見出し画像

マツコさんにご紹介できなかったお取り寄せ餃子の世界

前回の投稿で「マツコの知らない世界」でご紹介した餃子をご紹介しましたが、ここでご紹介した餃子がどれも売り切れとかお届けが遅れている状況で、逆にご紹介できなかった逸品餃子をお取り寄せできるお店をご紹介したいと思います。

▼宇都宮

宇都宮の餃子をいまさらご紹介しても面白くないという理由で、ご紹介したのは青源の柚子みそ餃子だけで、それ以外は全く紹介しなかったのですが、言うまでもなく宇都宮は餃子先進地域で餃子のレベルは圧倒的に高いです。

宇都宮の餃子は、宇都宮餃子会のオフィシャル通販サイトで複数をまとめてお取り寄せできるのと、最近になってbaseで個別に購入できるショッピングサイトが立ち上がっていますのでそちらで購入しても良いかもしれません。

今回は、お店の雰囲気から楽しんでもらえるようにお店個別のサイトをご紹介いたします。

[宇都宮市] 宇都宮みんみん正嗣

宇都宮餃子を有名にした宇都宮の2大有名店も直営通販サイトがあります。宇都宮餃子は全部同じ味だと思っている人が時々いるのですが、食べ比べてみれば全く違うことが分かると思います。宇都宮みんみんは白菜がメインだが、正嗣は白菜は使っていないとか。どちらも行列のできる人気店なので気軽に食べ比べは難しいですが、お取り寄せなら気軽に焼き立てを食べ比べすることができます。

[宇都宮市] 和の中

東京餃子通信編集長の塚田さんがマツコの知らない世界に出演した時にご紹介している店ですが、こちらも通販サイトができています。内モンゴル出身の店主が手打ちした餃子に、絶妙なスパイスで味付けされた肉たっぷりの餡が包まれています。

▼浜松

宇都宮と同じく餃子で有名な街であるため、ご紹介しませんでした。購入頻度がここ数年かなり減少していたり、リニア新幹線も通らなくなることで今後どうなってしまうのか心配な街ですが、お取り寄せ餃子のレベルはやはり高いのでぜひご注目頂ければと思います。なお、宇都宮と同じく浜松の餃子も多様性がありますので、ぜひ機会があれば食べ比べしてもらいたいです。

[宇都宮市] 寿限無餃子

個人的に餃子の美味しさは皮にあると思っていて、皮にこだわる職人の作る餃子はだいたい美味しい。ここも職人が手打ちした皮でちょっと厚めで大きめ、餡はジューシーで優しいコクのある餃子です。

変わり種としては、栃木県産のほうれん草を皮に練り込み翡翠色が美しい翡翠餃子がオススメ。鶏肉と白菜でさっぱりした味で、ヘルシーです。

[浜松市] 

ここも東京餃子通信の塚田編集長がご紹介して有名になった店ですが、実はこの店の親会社は餃子製造機トップシェアである東亜工業で、安いけど美味しい、そして変わり種も非常にバランスがよく美味しい餃子です。にんにくの入っていない白餃子とパンチ力のある赤餃子がメイン商品です。

変わり種も結構充実していて、僕のオススメは桜海老としその入った桜えび餃子。見た目の綺麗ですし、味も濃厚な桜海老とさっぱりしたしそのバランスが餃子にマッチして美味しいです。

[浜松市] 

典型的なキャベツぎっしり入った浜松餃子が好きという方であれば、五味八珍の餃子がオススメです。キャベツは契約農家から取れたてのものを使い、粗刻みなのでキャベツの食感と甘みがよく分かる餃子です。

[浜松市] 濱松たんと

浜松市内に数店舗展開している居酒屋が出している餃子。ここの特徴は「冷蔵生餃子」で出荷しているということ。だから賞味期限は4日以内。キャベツの甘みを引き立てるための餡の配合、皮のバランスが研究されているな、と感じました。

▼宮崎

餃子購入頻度でも餃子支出金額でも上位にきている宮崎市。マツコの知らない世界では宮崎県高鍋町のことを紹介しましたが、実は宮崎市も近年餃子が盛り上がってきています。

[宮崎市] 黒兵衛

高鍋町のご紹介をした時に、「餃子の馬渡」と「たかなべギョーザ」の創業者が50年前に修行した店として延岡市の「黒兵衛」であるとご紹介しました。宮崎市の黒兵衛は、その延岡の黒兵衛の店主だった人の息子が宮崎市に出店した店。皮も餡も毎日手作り。合挽き肉とキャベツの甘みが絶妙のハーモニーです。その黒兵衛の餃子も、電話注文になりますが地方発送を受け付けるようになりました。

[宮崎市] 風来軒

宮崎市でも以前から人気のラーメン屋さんが始めた餃子で、特徴は口溶けの良い米粉を皮に使っていること。そして餃子の餡にはラーメン屋らしい深みのあるジューシーな餃子です。

[宮崎市] 屋台骨

宮崎市中央卸売市場で人気のラーメン屋が、餃子専門店も立ち上げるなどして新進気鋭の店。市場に店がある強みで、市場で仕入れた新鮮な食材を餃子に使っています。

▼京都

餃子の王将を生んだ街である京都は、餃子の聖地と言っても過言ではありません。餃子の王将以外にも、美味しい餃子屋さんがたくさんあります。

[京都市] マルシン飯店

最近マツコの知らない世界の「天津飯の世界」で紹介された人気店。実は、餃子も抜群に美味しい。特にオススメは「熟成豚肉餃子」。京都伏見の熟成生肉店「京都中勢以」から仕入れた熟成豚肉を使用した餃子と、昭和52年創業の時から受け継がれた味の餃子を、ご自宅で食べ比べできます。

[京都市] ミスターギョーザ

京都の東寺近くにあり、常に行列の絶えない人気店であるミスターギョーザからも餃子をお取り寄せすることができます。皮、野菜、肉のバランスがとてもバランスよく食べ応えのある感じで、ご飯にもビールにもあう餃子です。

[京都市] ぎょうざ処 高辻 亮昌

ミシュランガイド京都2020に餃子専門店としては「歩兵」に代わって掲載された亮昌。その餃子の特徴は、和風であること。豚やキャベツが京都産のものであるだけでなく、かつおだしや味噌などで和風な奥行きのある餃子です。そして、タレに使われている酢は、僕の大好きな千鳥酢。ちなみに、店に行った時に飲んだ味噌汁が激ウマでした。

▼その他の地域

上記のような餃子で知られている地域ではなくても、話題にもならず注目もされなくても、ただただ自分の信じる美味しい餃子を作り続ける、不器用だけども真剣な餃子職人の作る餃子をご紹介するコーナーです。

[山口県宇部市] 穂満

食材を厳選し、その素材の美味しさを引き出すことに情熱を傾けている職人の餃子。冷蔵で賞味期限2日、冷凍でも3週間と、作ったその時の美味しさをどうにか食べて欲しいという思いが込められています。

[宮城県塩釜市] はちやの餃子

野菜ソムリエでもある蜂屋さんが作る餃子は、どれも野菜の優しい美味しさが引き立っています。野菜のカットサイズや味付け、皮の厚さなど、様々なところに野菜の美味しさを引き出す努力が込められています。

仙台あおば餃子やホヤ餃子など、変わり種も個性的で、よく研究して作られている餃子です。一度に購入した方が送料も抑えられるので、食べ比べにいくつかお試しになってはいかがでしょうか。

[福岡県久留米市] 湖月

※現在、通販サイトに不具合が起きてるようです

創業者が満洲で餃子を学び、昭和22年に大分県別府に創業した餃子専門店で、別府本店のメニューは焼き餃子と瓶ビールのみ。その親戚が久留米に開店した店から、湖月の餃子を通販で購入できます。

ちなみに日本最古の餃子専門店というと、神保町にあるスヰートポーヅ(昭和11年に満洲の大連で創業し、昭和30年に神保町に創業)か、湖月(昭和22年に別府で創業)かということが言われています。

[三重県四日市市] 新味覚

新味覚は創業昭和30年の老舗で四日市と桑名にお店があり、かわいいキャラクターもさることながら「餃子と牛乳」で知られている店です。店では米もおつまみもありません。通販では餃子と一緒にタレを必ず買いましょう。できれば刻みにんにくも。これがこの餃子との相性抜群で、さらに牛乳でお口さっぱりするのでいくつも食べられます。

[東京都内] お取り寄せできる逸品餃子

そういえばかりそめ天国でも東京都内の美味しいお取り寄せ餃子をご紹介してたじゃんね、ということで、こちらもぜひご参考ください。

🥟 🥟 🥟

いかがでしたでしょうか。他にも色々あると思いますが、京都のところはこのあたりで。


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Webエンジニアリングと餃子についてはお任せください。

俺もスキ!
133
餃子とインターネットが好きです。/ 一般社団法人焼き餃子協会 代表理事 / しかけ株式会社代表取締役

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15663本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。