セルフカットにツーブロック
見出し画像

セルフカットにツーブロック

バタフィ

昨日の午後、自分で髪を切った。
最後に美容院にいったのは昨年1月だからもう1年以上経つ。
私のセルフカットはコロナきっかけではなく、美容院にいくのが面倒だというものぐさな性格により、2,3年前からちょいちょいやっている。
基本、簡単なボブヘアだけど、髪が伸びたことにより全体の重みが下がってバランスが悪いのが気になっていたのだ。

三面鏡を駆使し、左右交互に見ながらばさばさと。ボリュームを減らしたいとろはすきバサミで、長さを短くしたいところは通常のハサミ(これらのセットは以前Amazonでヘアカット専用のものを2〜3000円で購入)を両方使いながら、かなり適当にやる。

もみあげはバリカンで。ツーブロックに憧れた私は、昨年9月頃より思い切ってもみあげから耳上くらいまで3〜6ミリで刈っている。もみあげの白髪がどうしても自分ではうまく染められず、目立つのでハサミでちょん切るようになったのだが、1,2本では済まなくなってきていた。ツーブロックにすることで一気に刈れるのもメリットと思っている。

今回襟足は1センチ程度短くし、あとは適当にすいた。耳横あたりがふくらんで、全体がひし形っぽく仕上がった。プロから見たらおかしなところだらけだろうが、私は全然気にならない。ツーブロックも加えた自己流ヘアなので、ますます美容院への足は遠ざかる。

虚しいのはヘアカットの時間より、後始末に時間がかかることだ。昨日もレジ袋の底に穴を開けてかぶっていたのだが、やはり洋服に切った髪が絡みついてしまい、収拾がつかなかった。さらに昨日はニットを着たままやってしまったもので、髪の毛を取り除く作業はその後も延々と続いた。
次回はもう裸でやるしかない、暖かくなるので大丈夫だろう。
今度はもっと短いショートヘアにチャレンジしてみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。嬉しいです!
バタフィ
小学生の息子と娘、夫との4人家族の日常生活や、日々考えていることを思いつくままに綴ります。昨年2月末から100%在宅勤務でおうち生活が続いている派遣社員ですが、3月末で契約終了なので、4月以降のお仕事探しやライフスタイルの変化も書いていきたいと思います。