着たい服がある

着たい服があるということ

昔、「スカーティスト」のショートショートを書いた。
「スカーティスト」はスカートを男らしく着る男性のことである。
最近ではこの言葉は消えて「メンズ・スカート」というらしい。

なんか共通点がありそうな気がしたから
「着たい服がある」
を読んでみた。

共通点あった。


メンズ・スカートではないけれど、好きな服を好きなように着る。
堂々と。
こういう男性像を書きたかったんだ。

…なんで書きたかったんだろう?

あの頃の私は、自分が自分であることが苦しくてたまらなかったはず。

役に立たない右手はいらない。
どこにも行きたくないのだから足もいらない。
誰にも会わないから顔もいらない。

絵が描けないことにじたばたして、
テキスト書きになったんだった。

そういう視点だと「着たい服がある」のヒロインの苦悩は、くるなぁ。

響き方に読者の個人差がかなりあるマンガだと思う。
自己肯定感を持っている人には、もしかしたら響かないのかもしれない。

だけど、「自分が自分であることに満足する」って、
意外とできないよね。
特に日本は同調圧力強いし、周りからの「見られ方」を気にするよね。
大多数の人は共感できるんじゃないかなぁ。

「着たい服がある」は既刊4巻だけど、
3巻までは一気に読んで欲しいマンガ。

ヒロインは背が高くてしっかり者で、大人っぽい服・パンツスーツなどが似合うと周囲から思われ、言われている。

本当に好きなのは、フリルやレースの「ロリータ」なのに!

ここで思い出すのが私が高校の教員やってたとき、
どうしても真っ赤な薔薇のコートを着て登校してしまう女生徒がいた。
叱られるのに。
家庭が複雑で本人も闇を抱えてて
「あの生徒は叱られてもああいう形で自分を支えなけりゃ生きられないんだ」
と、事情を知っている同僚から聞いた。

服、ってなんだろう?

「着たい服がある」のに着られない。
着たい服を着ているときが本当の自分?
では、主体は服でそれを着ていないときは偽物の自分なのか?
着たい服を着ている自分を他人は受け入れてくれるのか。
服は単なる飾りとどう異なるのか。

様々な人と出会うことによって、変わっていくヒロインが見せる笑顔。

ここまでは一気に読んで欲しいな。

※夏休みの読書感想文って、構成も何も考えずに書きたかったんだ本当は。ってんで書いた。

※画像の貼り方を間違えていたので修正。2019/08/23

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!ひとつ徳を積んだあなたに幸いが訪れます。
12
AmazonのKindleで自己出版しています。サメ絵本「サメのこどもたち」、短編集「あやしうこそブログるほしけれ」、川柳集「日常川柳」「神の日常川柳」です。こちらのマガジンに「海洋戦隊バトルシャーク」もあります。サポート歓迎、元気になります。そしたら何かしら書きます。

こちらでもピックアップされています

教育関連
教育関連
  • 69本

教育関連話題はまとめました。

コメント (2)
このたびは「#マンガ読書感想文」へのご応募ありがとうございました。
入り江わにさんの投稿を「今すぐマンガ読み大賞(Amazonギフト券 1万円分 ×1名様
)」に選ばせていただきました!おめでとうございます!

つきましては、確認のためログインしている状態で「アルのお問い合わせフォーム」からnoteのアカウント名をお送りください。また、こちらの投稿をアルのメディアに掲載してよいかどうか可否をお知らせください。

ご連絡お待ちしております!素敵な感想文をありがとうございました!

受賞作品の記事です。
https://alu.jp/article/ZTk6KCImfxJVN3xHOx7I
………えっ?!

自分が読書感想文を教える立場だったからこそ、
その「型」を壊したいと思って書いたので、全く全然受賞は思ってもみなかったです。
ありがとうございます。

掲載はもうじゃんじゃんばりばり出してください!
私は「推しを推すためにアルにいる」と思っているので、

「着たい服がある」を読んで!

と、盛大に叫べるならもうどんな手段でも!!

今からお問い合わせフォームに行ってきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。