【コロナ禍に運動を始めようと思ってもできないor続かない……そんな悩みを解決!おうちフィットネスを習慣化の重要性と方法】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【コロナ禍に運動を始めようと思ってもできないor続かない……そんな悩みを解決!おうちフィットネスを習慣化の重要性と方法】

BRAVO FITNESS STORE

長引くコロナ禍で、新しく始めたことの上位に「運動(筋トレやランニングなど)」がランクインしている一方で、「コロナ太り」という言葉も出現し、ステイホームやリモートワークによる運動不足に悩む人も増えています。

自分で運動しようと思っても、なかなか重い腰が上がらない……
運動を始めてみたものの、三日坊主で続かない……

そんな悩みを解決し、おうちフィットネスを習慣化する方法をご提案いたします。

コロナ禍で運動不足が深刻化!?

コロナ禍における運動不足は、単純に運動をする機会が減っただけでなく、日常的に身体を動かさなくなったことも大きく影響していると言われています。

リモートワークやオンライン授業で、通勤・通学そのものが無くなると、家を出てから職場や学校に到着するまでの「歩く・立つ・(場合によっては)走る・自転車をこぐ」といった動作が丸々失われます。
また、ステイホームにより、行動範囲が狭くなるとともに「座りっぱなし」の時間が増えれば、当然身体を動かす時間は減ってしまいますよね……。

だからこそ、意識的に、そして習慣として「身体を動かす」時間を設けなければ、必然的に運動不足となってしまうのです。

運動不足の弊害は太るだけじゃない!

運動不足というと、「太る」ことをイメージしがちですが、弊害はそれだけではありません。

運動するとストレスを軽減するホルモンが分泌されます。また、運動による適度な疲労感は安眠へと繋がりますし、運動することで基礎代謝が上がり体内の老廃物をスムーズに排出できるようにもなると言われています。
つまり運動不足は、ストレスを増幅させ、睡眠の質を落とし、代謝も悪くする……というデメリットばかりということになりますね。
これにより生活習慣病を始めとするさまざまな病気を発症しやすくなったり、いつも眠くてだるいという状態で仕事や勉強のパフォーマンスが下がったりします。また、運動せずに筋力が衰えると、肩凝りや腰痛など身体の不調が生じるようになるそうです。

運動不足は太るだけでなく、これだけ多くのリスクを孕んでいると知ったら、ちょっと怖くなりますよね。

自宅で運動したくてもついだらけてしまう

コロナ禍でステイホームが推奨されているから、自宅で運動しよう!と思った方、多いのではないでしょうか。

でも……
ついテレビをだらだら観てしまう……
ゲームを始めると止まらなくて……
運動しようと思っても気付けば夜になっている……

と、ダラダラしてしまいますよね?

分かる!!と思った方、あなただけではありません!
実はとてもたくさんの方が、自宅での運動が続かない、始めようと思っても始められない、という悩みを抱えています。

その原因は、意志の弱さではなく、「環境」が整っていないからかもしれません。

ご自宅にはテレビもあるしゲームもありますよね?冷蔵庫もあればお菓子が入った棚もあるはずです。
こんな誘惑だらけの環境で、何か強制的に「運動しなさい!」と働きかけてくるものもなく、ただ「運動しないとな~」と思っているだけでは、運動を習慣化するのは不可能です。

しかし、テレビやゲームを捨てるわけにはいきません。まして冷蔵庫なんて絶対に捨てられませんよね?これらの誘惑因子を自宅から排除するのは難しいと言わざるを得ません。

誘惑因子を排除せずに「環境」を整えるためにはどうしたら良いのでしょうか。

きっかけを用意しルーティーンを作ることで環境を整える

自宅で習慣的に運動できる環境を整えるために必要なものは

・きっかけ
・ルーティーン

の2つです。

「きっかけ」は、言葉を変えれば「最初の一歩」です。
英語を自宅学習するぞ!と決めたら教材を買うとか、運動をちゃんとするぞ!と決めたらジムに入会するとか、婚活のために料理上手になるぞ!と決めたら料理教室に申し込むとか、そういったものです。
まず、この「きっかけ」を自分で用意しましょう。

そして、この「最初の一歩(=きっかけ)」をルーティーンとして日常に取り込むことで習慣化を目指します。
英語学習なら「毎日7時~8時は必ず取り組む」、ジムなら「火木土で必ず通う。通えない日は別の曜日に振り替えて週に3回は行く」、といったイメージです。
ここで重要なのが、曜日や時間を必ず決める、つまり習い事や学校の授業のように「コマ」や「枠」を自分でしっかりと設定すること!

自分で決めた日時となったらアラームが鳴るなど工夫することで、「まぁいっか」や「忘れてた!」を予防できます。

おすすめのきっかけ&環境作りはMOSSA MOVE

自宅での運動を習慣化したいとう方におすすめしたい「きっかけ」と「ルーティーン」作りのツールをご紹介します。

それが、MOSSA MOVE(モッサ・ムーブ)です。

MOSSA MOVEとは、おうちフィットネスに生かせる動画コンテンツのサブスクリプションサービスです。
月額制(年額プランもあり)で、さまざまなジャンルのフィットネスレッスンを受けられます。

ウエイトトレーニング、ダンス、ヨガやピラティスなど、プログラムの内容が多岐にわたっているため、自分の好みや目的で好きなコースを選べます
どのプログラムも、レッスンの長さ(30分、45分、60分)や、強度・難度を調節できるので、自分のフィットネスレベルやライフスタイルに合わせた内容で取り組めるのが、継続できるポイントのひとつです。

また、MOSSA MOVEは音楽に合わせてフィットネスをおこなうため、楽しく長く続けられるという特徴があります。ランジやスクワットを一人で黙々と100回続けるのは苦痛という方でも、画面の向こうのトレーナーや仲間たちと音楽があれば、あっという間にこなせてしまいます。音楽があることによって、途中でやめずに最後まで続けられるというのも魅力のひとつと言えるでしょう。

14日間の無料トライアルもありますので、自宅で運動したいけれど挑戦できていない、始めてみたけれど続かない、という方は是非トライしてみてください。

おうちフィットネスを習慣化して心身の元気をキープしよう!

コロナ禍で、外出する機会がめっきり減り、自宅で過ごす時間が長くなったことによる運動不足が問題視されています。
太るだけではなく、健康に悪影響を及ぼしたり、メンタルが不安定になったり、睡眠の質が落ちてパフォーマンスが下がってしまう運動不足。

なんとなく不調だな、なんとなく身体が重い・だるいな、と感じたら、それは運動不足が原因かもしれません。

なかなか外で運動する機会が得られないこのご時世だからこそ、自宅で楽しく習慣的に運動できる環境を作ってみませんか?

MOSSAMOVE:https://mossamove.it


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
BRAVO FITNESS STORE
MOSSAやMyzoneなどを取り扱う「BRAVO FITNESS STORE」のnoteです。 商品に関する情報や商品開発の裏側など、お店のことやトレーニングの楽しさを皆様にお届けできるよう、 スタッフが随時発信していきます! https://bravostore.jp