「女の子」で死にたかった私に贈るエッセイ

脇汗がすごいと困る話_001
脇汗がすごいと困る話_002
脇汗がすごいと困る話_003
脇汗がすごいと困る話_004
脇汗がすごいと困る話_005
脇汗がすごいと困る話_006
脇汗がすごいと困る話_007
脇汗がすごいと困る話_008
脇汗がすごいと困る話_009
脇汗がすごいと困る話_010
脇汗がすごいと困る話_011
脇汗がすごいと困る話_012
脇汗がすごいと困る話_013
脇汗がすごいと困る話_014
脇汗がすごいと困る話_015
脇汗がすごいと困る話_016
脇汗がすごいと困る話_017
脇汗がすごいと困る話_018
脇汗がすごいと困る話_019
脇汗がすごいと困る話_020

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

えっ!? いいんですか…!?(うるんだ瞳)

しゃきっ(せすじを伸ばす音)
665
なにかと生きにくさを感じている成人女性。つらさを昇華するべくエッセイマンガを描き始めました。