【短答リベンジ合格に向けた基本方針(案)】

今年の短答式試験の得点に準じて、次のような基本方針を提案してます

・30点以上 ⇒ 年内は令和2年の問題の正誤分析に費やす+年明けから過去問演習*
・30点未満 ⇒基本的なインプット+過去問演習

*過去問集の改訂は年明けのはず
画像1
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

宗教法人としての法人格は有していませんが、お布施・お賽銭・玉串料・初穂料、いかなる名義や名目をもってするかを問わず、すべての浄財は24時間受け付けています(笑)

記事をシェアしてくれると、さらに幸運が舞い降ります!!
弁理士試験を受験するなら1年でも早く最終合格するのが善|弁理士試験の論文式試験(必須科目)の答案例を公開する者 |答案例リスト⇒ https://note.com/benrishi_shiken/n/n61dadd4096cc|弁理士試験の短答式試験の解説をする者|問題集⇒
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録