拝啓 30分から始める事にしました。
見出し画像

拝啓 30分から始める事にしました。

セミリタイアの向こう側


 テレワーク、SNSでの発信による自己表現、生活環境の変化や多様性、人間社会において時代はとてつもないスピード変化していきます。これだけ便利になったのだからゆったりとした時間を過ごしたい。

 そう思っていても、2021年は変化に対応しチャレンジしたいこともでできます。やりかけで途中になったものが山積みになると、とても時間に追われている様な危険な精神状態に陥ります。

 また、能力がある人はできるけど、能力のない自分は時代の流れについていけないし、何かをやり遂げるのは無理なのかも、そんなに頑張らなくてもいい、意識低いままでいい。。。そんな風に何かを諦めてしまっても幸せにはなれないし、幸せってなんだろう?

 脳の事を調べてみると、人間の脳が幸せホルモンを分泌するには達成感を感じる事が必要だという文献を見つけました。

「幸せ」とは、『達成感ではなくて、日常の些細なことに美しさや喜びを感じることができる心の状態だと思うのです。』という方もいらっしゃいます。とても美しい言葉だし、確かにそうかもしれません。しかし現実的にそれだけで幸せになれるかと言えばそうではないと思います。

 日常の些細なことに幸せを感じられるのは他人と自分を比べず、この世の美しさをキャッチする時間が持てた時と、それを感じる余裕があること、また必要最低限の生活の保証を確保できた上での幸せではないでしょうか?

 であれば、自分が決めた目標や、こんな毎日だったらいいなと思う出来事に近づいていける工夫をするのが、幸せに近づく一歩ではないでしょうか?私は移住や、中古物件購入により固定費削減を続け、お金がないと生きていけないという状況から脱出しつつあるのですが、特にずば抜けた才能がある方ではありません。

ただコツコツこれをやれば実現できるのでは?と思いついた事をやっていたら、3年目位で今の状態になりました。

自分にはできないと思っていたことも、30分からなら始められるに違いない(と仮定)

 今まで出来なかったことをできるようになりたい時は、そのための時間を確保し実行するというのが道理ですが、それをたった一人で実行する際にびっしりやりすぎたり、ぱったり休みすぎたり、ムラがでたりしませんか?

 友人と一緒に、家族と一緒に、なんて仲間がいる人はいいかもしれません。目標とする人や同じくらいのレベルの方に声をかけて、切磋琢磨していくというのもいいでしょう。

 しかし私の様に一人の時間が長い人、相手を拘束したくなくて、自分も好きな時間に取り組みをしたい人の場合、とあるルールを決めて実験のようにして実現していくのが気が楽なのではないかと思います。

とにかく30分間やり遂げる

 始めた事に思わぬ困難な場面が事があったとしても、30分間はやり遂げてみる。チャレンジ実験をするだけなんすが、人間は未知の事に対して恐怖や苦手意識を抱きます。しかし、できる様になってくると楽しくなってくるものです。もっとこの集中力が続きそうって場合は継続する。できない場合はきっぱり30分でやめて、また次の日に取り組む。

仕事の時も30分休憩や遊びも入れる

 30分間の休憩や遊びも必ず入れます。なぜやるかと言うと、脳が『あんなにきつい思いをして頑張った、辛かったと判断しない』為にしています。

次回30分やる際に、きついとか面白いとか感情抜きで30分やってみる様なお花畑脳にリフレッシュするのが目的です。

もちろん休日は休日で休んだり遊んだりします。

人と比べない

 目標は人それぞれです。例えば今まで怪我で病院に入院し、トイレまで歩ける様になるために筋トレを練習する方と、オリンピックで200m走で金メダルを取るための練習をする方では、練習方法も成果も違うでしょう。でもそんなことは全く重要ではありません。できる様になりたいことを自分で実行しているのですから、どんな成果であれ、とても大きな体験であり、賞賛を与えられるに等しい成果です。


一緒に成長していけるライバル〜好敵手(こうてきしゅ)を見つける

 これは先程とは、反対意見の様ですが、同レベルと思える人をライバルとして切磋琢磨する事も取り入れてみましょう。この意見は私が師と仰ぐ先生からのアドバイスです。

あまりにもレベルの違う人を目標にすると違いすぎて挫折する場合もあるかもしれません。でも今自分と同じ様な立ち位置にあり、素敵に頑張っている人、そんな人を見つけたら知らない人でも、声をかけてみる。そしてまた切磋琢磨する。この際は相手を眺めるだけではなく、自分も同じ様にできることはないか?ここで足りないものは何か?と探して変化できることに挑戦してみると、変化が起こりやすくなるようです。

最近コロナの影響もあり、取組みたい事が増えたと同時に、なんとなくやっていた時期から、変化して具体的な時間管理が必要になってきました。

そこで、30分からやる という仕組みを作って実行してみる事にしました。

私自身の30分間チャレンジをこれから21日間公開します。

 なぜ21日間なのかというと、「21日間継続した事は習慣化する」という法則を使うからです。この習慣を記録していってどんなふうに自分が変わっていくか楽しみです。今日から21日間というと2021年4月4日ですね。


○○○

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!!もしもご自身も変化についてチャレンジしてみたいという好奇心旺盛な方がいらっしゃいましたら、ご自分のnoteに30分からはじめる事を公言し、スキで繋がって頂けたら嬉しいです。


2021年3月15日 (晴れ)今日の30分から始める事は?

□ 朝から生垣の土を再生する事(初めての取り組み)

□ 天然酵母で全粒粉のパンを焼く

□ 山積みの書類処理に手をつけて80%は終わらせる

□ noteを書いてみる

□ 髪をヘナで染める

□ エステを1時間楽しむ

□ 玄関と客室の天井壁紙張り替え用材料を注文するために、サイズを測る。

□ 鹿肉を低音調理器にかける

□ ピテラ化粧水を完成させる

移住して思う事は、都会にいる時よりも、空気が綺麗な場所で沢山の時間を使える所がいいなと思います。 大変なのは時間の管理なのですが、習慣化により解決する事ができたら嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
事実は小説より奇なり
セミリタイアの向こう側
都会から単身で移住→貯金できるような給料もなく、学歴もなく途方に暮れる→youtubeでDIYを独学。中古一軒家をほぼ一人で改造→民泊運営で収益自動化と固定費の削減を実現。30分からやりたい事を実現する方法や、田舎暮らしを楽しむ秘訣を発掘しながら発信して行こうと思います。