スマホ写真はアップが決め手。画面上のアップ顔の大きさが画面サイズに反比例する理由とその影響

私は撮った写真は「(被写体との)距離が近すぎる」とよく言われる。

PCに比べて、スマホで見られる想定だと写真はアップで撮ることが多い。男性トイレじゃないが「一歩前に」出て写すことが多いし、カメラマンにそうお願いする場合も多い。画面サイズが小さいので、そうしないとよく分からない絵になるからだ。

先日たまたまテレビ創生期の話を読んでいたら、映画に比べてテレビではアップでの撮影を意識した、という人の話を見かけた。映画よりも画面が小さいからだという。つまり冒頭と同じ理由だ。

どうやら画面サイズが映画、テレビ、PC、スマホと小さくするに従い、反対に画面上に映るアップ顔はどんどん大きくなっている。カメラがどんどん被写体に近づいているのだ。

ここで気をつけたいのは、

この続きをみるには

この続き: 380文字
記事を購入する

スマホ写真はアップが決め手。画面上のアップ顔の大きさが画面サイズに反比例する理由とその影響

谷口マサト

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとう!

さいこー
7
ネットでオリジナルコンテンツを創る
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。