むらにつもるこえ


この続きをみるには

この続き: 33,060文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
へんな村、失恋して砂になる男、ブログ飯に翻訳――現代の寓話やらじぶんと他者の不可分な語りやら、いろいろがんばっている時代の実験とか失敗とか小説集。

収録作品 ◼︎むらにつもるこえ(95枚) ◼︎干乾びた胎児(30枚) ◼︎皮を剥ぐにはうってつけの日(150枚)

アマチュア作家のネット上にある小説を読み漁って考えたことをまとめたエッセイ集。小説のことをひたすら考える。

または、記事単体で購入する

むらにつもるこえ

大滝瓶太

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたご支援は、コラムや実作・翻訳の執筆のための書籍費や取材・打ち合わせなどの経費として使わせていただきます。

10
作家。まず最初に「たつひこさんのこと。」をお読みください。第1回阿波しらさぎ文学賞を受賞。文学ムック「たべるのがおそいvol.6(書肆侃侃房)」に短編小説「誘い笑い」を掲載など。ご用命はこちらへ:binta.ohtaki@gmail.com

この記事が入っているマガジン

短編集その1『皮を剥ぐにはうってつけの日』
短編集その1『皮を剥ぐにはうってつけの日』
  • 3本
  • ¥600

収録作品 ◼︎むらにつもるこえ(95枚) ◼︎干乾びた胎児(30枚) ◼︎皮を剥ぐにはうってつけの日(150枚)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。