022年8月12日(金)14:00-
開催場所:ちよだプラットフォームスクウェア

今月の自治体は「島根県西ノ島町」。

この絶景!

この「地域おこし協力隊養成講座」の目玉は、対象となる自治体の地域おこし協力隊の制度を知ることができるのはもちろんですが、その自治体の方々や、その自治体ですでに地域おこし協力隊として従事している人と直接会って、地域の様々なことを話すことができることです。

今回は西ノ島町からは西ノ島町産業振興課主事 松本寛海さん、そして実際に地域おこし協力隊として渡里由奈さんをお迎えして開催しました。

今回も西ノ島町からわざわざ東京千代田区まできていただきました!

今回も進行役は「株式会社Local Governance」の寺本英仁さんが務めます。

今回の地域おこし協力隊自治体講座への参加者は5名。
学生から大学の先生、そして一般起業の方まで、幅広い方々に参加していただきました。いつもながら様々な人が興味を持たれているんだなーと感じます。

まずは進行役の寺本さんより、先日視察に訪れた山形県鶴岡市での出来事を交えつつ「価値を生み出すストーリーづくり」と題して、お話しいただきました。

寺本さんの話は経験をもとにした話だけに説得力があります

具体的な山形市や鶴岡市のレストランの事例をあげながら、
ストーリーをもたせることによって付加価値をつけていくことが、
地方の戦略として大事になっていくことを説明していただきました。

こういう寺本さんのお話を聞けるというだけでも、出席する価値はあると思います!


次に西ノ島町役場の松本さんより、西ノ島町の紹介と、西ノ島町における地域おこし協力隊の制度概要をお話しいただきました。

松本さんは、西ノ島町役場に勤めて6年になるとのことでしたが、
年々西ノ島の自然の景色の雄大さに魅せられてしまい、今ではほとんど西ノ島町から出ずに生活しているとのこと。とにかくこの自然の凄さを熱く語っていただきました。

若いのに堂々とした語り口で、西ノ島町への愛を感じました!

休日はいか釣りやバナナボート、野球などを楽しみに、仲間と一緒にBBQだとか。まさに理想的な地方生活!!

協力隊の仕事内容は「情報発信」に関するものから、「保育関連」「介護関連」「子育て関連」など多岐にわたっており、それぞれの仕事においても資格を必要としないものも多く、従事しやすさを感じました。

最後には実際に西ノ島町にて地域おこし協力隊に従事していた方からのビデオメッセージなどもあり、実際に生活してみた西ノ島町の印象や、経験したことなどを楽しく聞くことができました。

特に『急に答えを出さずに、ゆっくりと慣れていった方がよいのではないでしょうか?』という言葉が、西ノ島町のゆったりとした懐の深さを感じさせてくれました。


次に、実際に西ノ島町に地域おこし協力隊として従事している渡里さんより、現在の仕事内容を紹介していただきました。

渡里さんは自分の好きなことを楽しんでやっているんだなーと感じました

渡里さんは郷土料理本制作に関わる活動をしており、地域の食生活改善推進協議会の協力のもと、地元の50代から80代の女性より郷土料理を聞き取り、製本化した上で、町民に配布(夏号ではすでに町民より328冊の申込が!)。
地元食材を使用した郷土料理の継承を行っているとのことでした。

こういう活動の内容を話している渡里さんは、
地元の人たちと一緒に何かを作り出している充実感に溢れていて
まさに地域おこし協力隊の意義を改めて感じることができました。

最後はみんなで「西ノ島に移住したらこういうことやってみたい」というテーマのもと、ワイワイ盛り上がりました。

みなさん妄想を膨らませて、西ノ島でやりたいことを思い思いに語り合いました♪

そんな話し合いの中で、学生に向けての地域おこし協力隊の募集の場合は、もう少し具体的に業務内容がわかったりした方が、学生も飛び込みやすいとの意見も出るなど、参加者だけでなく、西ノ島町の方にも役に立つ場になっていると感じました。


自然が豊かで牛や馬が歩いているところなど、自分自身の島での生活のイメージにピッタリな町だったんですが、実際に住んでいる方の経験を聞くことで、いい意味でも悪い意味でも自分が持っているイメージが払しょくされました。
実際に住んでいる人の話を聞くことで、自分がそこに住んだらどうだろう?という具体的なイメージが湧いたからなのかもしれません。

こうやって、地域に対して持っているイメージを塗り替えることができるのもこの講座の醍醐味なのかもしれません。
今回も有意義な時間を過ごさせていただき、ありがとうございます。

みなさんいい表情!地方を元気にする力を感じます!

この「地域おこし協力隊自治体講座」を活用していただき、自分に合った地方を見つけてもらえればと思います。

今後も様々な自治体を取り上げていきますので、興味のある方はぜひ参加申込をしてみてください!


このように、ちよだ地方連携ネットワークでは
食を軸にした地方と都市の連携」を
様々な形で実践しています。

このような活動にご興味のある方がいらっしゃいましたら、以下のフォームより加盟申込ください。随時、地方と都市の連携に関連した情報を提供させていただきます!
※加盟は無料となっております。お気軽に申込ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ちよだプラットフォームスクウェア
「小さく借りて、大きく使う」をコンセプトに、様々な世代と地域が共創しながら、新たなビジネスや文化を生み出していくための拠点施設であるシェアオフィス。オフィス情報、神田錦町界隈の情報等を発信します。https://www.yamori.jp/