見出し画像

ナガヤマ・カイジュー・ディフェンス社「ジェットセイバーⅤ」墜落事件

 全長50mを超える巨大な怪獣が、住宅を、電柱を、自動車を、総てを圧し潰しながら歩みを進める。立ち向かうのは、上半身が緑、下半身が黄色に塗られた、全高10mほどの人型ロボット。サイズの差を物ともせず果敢に挑みかかるロボットだが、怪獣が吹き出す暴風に押し返され、有効な攻撃が与えられない。

 もはやあの怪獣を止めることは出来ないのか。人々がそう思った矢先、赤、青、紫で構成されたロボットが雲中から猛然と急降下し、怪獣に一撃を加えた。

 思わぬ攻撃にのけぞる怪獣。その隙に二機は飛び上がると、上空でバラバラに分裂した。怪獣の攻撃で破壊されたのか?否。
 その二機は一機にして五機五機の小型機が任意の組み合わせで変形・合体し、変幻自在の性能を発揮する最新型対獣機――ジェットセイバーⅤ

 そして五機は一点へと集まり、実戦では一度も見せたことがない形態への変形を試みた。五機の力が一つになった最強の形態グレートソードスタイルへ!


――


 怪獣の侵攻ルートに沿って一直線に破壊された街並みから少し外れた地点。大型商業施設だったそのビルは、屋上から地下に至るまで躯体が激しくえぐれ、顕わになった内装は尽く焼損している。その中心地、五色のカラフルな破片の中心に、巨大な機械の残骸があった。

 いまだ消火剤の滴るビルの低層階には規制線が張られ、その中で「対獣機事故調査委員会」と書かれたジャケットの一団が動き回っている。

 その中で、残骸の前に立ち尽くす若い男が一人。目の前の惨状に言葉もない様子の彼に、一人が近づき声をかけた。

「そらそら、調査官に新人がいようが世間は待ってくれないぞ」

「奈多先輩……すいません」

 奈多と呼ばれた女は、頷くかわりにこう切り出した。

「今、全国、全世界の人々がキミと同じ疑問を持っている」

 ――あの瞬間、このビルの上空で、「ジェットセイバーⅤ」に何が起きたのか。

「答えを出せるのは、私達だけだ」

【続く】

Photo by Marvin Esteve on Unsplash

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yay!
14
生産者になりたいただのゲーマー 極稀に文章書いたりドット絵打ったりプログラム書いたりなど 事実上更新停止中のブログ: https://yukansoukou.blogspot.com/ noteに全面移行するかは検討中です

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
  • 637本

小説の冒頭800文字でCORONAを勝ち取れ。ダイハードテイルズが主催するパルプ小説の祭典、「逆噴射小説大賞2019」のエントリー作品収集マガジンです。だいたい1日1回のペースで収集しています。収集漏れを発見したらダイハードテイルズまで連絡してください。【募集要項はこちら】https://diehardtales.com/n/n94b50338466a 【応募タグ】#逆噴射小説大賞2019

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。