見出し画像

【修正版ぬけだし宣言】クリエイティブを突き詰めない自分から抜け出したい!

2020年8月、前田デザイン室のプロジェクト「ぬけだ荘」の企画で、抜け出したい自分のさらけ出し記事を書きました。

いろいろなことに興味があってすぐに飛びつくものの、1~2回楽しんだのち興味が他に移ってしまう”やりきらない自分”から抜け出したかった私。

いろんな事をやっているけど、やり切ってない!ともんもんしていました。

で、先日ぬけだ荘プロジェクトも大詰めに入る雰囲気が漂ってきたので、自分なりに振り返りをしてみようと、改めてnoteを書きました。

その時に気づいたことが、
「あれ、やり切らない自分からは抜け出したいと思ってないかも…?」
ということでした。

私が本当にモヤモヤしていたのは、いろいろ手を出しているくせに極めているものがない自分。これだ!という力を注いでいるものがない自分。

目に見える技術を持っている方にすごく憧れていることに気づきました。

それと同時に、自分の生み出したものに価値が宿った瞬間の喜びも感じていました。

ただ、前田デザイン室の方々に深堀りに付き合ってもらっているときに、新たな疑問が生まれてきました。

それは自分にとっての「価値」ってお金?賞賛?ということ。

ここがはっきりしないと、向かう未来がはっきりしない。

自分で生み出して価値ができた!と思ったことがまだ少ないからなんとも言えないのですが、クリエイティブを仕事にしたいとは今のところ考えていないので、「お金」ではなさそうです。

文章にして残すことにすこしだけ恥ずかしさを感じるんですが、私はどうも賞賛欲求が強いようです。

かといってTwitterで多くのいいね数を集めることを目標にすると途端にやる気がなくなる、難しい構造になっているみたいです。

とはいえ、当初の目標からは離れてしまっている現状があります。


そこで、ぬけだし宣言を変更します!


新しい宣言は…

「自分のクリエイティブに納得できない自分からぬけだしたい!」

「クリエイティブができる自分にぬけだしたい!」

「みんなにすごーい!って言ってもらえるクリエイティブのできる自分に
ぬけだしたい!」

(まだどれにしようか迷っているので決まったら更新します)


以前より少し明確になった気がする私のぬけだし宣言。

ちょうど昨日、ぬけだ荘決起会で「あと約100日!」が提唱されたころもあり、ここから走り切るゴールを考えていきたいと思います。

軽やかに、アートに走り切っていきたい。

さぁ、どうしよう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とてもとても嬉しいです!
9
28歳、東京在住、エモい文章が書きたいお年ごろ。これからやりたいこと:デザイン、WEBデザイン、DIY、ライティング、副業