見出し画像

【レオのキャラ対】210714 イノ対策考察1

○解説動画

データ21/7/6時点のものになります。硬直差はレオ側でのフレームで表記しています。


1.大木をさする手

下段技。これはまず押さえておく

S版はレオ2Kが確定するくらい有利。

HS版は発生が遅いが、ガッツリ不利になる。

→基本的な考え方は、S版をガードするタイミングで投げや2Kを押す。

→しっかりS版を下段ガードすることを意識。


2.遠S

音なので判定が付いていない。

→隙がめちゃデカなので、待つようにする。持続長いので、しっかり待つ。

→隙に対し、ステップでラインを上げるのも良い。

→JHSで確定を取る。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Chan-C@HANAGUMI

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 不明点、間違い、要望、質問などありましたら、 コメントかTwitter@Ezomatusへ連絡ください。 フォローして頂けると中の人が喜びます。 スキを押すとおみくじが引けます。

今日のあなたの運勢は…中吉!
HANAGUMI Fighting Game部門所属の正座格ゲーマー 福井対戦会/UMVC3(コズミック)/SF5(グラマス)/MVCi/RFA/でんぱ組(ねむぺろねも)/キャサリンフルボディ/お笑い/音楽ロック等雑食/テナー/旅/酒場/毎日更新中!