Wizard of OP
【急告】2022年3月9日(水)開催/富岳風穴を舞台に、21世紀の洞窟絵画を描く/小金沢健人、鈴木ヒラク、内橋和久 出演/Wizard of OP vol.000 - On Screen & Live Performance & Livestream -
見出し画像

【急告】2022年3月9日(水)開催/富岳風穴を舞台に、21世紀の洞窟絵画を描く/小金沢健人、鈴木ヒラク、内橋和久 出演/Wizard of OP vol.000 - On Screen & Live Performance & Livestream -

Wizard of OP

画像5

Wizard of OP vol.000
On Screen & Live Performance & Livestream

*****************************************************************************

本企画は、21世紀の洞窟絵画を記録した映像作品の上映会と新たな対立軸を導入したライブパフォーマンスの公演です。

光で描く線と絵は、洞窟に描かれた消えゆくグラフィティーであり、描く行為そのものがダンスでもある。かつてそこにいた3人が再び集う時、21世紀の洞窟絵画がつくられる。

Wizard of OPは、小金沢健人が光を表現の素材として即興の方法を探るパフォーマンス企画である。

小金沢が、音楽やダンス、ポエトリーリーディングといった表現形態と対峙することでパフォーマンス領域を拡張する企画として、これまで過去に2回開催してきた。過去2回の共演者は、スガダイロー、関川航平、ermhoi、Kent Watari /av4ln、FUJI|||||||||||TA、石若駿、Mora Mothaus。

3回目となる今回は『記憶/記録とのセッション』をコンセプトに、光を生命体のように扱う小金沢健人、光をドローイングの痕跡として捉える鈴木ヒラク、ミクロからマクロまでの宇宙的なサウンドを自由に操る内橋和久の3人が、光の一切届かない地下200mの富岳風穴(山梨)で事前にパフォーマンスをおこなった。 これは現代における洞窟壁画を描く行為の記録映像でもある。

この記憶を描き込んだ記録映像を、今日の洞窟とも言えるビルの一室(ANB Tokyo)で、新たに行われる3人のパフォーマンスと重ね合わすことにより、記憶/記録とのセッションという新たな対立軸を導入する。

*****************************************************************************

チケット購入

▶︎上映会・ライブパフォーマンス:https://wizadofop.peatix.com/view

▶︎ライブ配信:

映像配信 https://wizadofop-livestream.peatix.com/view

ライブパフォーマンス https://wizadofop-livestream-performance.peatix.com/

Information/インフォメーション

開催日:2022年(令和4年)3月9日(水)
会場:ANB Tokyo 3F [〒106-0032 東京都港区六本木5丁目2−4]
会場アクセス:東京メトロ六本木駅出口3より徒歩3分
ライブ配信:Peatix Liveにてライブ配信あり、アーカイブ配信あり

企画:Kenji "Noiz" Nakamura
制作・運営:Kenji.inc、Good Mode Teams 
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
問い合わせ先:info.kenji.inc@gmail.com


On Screen/上映会

上映作品タイトル:「Wizard of OP - 富岳風穴 / Fugaku fuketsu - 」[2022年/日本/約70分 予定]
出演:小金沢健人(美術家)、鈴木ヒラク(アーティスト)、内橋和久(音楽家)
監督:高梨喜芳


上映時間:
①11:00~12:10
②13:00~14:10
③15:00~16:10 *ライブ配信あり

ライブ配信:Peatix Liveにてライブ配信あり、アーカイブ配信あり
会場定員:各回20名
参加費:会場入場料、ライブ配信いずれも1,500円
チケット購入:https://wizadofop-livestream.peatix.com/view

* On Screen (上映会)の ライブ配信は、15:00〜のみです。
* ライブ配信はイベント終了から24時間後(3月10日16:10)までチケットの購入が可能です。
* ライブ配信はイベント終了から7日間(3月16日まで)アーカイブ視聴が可能です。

Live Performance/パフォーマンス

タイトル:Wizard of OP vol.000
出演:小金沢健人(美術家)、鈴木ヒラク(アーティスト)、内橋和久(音楽家)


内容:
 ①「Wizard of OP - 富岳風穴 / Fugaku fuketsu -」ダイジェスト版上映(約10~15分)
 ②小金沢健人、鈴木ヒラク、内橋和久による鼎談(30分)
 ③休憩(15分)
 ④パフォーマンス(50~90分)
イベント時間:約120〜150分を予定

* ライブ配信はイベント終了から24時間後(3月10日22時)までチケットの購入が可能です。
* ライブ配信はイベント終了から7日間(3月16日まで)アーカイブ視聴が可能です。

会場:ANB Tokyo 3F [〒106-0032 東京都港区六本木5丁目2−4]
ライブ配信:Peatix Liveにてライブ配信あり、アーカイブ配信あり
会場定員:20名
料金:会場入場料 4,000円/ ライブ配信 2,000円
時間:開場19時、開演19時30分
チケット購入:https://wizadofop.peatix.com/view


Artist profile/アーティストプロフィール

画像2

小金沢健人 Takehito Koganezawa
1974年東京生まれ。
武蔵野美術大学で映像を学び、在学中よりビデオによる映像作品の発表を始めた。1999年よりベルリンに拠点を移し、アメリカ、ブラジル、インド、オーストラリア、ギリシャなど世界各国で作品を発表、その独特の映像表現は高い評価を獲得した。その後、次第にドローイング、パフォーマンス、インスタレーションと表現領域を広げ、多彩で複合的な作品群と旺盛な制作活動に裏づけされた多才なアーティストとして知られている。 国内では、資生堂ギャラリー「Dancing In Your Head」(2004)、神奈川県民ホールギャラリー「あれとこれのあいだ」(2008)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館「動物的」(2009)など多数の個展を開催。2018年開催の「Asian Art Award 2018」では大賞を受賞。

画像3

鈴木ヒラク Hiraku Suzuki
1978年生まれ。アーティスト。
ドローイングと言語の関係性を主題に、平面・彫刻・映像・インスタレーション・パフォーマンスなどを制作。環境に潜在する線的事象の発掘行為を通して、現代の時空間におけるドローイングの拡張性を探求している。2011-2012年アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成によりアメリカに、2012-2013年公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成によりドイツに滞在。これまでに金沢21世紀美術館 (石川、2009年)、森美術館 (東京、2010年)、ヴロツワフ建築美術館 (ポーランド、2015年)、銀川現代美術館 (中国、2016年)、MOCO Panacée (フランス、2019年)、東京都現代美術館 (東京、2019-2020年)など国内外の美術館で多数の展覧会に参加。2016年よりドローイング研究のためのプラットフォーム『Drawing Tube』を主宰。音楽家や詩人など異分野とのコラボレーションや、大規模なパブリックアートも数多く手がける。主な作品集に『GENGA』(2010年)、『SILVER MARKER―Drawing as Excavating』(2020年)などがある。現在、東京芸術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス准教授。


画像4

内橋和久 Kazuhisa Uchihashi
ギタリスト、ダクソフォン奏者、インプロヴィゼーショントリオ/アルタードステイツ主宰。 劇団・維新派の舞台音楽監督を30年以上にわたり務める。音楽家同士の交流、切磋琢磨を促す「場」を積極的に作り出し、95年から即興ワークショップを神戸で開始する。その発展形の音楽祭、フェスティヴァル・ビヨンド・イノセンスを96年より毎年開催2007年まで続ける。これらの活動と併行して歌に積極的に取り組み、UA、細野晴臣、くるり、七尾旅人、青葉市子、Salyuらとも積極的に活動。即興音楽家とポップミュージシャンの交流の必要性を説く。近年ではチェルフィッチュの岡田利規の6作品の音楽を担当(ミュンヘン、横浜、ハンブルグ)。また、2002年から2007年までNPOビヨン ド・イノセンスを立ち上げ、大阪でオルタナティヴ・スペース、BRIDGEを運営。現在はベルリン、東京を拠点に活動。インプロヴィゼーション(即興)とコンポジション(楽曲)の境界を消し去っていく。


画像5

高梨喜芳 Kiyoshi Takanashi
映像作家/アーティスト
光って生み出す。
2022/3/19 神奈川県立音楽堂開催「音楽堂のピクニック」にて、地球上にある座標軸上の空間に存在する振動と周波数を別の座標軸の空間に転送する装置をコンセプトとした、自身初のインスタレーション「BLACK BOX PORTAL POINT ver.0」が控えている。

過去映像


Producer: Kenji "Noiz" Nakamura
Produced by Kenji.inc / Good Mode Teams 
Supported by Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)

問い合わせ:info.kenji.inc@gmail.com


画像6


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Wizard of OP
Wizard of OPは、小金沢健人が光を表現の素材として即興の方法を探るパフォーマンス企画。 新しいこと、まだ知らないこと、やったことがないことを試す場として”Wizard of OP” は動いている。