見出し画像

時間単価(パーディウム)を意識する


 あなたは自分の時給をどれだけ意識しているだろうか?

 学生時代は、「より時給の高いバイト」をアルバイト情報誌などで
必死になって比較して探していたと思う。

が、社会人になると基本的に月給制なので時給感覚は薄らいでしまう。

 例えば、初任給20万円の会社に就職したら1ヶ月20日勤務(祝日を差し引くと年間勤務は240日前後だろう)で日給1万円。

一日7時間とすると時給は約1428円となる。
コンビニなどのバイトの時給800円と比べると約1.8倍。

 逆に正社員になっても1.8倍しかないのかと驚いてしまう。
会社の場合は夏冬の賞与も加算されるから年収で計算しなおすと、
月額20万円+年間4ヶ月の賞与として320万円。これを12ヶ月で割り戻すと月27万円弱。日給にして1万3333円、時給は1900円。
コンビニのバイトの2倍以上になる。

 しかし、家庭教師のバイトは1回2時間、月4回で2万円とすると1回5000円、時給は2500円。会社に就職するより短期的には時給が良いのである。

但し、家庭教師の時給は据え置きがほとんどで、会社の給料はたいていの場合、年々上昇する。

 残業抜きの年収420万円で並ぶので、月収26万円になる年齢(30歳までには到達するかも?)で家庭教師を超えることになる。

サラリーマンになって年収1000万円プレイヤーになるのをひとつの目標にしている人もいるが、この1000万円には残業代が含まれている。
おそらく基本給が55万円、賞与込みで年収880万円、残業代が年120万円くらいの内訳が多いのではないか。そうすると、基本月給55万円を時給に換算すると3928円。これを高いと見るか、責任の重い仕事を毎日毎日働いている割には安いと思うかはあなた次第。

 では、他の職種の時給はどの程度だろうか?
 弁護士の場合、時給1〜2万円の弁護士もいれば、3万円とか5万円という場合もある。

 私の知り合いの経営コンサルタントは月額450万円のチャージなので日給に換算すると22万5000円、時給にして、なんと3万2142円。有名弁護士並みといったところか。

 日本有数のコンサルタントになると年収2億4000万円、月収2000万円、日給100万円、時給14万円くらいが最高峰と言えるかもしれない。
 もうひとつ、あとの章でお話する社外取締役の時給についても触れておく。

 中小企業の場合で毎月の取締役会に出席して、大所高所から意見を述べ、事業に必要なアイデアを出したり、人脈を紹介したりして月5万円、一回の取締役会議は約2時間だから時給は2万5000円程度となる。

 大企業となると社外取締役も月額20万円より安くなることはないので、時給は10万円。日本有数のコンサルタントと同じくらいの価値を期待されているということだろう。

 ちなみに、地方議員の場合は市や県の大きさで報酬もバラツキがある。

 月額報酬30万円の市会議員もいれば、月額90万円の市会議員もいる。  議会に必ず出席しないといけない日数は常任委員会など含め、年間約100日、月平均8日くらいだから月額90万円だと日給11万円。

 一日7時間も議会があることは少なく、3時間〜6時間くらいだから時給は2〜3万円。つまり弁護士並みの価値を発揮して、行政のチェックを求められているわけである。

 はたして地方議員がそれだけの価値を発揮できているのかというと甚だ疑問。地方議員を減らして、公認会計士事務所と弁護士事務所と経営コンサルタントに仕事を依頼したほうがいいと言った良識ある市会議員がいたが、私も本当にそう思う。

 近頃、日本人の生産性が低いという話題が持ち上がる。
私もサラリーマン時代は、給与総額をあがることが嬉しかったが、
そのために我慢した「余暇時間」は、とんでもなく多い。

今考えると、ワークライフバランスなんて全くないほど滅私奉公していた。
つまり、時給は恐ろしいほど低い状態で頑張っていたのだ。

22歳の就職面接の時、
「僕は生きるために働くのであって、働くために生きるような人生にはしたくない」
と生意気なことを人事担当者に宣言し、呆れられたほどなのに(笑)、  入社後は、それとは真逆の「24時間働きますサラリーマン」を
やっていた。

お金だけで仕事をはかるべきではないが、
対価は自分の市場価値を表すし、生み出す付加価値にも比例する。

時々、自分が費やした仕事時間から割り戻して、
自分の時給がどうなっているか、点検するのも良いと思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

楽しんでもらえる、ちょっとした生きるヒントになる、新しいスタイルを試してみる、そんな記事をこれからも書いていきたいと思っています。景色を楽しみながら歩くサポーターだい募集です!よろしくお願いします!

超うれしいです〜。ありがとうございます!
5
リクルート、福岡ドーム、メディアファクトリーを経て、映画プロデューサー、ベンチャー経営者、政治家、作家に。

こちらでもピックアップされています

仕事を10倍楽しむコツ
仕事を10倍楽しむコツ
  • 13本

なんとなく仕事が面白くない 仕事に追われているようで、このままで良いのかと時々悩む 転職すべきか、残るべきか? ウチの上司は・・・ そんな人に贈る、仕事をもっと楽しくする、 人生をもっとオモシロくするマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。