マガジンのカバー画像

牛ラボマガジン

27
牛を出発点として、人間や自然や命などについて考えるためのウェブメディアです。テーマは「牛から考える、社会・自然・人間」です。
運営しているクリエイター

記事一覧

頭の中に「牛」を飼う

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

未来の牛と人間をつなぐのは「発酵」かもしれない

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

私たちはどうすれば、人間以外のことを、自分ごととして考えられるのか

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

畜牛農業はなくなるべきなのか

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

キャンプ場の、その先へ――千葉ウシノヒロバ1周年を迎えて

みなさんこんにちは、牛ラボマガジン編集部の山本です。 千葉ウシノヒロバはみなさまのおかげ…

多様性を認め合い、みんなでつくる優しい世界

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

来たる燃料危機、進む温暖化、私たちの想像力

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食や社会、それに環境など、様々な領域を横断して、たくさんのことを考えていきたいと思っています。 今回は私たちにとって大変身近な問題についてあらためて考えてみようと思います。みなさんも当たり前のようにご存知の問題です。 その当たり前の問題に対して、私たちは何ができるのでしょうか、何をできているのでしょうか。 🌱🐮🌱 来たる燃料危機 私たちの生活に欠かせないエネルギーのひとつに「化石燃料

スキ
26

お肉を食べることが当たり前ではなくなる日がやってくる

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

無意識の押し付けをなくし、みんなが心地よく過ごせる場所にしたい——ジェンダーの問…

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

東京大学One Earth Guardiansとともに、100年後の酪農を考える

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

キーワードは「I’m OK. You’re OK」——稲葉俊郎『いのちは のちの いのちへ』を読…

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジンです。牛ラボマガジンでは「牛」を中心としながらも、食…

私と社会と自然――人と地球をつなぐ、エコロジカルな態度(後編)

みなさんこんにちは、牛ラボマガジンです。 今回は、一般社団法人 Ecological Memes(以下、…

私と社会と自然――人と地球をつなぐ、エコロジカルな態度(前編)

みなさんこんにちは、牛ラボマガジンです。 今回は、一般社団法人 Ecological Memes(以下、…

世界はいま一人ひとりの勇気を必要としている――千葉ウシノヒロバ、プレオープンに寄せて

みなさん、こんにちは。牛ラボマガジン編集部の山本です。 これまで少しずつ育ててきた千葉ウシノヒロバが、10月31日についにプレオープンを迎えました。不安もたくさんありましたが、初日からたいへん多くのお客さまにご来場いただき、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。 今日は、プレオープンを迎えたウシノヒロバ、その施設にぼくが込めた願いや、期待していることをお話したいと思います。 🌱🐮🌱 千葉ウシノヒロバのコンセプト千葉ウシノヒロバは、株式会社千葉牧場という会社が運営してい

スキ
65