番匠カンナ@バーチャル建築家

いまないところに 空間 をうむ / idiomorph 主宰 https://www.idiomorph.com / ambr - CXO

番匠カンナ@バーチャル建築家

いまないところに 空間 をうむ / idiomorph 主宰 https://www.idiomorph.com / ambr - CXO

    マガジン

    • idiomorph 通信

      建築とバーチャルのあいだから、考えたこと

    • 建築界隈のVR初心者のための『VRChatワールド作成案内』

      Rhino、Unity、VRChat、おまけにBlenderを使って、タイトル通りのことをするマガジンだよ〜

    • 衝撃だった話

      • 19本

      12/29発売予定 ※装丁 のうめん氏   youtubeチャンネル https://t.co/6v6NdPKUsn  twitter https://twitter.com/nomen_machine

    記事一覧

    ザハ・ハディド・アーキテクツはメタバースにどのように突っ込んでいっているか

    こんにちは、 建築とバーチャルの間の真空を漂うワカメ的存在、番匠カンナです。 先日は建築家に忍び寄る「詐欺バース」について書きましたが、 今日はザハ・ハディド・ア…

    建築家は「詐欺バース」から自衛せよ

    こんにちは、建築とバーチャル世界の健全な発展を願う番匠カンナです。 最近、メタバースバブルによりバーチャル世界と建築界が非常に良くない出会いをしてしまう危険を察…

    改めての自己紹介

    こんにちは、番匠カンナです。 主宰する idomorph のサイトを正式オープンしたので、まずはご報告です。 https://www.idiomorph.com そしてこの機会に、自分でも複雑だ…

    今後の活動に関するお知らせ!

    バーチャル建築家として活動して3年半が過ぎました。 最初の1年は仕事をせずVR空間でただ遊び、次の1年はVR空間デザインを行うようになり、この1年はVRサービスやコンテン…

    メタバースが来るって具体的にどういうこと? リアルやデジタルやVRやARの話

    バーチャル建築家の番匠カンナです。すごく久しぶりにNoteを書くよ。 2021年秋、すでに「またか!」感があるほどメタバースという言葉がバズワード化して、同時にVR/ARに…

    ジオメトリシェーダーでVket5-DCのNodeRingをつくる

    先日、バーチャルマーケット5の会場「Default Cube」のUI/UXデザインについての記事を公開しましたが、その中で紹介したNodeRingの制作過程を紹介します。本記事ではDefaul…

    デフォルトキューブ XR-UX/UIの試み

    バーチャルマーケット5(以下Vket5)の会場「Default Cube」は、展示物を見るという体験を主題とした、XR-UX/UIの尖鋭的な試みだった。 Vketの通常のテーマ会場のように「…

    VRは「空間楽」を生んだ バーチャル建築家が思うVR,MRのこと

    バーチャル建築家として活動してなんともうすぐ2年、番匠カンナです。 そろそろ一度、VRについて、そしてMRについて、いま考えていることを書いてみたいなと思ったので、ぶ…

    『ネオ渋谷』 がうまれたとき

    当記事はxRArchiアドカレの12月24日の記事です。 また、『ネオ渋谷』を訪れた方々がSNSにアップした画像を出典つきでお借りしています。転載NG等あればご連絡ください。 2…

    VR空間デザインの夜明け(VRAAのこと)

    ※この記事はxRArchiアドカレ(https://adventar.org/calendars/4686)の12月10日の記事です。 2019年の夏、「VRAA」というVR空間デザインコンテストが開催された。 開催…

    バーチャル建築家の1年

    [これは悠々自適な生活をしている人ではなく、ただ休憩してる人です] バーチャル建築家の番匠カンナです。2019年4月26日で、生まれて1年になりました。 こういう「書く…

    バーチャルミュージアム・技術編

    この記事は「バーチャルミュージアム・思想編」に続く技術編です。 制作にあたってのモデリング、シェーダー、アニメーション、負荷問題について、やったことや悩ましかっ…

    バーチャルミュージアム・思想編

    2019年3月8~10日の3日間、VR空間上で開催された『バーチャルマーケット2』は、VR史に残る人類の挑戦だった。 ここではバーチャルマーケット2(以下、Vケット2)そのも…

    立体核図表VRはどうやって作られたか

    VRChatという未来の実験場がどのくらい社会的に認知されているかわからないけど、そのVRChatで去年、立体核図表VRをつくった 基本つくりっぱなしの性格なんだけど、もっと…

    この記事は
    マガジンの購入者だけが読めます。

    小説を現実にした話 ~番匠カンナ~

    この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

    日本が終わってるから退職した話(跡地)

    軽率に参加してみた退職者AdventCalendar2018の12月15日の記事だよ~ ※この記事はクリスマスが終わると消えます! この記事は12/29に消しました もったいないとの言葉も…

    ザハ・ハディド・アーキテクツはメタバースにどのように突っ込んでいっているか

    ザハ・ハディド・アーキテクツはメタバースにどのように突っ込んでいっているか

    こんにちは、
    建築とバーチャルの間の真空を漂うワカメ的存在、番匠カンナです。

    先日は建築家に忍び寄る「詐欺バース」について書きましたが、
    今日はザハ・ハディド・アーキテクツ(ZHA)のメタバースへの突っ込みかたを見ながら、建築界とバーチャル世界の関係について書きます。

    ZHAとは?ザハ・ハディドは建築界ではその名を知らぬものはいないトップ・オブ・トップ建築家ですが、建築界の外だと、とくに日本で

    もっとみる
    建築家は「詐欺バース」から自衛せよ

    建築家は「詐欺バース」から自衛せよ

    こんにちは、建築とバーチャル世界の健全な発展を願う番匠カンナです。

    最近、メタバースバブルによりバーチャル世界と建築界が非常に良くない出会いをしてしまう危険を察知したので、その話をします。

    いまから書く内容は、

    リテラシーのない建築界を利用しようとする怪しいメタバースプロジェクトから、特に狙われがちな建築家はしっかり自衛してほしい(して!)

    という警鐘です。

    怪しい話最近たまたま目にした

    もっとみる
    改めての自己紹介

    改めての自己紹介

    こんにちは、番匠カンナです。
    主宰する idomorph のサイトを正式オープンしたので、まずはご報告です。

    https://www.idiomorph.com

    そしてこの機会に、自分でも複雑だ…と思っている自己紹介をしてみます。

    idiomorph とはWebサイトでは面倒な文章を「刺さる人に刺され…!」と投げつけているので、(あっ…近寄らんとこ)感が漏れ出ていますが、ひとことで言うと、

    もっとみる
    今後の活動に関するお知らせ!

    今後の活動に関するお知らせ!

    バーチャル建築家として活動して3年半が過ぎました。

    最初の1年は仕事をせずVR空間でただ遊び、次の1年はVR空間デザインを行うようになり、この1年はVRサービスやコンテンツのコンセプト設計、体験設計、各種デザインディレクションなどをするようになりました。
    直近だと、東京ゲームショウの「TGSVR2021 App」、DNPの「PARALLEL CITY構想」あたりに深くコミットしていますが、その他

    もっとみる
    メタバースが来るって具体的にどういうこと? リアルやデジタルやVRやARの話

    メタバースが来るって具体的にどういうこと? リアルやデジタルやVRやARの話

    バーチャル建築家の番匠カンナです。すごく久しぶりにNoteを書くよ。

    2021年秋、すでに「またか!」感があるほどメタバースという言葉がバズワード化して、同時にVR/ARに関わってきた多くの人がそれぞれの意見を表明している。
    私自身は、メタバースの捉え方は人それぞれで全然良いと思うので、メタバースの定義はここではそんなに重要じゃなくて。
    大事なのは、これから何が起きて、そのとき自分(やクソデカ主

    もっとみる
    ジオメトリシェーダーでVket5-DCのNodeRingをつくる

    ジオメトリシェーダーでVket5-DCのNodeRingをつくる

    先日、バーチャルマーケット5の会場「Default Cube」のUI/UXデザインについての記事を公開しましたが、その中で紹介したNodeRingの制作過程を紹介します。本記事ではDefault Cube(以下DC)の説明は端折ります。

    はじめてUnityのジオメトリシェーダーにトライしました。作っていてとてもおもしろかったので、なにかの参考になればと思います。
    ジオメトリシェーダーの詳しい解説

    もっとみる
    デフォルトキューブ XR-UX/UIの試み

    デフォルトキューブ XR-UX/UIの試み

    バーチャルマーケット5(以下Vket5)の会場「Default Cube」は、展示物を見るという体験を主題とした、XR-UX/UIの尖鋭的な試みだった。

    Vketの通常のテーマ会場のように「展示会場を歩いて見て回る」という現実と齟齬のない体験を捨て、強いコンセプトに基づいて専用に設計した特殊なUX/UIだけで成立させたもの、人類が慣れ親しんでいない体験を投げかけるものとなった。だから、良い面も悪

    もっとみる
    VRは「空間楽」を生んだ バーチャル建築家が思うVR,MRのこと

    VRは「空間楽」を生んだ バーチャル建築家が思うVR,MRのこと

    バーチャル建築家として活動してなんともうすぐ2年、番匠カンナです。
    そろそろ一度、VRについて、そしてMRについて、いま考えていることを書いてみたいなと思ったので、ぶわっと書きます。
    建築家が活躍するいわゆる”建築界”から来た人間として、xRの世界、こんなふうに見えてます。

    VRは「空間楽」を生んだ突然だけど私は、

    「VRはすでに80%くらい、その目的を達成している」

    と考えている。もちろん

    もっとみる
    『ネオ渋谷』 がうまれたとき

    『ネオ渋谷』 がうまれたとき

    当記事はxRArchiアドカレの12月24日の記事です。
    また、『ネオ渋谷』を訪れた方々がSNSにアップした画像を出典つきでお借りしています。転載NG等あればご連絡ください。

    2019年の9月21日〜28日の一週間、VRChat上で「バーチャルマーケット3」(以下、Vket3) が開催された。今日はその会場のひとつ『ネオ渋谷』について、つくっているときに考えたことや、できた後のことを書いてみるよ

    もっとみる
    VR空間デザインの夜明け(VRAAのこと)

    VR空間デザインの夜明け(VRAAのこと)

    ※この記事はxRArchiアドカレ(https://adventar.org/calendars/4686)の12月10日の記事です。

    2019年の夏、「VRAA」というVR空間デザインコンテストが開催された。
    開催場所はVRChatと呼ばれるVR空間上、提出作品はもちろんVR空間、審査もすべてVR空間内で完結し、運営もリモートで、オフ会を除けば誰ひとり実空間で会うことなく行われたデザインアワー

    もっとみる
    バーチャル建築家の1年

    バーチャル建築家の1年

    [これは悠々自適な生活をしている人ではなく、ただ休憩してる人です]

    バーチャル建築家の番匠カンナです。2019年4月26日で、生まれて1年になりました。

    こういう「書くチャンス」は面倒がらずに大切にしたいので、こういう人が存在したという記録と、今後も存在するということの宣言のために、ちょっと振り返り記事を書きます。

    1) Vtuber期2018年の年初にミライアカリちゃんのVRChat動画を

    もっとみる
    バーチャルミュージアム・技術編

    バーチャルミュージアム・技術編

    この記事は「バーチャルミュージアム・思想編」に続く技術編です。
    制作にあたってのモデリング、シェーダー、アニメーション、負荷問題について、やったことや悩ましかったことをドバっと書いてみる。

    動画だとこんな世界。VRChat用のVR空間はUnityで制作する。モデリングはRhinocerousを使ったのち、Blenderでメッシュ調整・UV展開をしている。

    技術編① ワールドモデリング思想編で紹

    もっとみる
    バーチャルミュージアム・思想編

    バーチャルミュージアム・思想編

    2019年3月8~10日の3日間、VR空間上で開催された『バーチャルマーケット2』は、VR史に残る人類の挑戦だった。
    ここではバーチャルマーケット2(以下、Vケット2)そのものの説明は省いて、私が制作にかかわった展示会場のひとつ、「バーチャルミュージアム」について、思想編と技術編にわけて書き尽くそうと思う。
    当日VRChatで体験した人も、まだ行けていない人も、ぜひ読んでみてください!(会場は4月

    もっとみる
    立体核図表VRはどうやって作られたか

    立体核図表VRはどうやって作られたか

    VRChatという未来の実験場がどのくらい社会的に認知されているかわからないけど、そのVRChatで去年、立体核図表VRをつくった

    基本つくりっぱなしの性格なんだけど、もっと知られるべきとの声をいくつかもらったから文章にして残すよ(自分ひとりでつくったものでもないし、ちゃんと見てもらうことも大事だな〜と思い直した人)

    以下、こういうものが2018年の間にできてるよってことと、みんなで寄ってたか

    もっとみる

    日本が終わってるから退職した話(跡地)

    軽率に参加してみた退職者AdventCalendar2018の12月15日の記事だよ~
    ※この記事はクリスマスが終わると消えます!

    この記事は12/29に消しました
    もったいないとの言葉もいただきましたが、かつ別に消すような内容でもないんですが、個人的に決めていたことなので!

    かわりに何かわくわくするような記事をまた書こうと思うので、許してね~