見出し画像

【デイキャンプのススメ】ゆっくり自分時間を過ごしたいときに「森に行く」という選択肢はどうですか

バルンバルンの森は宿泊だけでなく、日帰り利用(11:00-16:00の間自由に森を味わってもらえる)「デイキャンプ」というコースもご用意しています。(おとな1000円、こども500円)
このnoteはデイキャンプってこんな使い方もできるよっていうお知らせで執筆しました。(ご予約やお問い合わせはお電話にてお待ちしております🌲)

こんにちは。大分県の中津市にある小さい森のレトロなキャンプ場、バルンバルンの森です。(ちなみに中津市は福岡県との県境の市で、福岡空港から車で約1時間40分という立地にあります。別府までは約1時間。中津市内にもたくさん温泉があります)

画像4

バルンバルンの森=キャンプ場でしょ?という風によく言われるのですが、実はキャンプだけでなく、色んな過ごし方ができるのです。
今日はそんな中でも、泊まらなくても森をゆっくり味える利用方法を紹介していきます。

早速ですが…

なんかゆっくり過ごしたい日ってありませんか?

私は多々欲しくなります。1日贅沢に使って、じぶんのためにゆっくりする日。内側から充電できるような、そんな心に水がたっぷりあげられるようなそんな1日。

画像4

読みかけの本に入り込んだり、空を見たり、自然の中で癒されたり、美味しい珈琲を飲んだり、日記を書いたり、心に問いかけたり。

でもカフェに行ったら隣の人の話が気になってしまったり、うっかり知り合いに会ってしまってなんだかソワソワしちゃったり(笑)、小さいカフェだと長居も申し訳ないし…と自分に集中できる場所って実は探すのが難しいと感じることもしばしば。

実はバルンバルンの森は、日中ゆっくりと森で過ごすことができるのです

デイキャンプという名前ですが、タープを張ったり火をおこしたりしなくて大丈夫。このプランを使えば11時から16時までゆっくり森で過ごせるんです。森の中の好きな場所で持ち込んだ本を読んでもよいし、ツリーハウスに登って楽しむもよいよい。もちろん写真撮影も大丈夫です。ブランコにゆらりゆらりとするのも頭が空っぽになっておすすめです。

森とブランコじゅんこ

個人的おすすめな過ごし方①読書室で読むと寝るをする

森には宿泊者の方限定で楽しめる「森の読書室ヨムネルの巣」があります。
ヨムネルは「読む」と「寝る」からきていて、部屋の中にある本を自由に読んだり、ハンモックに包まってぼーっとしたり、すやすやとお昼寝なんかもできちゃいます。

ヨムネルの巣top

もちろんこの空間もキツツキ舍の2人がデザイン&施工をしたもの。
これから家をリノベしたい!という方も参考になる場所がいっぱいあると思います。(我が家もだいぶ参考にさせていただきました…細かいところまでほんとこだわっててかわゆいのです)

本も子供ごころに戻れる絵本から、暮らしに関する書籍や雑誌、そして人生をゆっくり考えるヒントになるかもしれない選りすぐりの本達がずらり。
ゆったりとした気持ちで、ノートにこれからのことを綴ったり、未来を妄想したりするのもおすすめです。(週に1回くらいこの時間が取れると人生が豊かになるよなあといつも思っています。しかも森で。感性が広がります)


個人的おすすめな過ごし方②可愛くて贅沢にいられるカフェでゆっくり

画像5

バルンバルンの森には、宿泊者限定で入店できる秘密のカフェがあるのです。もちろんここはデイキャンプの方も入店可能。すなわち人が限定されたカフェで、のんびりのーんびりできるのです。(カフェ利用時は別途オーダーが必要です。珈琲は400円。)

ケーキなどは全てカフェ内で製造し、電子レンジを使用せずガスオーブンで焼き上げています。使用している牛乳は耶馬渓牛乳(美味しい)。植物いっぱいのカフェは心がほっと癒されます。みんなお友達とワイワイお話に夢中、というよりも、この空間や緑をじんわり味わう方が多い印象なので、(特に平日は)静かで優しい時間を過ごしてもらえるかなあと思います。

ちなみにもしバスクチーズケーキがあったらラッキー!即予約&購入がおすすめです。うまうま。


個人的おすすめな過ごし方③携帯を手放してこの瞬間をたっぷり味わう

画像6

「何もしない」という贅沢な時間を自分にプレゼントするのもおすすめです。森の中をお散歩して咲いているお花や草を見つけたり、ぽやーっと今とこの瞬間に意識を向けてみたり。落ち葉を拾ったり、森の小さいこだわりを発見したりも楽しいです。日常ちょっと離れてこの瞬間を森で味わう時間を過ごしてみると、15分でも30分でもぐっと意識が変わるなーと思います。なんていうか、余白とか余裕が生まれるような。私はいつもぼーっとしながら、この森で「今を生きていること」を思い出させてもらってます。(その日は旦那にもより優しくできている気がしている…笑)

画像10

(タイミングが合えば看板犬さんちゃんともモフモフできますよ!)

---
ちなみにもちろん、日中だけのキャンプという本来の意味「デイキャンプ」のご利用も可能です!

1人じゃなくてみんなでも①ピクニック小屋を予約して、森で持ち寄りピクニック!

画像11

画像12

人数が多い場合は「森のピクニック小屋」を予約するのも楽しいと思います。1日5000円。持ち寄ってご飯食べたり、内緒の話をしたり、職場の方とミーティングやアイデア出し会議に使うのもいいなと思ってます。
コーチングや人生相談などの場所としてもオススメです。使い方はまだまだ無限大。
あと冷暖房も完備してます。小屋の横でバーベキューをすることも可能ですよ!

1人じゃなくてみんなでも①もちろんキャンプエリアでタープなどを張ってバーベキューやのんびり時間!

画像13

もちろん自慢のキャンプ道具をめいっぱい広げての日中キャンプも可能です!家族でバーベキューをしたり、友達とキャンプ飯を作ってみたり。
初めてでお泊まりが心配、という方もまずはデイキャンプから様子をみてみるのもありだと思います。
グラウンドがゆるくなってなければ、サイト内まで車の乗り入れが可能なので、荷物の出し入れも簡単なのも喜ばれているポイントです!
秋の森の風や匂いをたっぷりと吸い込みながら、心地よい昼の時間を過ごしてみませんか。

バーベキューコンロやテーブル・チェアーなどはレンタルのご用意がございます!(炭や薪も販売してますよー!)
 ⛺️レンタルの詳細はこちら⛺️

「デイキャンプ利用」でできること、できないこと

簡単にですが、できることとできないことをまとめてみました。
(その他ご不明点はお気軽にお電話にてお問い合わせください🍁)

【できること】
 ・読書室でゆっくり本を読む、日記を書く、ぼーっとする
 ・読書室のハンモックにゆられる
 ・テラスにある青い椅子にゆらゆらと揺られながら本を読む
 ・子供が楽しめる木工体験(おウチづくりセット/800円)をする
 ・森の中にある宿泊者専用カフェでゆっくりする(別途要ご注文)
 ・森の中にあるベンチに腰掛けて森を味わう
 ・シートを広げてゆっくりする
 ・ツリーハウスで遊ぶ
 ・森のブランコにゆられる
 ・写真を撮る(プロカメラマンの方による撮影は別途ご相談ください)
 ・タープを張ってBBQをする
 ・テントを張る(テント張りの練習にも!)
 ・お弁当を持ってきて森で食べる
 ・ピクニック小屋をレンタルする
【できないこと】
 ・ワイワイギャーギャーと騒ぐ
    ・3家族以上の団体でのご利用
 ・機器を使って音楽を鳴らす
 ・その他森のルールから外れること、他のお客様と森に迷惑をかけること

現在は金・日・月曜日にデイキャンプが可能です!(まずはお電話で確認を!)

画像9

デイキャンプ(という名の、森でゆっくりしてくださいday)の入場料は、大人(高校生以上)1名1000円、子供(4歳〜中学生)1名500円。
現在(2020年9月〜)は金・日・月曜日のご利用分を受付をしております。
事前の予約が必要なので、まずは森に電話して確認と予約をしてみてください。(当日に今日行きたい!となった場合もまずはお電話を。私たちも可能であれば出来る限りビックウエルカムをしたいと思っております…!)

平日は特にゆーーーーっくり静かな森が味わえる確率が高く、私もよく平日を狙ってのんびり時間を過ごしています。(手帳には「自分へのご褒美時間」と書いてます。友達は「自分とデート」って言ってたなあ。)

というわけで!みなさま!
森でお待ちしておりますっ!!!

夫婦たしろふうふ106235982_196655768388055_3770428166757867948_n

-----
バルンバルンの森
もしもし:0979-52-3020
おてがみ:871-0202 大分県中津市 本耶馬渓町曽木459-9
いんすた:https://www.instagram.com/barunbarun_no_mori/
HP:http://barunbarun.com/

【森のデイキャンプ詳細】
利用可能日:金・日・月曜日(祝前日を除く)
利用可能時間:11時〜16時
利用料金:大人(高校生以上)1000円、子供(4歳以上)500円(税込)
お申し込み:事前予約が必要です!(お電話でお待ちしております0979-52-3020)

🌾写真はいくつかなおちゃんに撮ってもらったのを使わせてもらってます🌾



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なんと…スキをありがとうございます!!嬉しいです😭!
2
大分県中津市にある小さな森のキャンプ場です。愉快で可愛い夫婦が廃キャンプ場を愛情込めてリノベーション。可愛いのはもちろん、目に見えない優しさや温もりも詰まった面白い森を目指しています。http://barunbarun.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。