スクリーンショット_2020-01-08_15

「働くおじさん・おばさん」運動

50歳になったら、これまでよりも働きましょう。
「働くおじさん・おばさん」運動は、50歳になったら、好きなことを仕事にして、もっと働くことを推進する運動です。

50歳になったら、これまでの知識と経験を活かして、もっと役立つ仕事をしたいものです。というか、実際にできます。
しかし、多くの会社では50歳になると、給料以上の仕事をしていないと評され、役職定年になることもあります。
若手社員には、「働かないおじさん」はモチベーションを下げる原因となり、会社の問題にもなっています。

働かないことは、誰にとっても得はありません。仕事をしないで給料をもらうことが得だと思うなら、大きな錯覚です。周囲はそんな態度を見逃すわけはなく、蔑みの目で見られれば尊厳を失います。また、会社は虎視淡々と退職する機会を窺っています。そして、生活のためにやりたくない仕事を続けることになる。

そんな馬鹿げた環境から抜け出して、今よりももっともっと成長するように働きましょう。

それが「働くおじさん・おばさん」です。


働くおじさん・おばさんは

・仕事を怠けません
・若い人の邪魔をしません
・自分のポストに固執しません
・昔話の自慢しません
・今時の若い奴はと言いません
・今日よりも明日成長します
・できるだけ長く仕事をします
・給料以上の価値を提供します
・いつも楽しく仕事をします
・将来は独立を目指します

体力は衰えていますが、経験と知恵と才能をフル活用して仕事をします。将来が不安をいう言葉を一掃し、後輩の方々の手本になるように生きていきます。

やりがいを持って働くおじさん・おばさんを増やすように情報を配信していきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
株式会社 経営戦略パートナーズ代表。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。