見出し画像

【2020/9/20】今週の文化百貨店(來住尚彦さん vol.2)

Fm yokohama(84.7MHz)から毎週日曜日深夜24:30~25:00にお送りするラジオ番組『文化百貨店』。今週は、先週に引き続き、アートフェア東京 エグゼクティブ プロデューサーの來住 尚彦さんをお迎えしてお送りしました。

【パーソナリティ】
セイタロウデザイン代表・アートディレクター山﨑晴太郎(@seiy

【今週のゲスト】
アートフェア東京 エグゼクティブ プロデューサー 來住 尚彦さん

2015年、一般社団法人アート東京設立。同年より、国内最大級の国際的アート見本市「アートフェア東京」のエグゼクティブ・プロデ ューサーを務め、日本のアートマーケットの発展、芸術文化の振興を目的とし、アートを軸に様々な事業を企画、制作する。

【今週のダイジェスト】

▶︎アートフェア東京とは

來住さんがエグゼクティブプロデューサーを務めるアートフェア東京は、毎年3月に開催される、国内最大級のアート見本市。

このアートフェアでは、およそ3000点もの作品が展示・販売されます。世界的に有名なピカソ、シャガールの作品はもちろんの事、ジャコメッティの10億円もする有名な作品から、現代美術家の草間彌生さんや村上隆さんの作品、そして縄文土器のようなものまで幅広く並んでいると言います。

そのため、「きっと好きな作品に出会える」と來住さん。カップルや友人と一緒に参加しても、しばらくすると個人行動で、自分好みの作品探しに行く参加者も多いのだとか。それぞれが、自分で見てきた好きな作品のことを後で、話し合うのもアートフェア東京の楽しみ方のようです。

アート初心者でよく分からないという人に対して、水先案内人のようにあれこれ教えてくれるのがギャラリストの存在。ギャラリーが中心となるアートフェアというイベントだからこそ、気になった作品のことはもちろん、アートシーンについての解説や購入の際のアドバイスももらえるので、これからアートを楽しみたいという方も安心して参加できるイベントになっていると言います。

今年は残念ながら、自粛・中止となってしまったアートフェア東京ですが、來住さんから「来年の3月はやる!」と力強い言葉が出ました。今後の動向については、オフィシャルサイトでご確認ください。

▶︎オンラインでバーチャル展示会”AFT Art Hunting”の効果

アートフェア東京を中止すると決めた際、來住さんの頭に最初によぎったのは、アートフェア東京2020への出展に向けて、毎日頑張って作っていた作家たちと、彼らの作品。それら作品を展示しなければならないという責任感と、イベント中止を告げた時のスタッフの涙を見て、オンラインでの催し”AFT Art Hunting” の開催を決断されました。

AFT Art Hunting とは、ウェブサイトに上にアートフェア東京で展示されるはずだった作品を掲載し、販売するというオンラインサービス。

期間中に、アクセスが延べ52万件にも及び、約8000万円ものアート作品を売り上げたと言います。オンライン開催が功を奏したのか、台湾などの海外からの反響もあった他、意外なことに約800万円から900万円台という高価な作品を、実物を手にすることなく、購入されたお客様がいらっしゃったそうです。

残念ながら、こちらのウェブサイトでの販売は、終了してしまいましたが、出展作品は公開されています。どんな作品が販売されていたのか気になる方は、こちらをご覧ください。

▶︎アートという言語の無限の可能性

アートはまだまだ敷居の高いものという風に見られがちですが、アートが無い生活は無いと來住さんは信じていると言います。

その理由の1つが、「アートはコミュニケーションツール」という考え。

先述のようにアートフェア東京では、同伴者と別行動をして見回る人が多いようですが、育ってきた環境の違う人たちがそれぞれの観点でアートを楽しみ、合流した際に作品に対しての意見交換をして、アートを通してのコミュニケーションを取っている光景を見ると、微笑ましく思われるそうです。

海外の方と話す際に、現地の言葉が分からなくても、アートを媒介として作品について語ることで、コミュニケーションが広がってきた経験も、アートはコミュニケーションツールという考えに至った要因でもあるようです。

そして、來住さん自身がアートと隣り合わせで働く現在、そういう場を提供できるようにする事に対しても責任があると感じているということでした。

画像2

▶︎山崎晴太郎とコラボレーションするとしたら?

アートフェア東京は、アート作品の展示のみでなく、World Art Tokyo と呼ばれる大使館とのコラボレーションやFuture Artists Tokyoという学生の方々とのコラボレーション企画を通して社会や世界にアートで貢献をしています。

そんな中、山崎とのコラボレーションを「真面目に考えます」と來住さん。来年のアートフェア東京に向けて、何かがスタートするかもしれません。コラボが決まった際には、動向も合わせて番組内で報告をしていきますので、お楽しみに!

▶︎“文化を扱う架空の百貨店”でバイヤーをするとしたら?

そして、番組の最後にお聞きしている“文化を扱う架空の百貨店でバイヤーをするとしたら?”という質問に対して、「まず、周りを見る所から始めるので、他に何があるか質問しなければ……」と來住さん。

これには、「入り口はみんな違う顔にしているけれども、出口ではみんなを同じ顔にしたい」という來住さんの制作モットーが影響しているようで、周りを見てそれと線になるものを作ってきた経験から、自分が第一歩を踏み出すことに戸惑いがあるのだとか。

そのため、自身がバイヤーを務める企画については「次回までには、考えてきます」と來住さん。山﨑とのコラボ企画と共に、お答えをいただけることを楽しみにしています。

【今週のプレイリスト】

▶︎來住尚彦さんのリクエスト

『千歳月』Scene of Heaven

來住さんが手がけた1曲です。

▶︎山﨑晴太郎セレクト

『The sun shall not smite thee』 Cyrillus Kreek, Vox Clamantis, Jaan-Eik Tulve


といった所で、今週の文化百貨店はここで閉店。

次回は、今週9月25日(金)公開、草なぎ剛さんがトランスジェンダーとして生きる主人公・凪沙役に挑んで話題の映画『ミッドナイトスワン』の映画監督・内田英治さんをお迎えしてお送りします。

【来週9/27(日)24:30-25:00のゲスト】

映画監督 内田英治さん

画像1

ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。 週刊プレイボーイ記者を経て99年「教習所物語」(TBS)で脚本家デビュー。
1 4 年「グレイトフルデッド 」はゆうばり国 際ファンタスティック映画祭、ブリュッセル・ファンタスティック映画祭(ベルギー)など多くの主要映画祭で評価され、つづく16年「 下衆の愛 」はテアトル新宿でスマッシュヒットを記 録 。東 京 国 際 映 画 祭 、ロッテルダム 国 際 映 画 祭(オランダ)をはじめ、世界3 0以上の映画祭にて上映。イギリス、ドイツ、香港、シンガポールなどで配給もされた。
近年はNETFLIX「全裸監督」の脚本・監督を手がけた。

また、日曜深夜にお会いしましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!ラジオもぜひ聞いてください〜
1
セイタロウデザイン代表・アートディレクター山﨑晴太郎がFm yokohama(84.7MHz)で、毎週日曜日深夜24:30~25:00にお送りするラジオ番組『文化百貨店』。番組の内容や次回ゲスト予告などをお届けします。 https://culture-dept.com/

こちらでもピックアップされています

ラジオ番組『文化百貨店』Fm yokohama/日曜深夜放送
ラジオ番組『文化百貨店』Fm yokohama/日曜深夜放送
  • 13本

代表・山崎がFm yokohama(84.7MHz)から毎週日曜日深夜24:30~25:00にお送りするラジオ番組『文化百貨店』のマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。