スポーツ科学__1_

子供におすすめの遊び【運動能力を伸ばせる保証付き】

まず初めにこの記事を見ようと思ってくれた方に感謝申し上げます。この記事は有料で見れるようにしていますが、無料部分を読んでも『なるほど!ためになる!』という風に思ってもらえるように情報発信をしていますので無料で見たい人もぜひ読めるところまでお付き合いください。

ちなみにこのコンテンツを購入して【不利益であった】という方がいらっしゃったなら全額返金いたしますのでTwitterでもこのアカウントにでも申し付けください。

この記事を読んで得をする方
・子供がまだ小さい(小学生以下)
・子供にスポーツをさせたい
・子供の運動能力を伸ばしたい
・スポーツで大成してほしい
・将来子供に幸せになってほしい



こういった方向けのコンテンツとなっています。
ちなみに小学生以上の比較的大きな子供向けのnoteとして
【子供の運動能力爆上げnote】というのも作成していますのでそちらの無料部分を読んでください。



軽く自己紹介を兼ねて僕がこのnoteを作成した理由を述べますと僕は理学療法士と呼ばれる運動のプロのお仕事をしています。僕は日々病院勤務で患者様に施術や僕の知識を提供しているのですが、病院に来られた方だけでなく世の皆様に運動の仕組みを知ってもらいたいと思ったことが初めのきっかけです。

なかでも僕の職場ではケガや病気になった方ばかりが来院されますが僕の知識は健康な方にも有益であることは間違いないですので情報発信のツールとしてnoteを選ばせていただきました。
健康な方は中々運動について知る機会がないですからね。日本の子供たちの運動やスポーツという世界がより発展するように情報をお届けします。


では本題に入っていきましょう。今回、題している【子供におすすめの遊び】ですが先に伸ばせる能力の結論を言います。

Twitterでも投稿しているのですが
・空間把握能力
・運動模倣能力
・運動追視能力


この3つです。あまり聞きなれない方もいらっしゃるかと思います。どんなものかも詳しく解説していきますのでご安心を。


これらの能力とは何ぞやというところから解説していくわけですが、その前に無料で何をしたらいいか知りたいという方のために結論からお話しておきますね。

この3つの能力を獲得するために何をすればいいか

①ボール遊び
最初は大きなものから徐々に小さいもの
できるだけ空中を使うようにしよう

②真似っこ遊び
これも簡単な物から少しずつ難しく
子供が真似しやすいようにダイナミックに大きく動こう

③パズルもしくはカルタ
パズルならピース数、カルタなら置く枚数を減らす
後はできるだけ大きなものから小さいものへ変えよう

僕がやってほしいのはこれだけです。
これから1つずつ解説をしていきます。どんな機序で能力が向上するのか。詳しい注意点までお教えできたらと思います。

ここで見るのをやめてもいいと思うのですが、できれば有料コンテンツも見ていただきたいと思います。
その理由は何がどのように作用しているのかを知らないと上手くいかなかったときの応用が利かないからです。
ただ、上記を実践して上手くいった。いかなかったで終わるのではなく何が良かったのかまで理解できるとお子さんのさらなる飛躍になるんじゃないかと思います。

これから先の話も超重要なことを話しますし、買ってもらって後悔しない内容となるように頑張って執筆していますのでぜひ見てください。


冒頭でも話したように僕がおすすめする遊びは何もスポーツをする子供だけが学ぶべきことではありません。

今回、僕が紹介する運動能力は日常生活でも必ず使う場面があるものですので、人生の幸福度を上げるためにも必要なものだと言えます。

それらを踏まえて先にお進みするといかにこれらの能力が大事かがわかっていただけるのかなと思います。

①空間把握

Ⅰ:空間把握能力とは。どんな時に役立つ

空間把握能力とはいったい何のことでしょうか。


それは、例えば空中にあるボールが今どのくらいの高さで、どれくらいの距離があるかを見る能力です。
さらに言うと、どの方向にどのくらいの速度で移動しているかまでわかればパーフェクトな能力です。

この能力の難しいところは物体を3次元でとらえなくてはならないこと。単に表面上の映像を捉えるだけでなく、その物体が未来でどうなるのかを予測しなくてはなりません。

僕が敬愛するメジャーリーガーのイチローさんも空間把握能力を高めるために背面キャッチをよくやっていたことで有名です。さらにイチローさんは捕るだけでなく投げる方でもかなりこの能力を駆使しているでしょう。
その証拠に正確無比な外野からの返球が行えます。そしてユンケルのCMでは90m先のかごに野球ボールを投げ入れる離れ業まで披露していますからね。

この能力が高いと具体的にどんな時に役立つのかを説明していきましょう。

・野球でいうとフライが上がって落下地点が早くにわかる。また、打つときもコースの見極めが容易になる。

・サッカーの場合もボールの落下地点を予測できいち早くポジション取りができる。他には味方へのパスパターンが増える。フライスルーパスなど平面だけでなく空間を用いる。

・バスケもサッカー同様に落下地点の把握、パスパターンが増える。特にバスケットはゴールが上空にあるので放物線を描いたシュートでないと入りにくい。これには3次元で空間を捉えることができないとかなり難しい。

・球技だけでなく格闘技なんかでも相手の立ち位置の把握が容易で攻撃を当てやすい。または相手のパンチを見切るのに使用。

このように一部のスポーツを抜粋してもこれだけのことに役立てることができます。僕は野球しかしたことがなく他のスポーツに関しては素人ですが、どのスポーツでも空間を把握する能力を使用していることはわかります。



さらに言うと、スポーツをしていない人でもこの能力は役に立ちます。果たしてそれはどんな時なのか。

ずばり【運転】です。車の運転においても平面上のことだけでなく、3次元の空間として認識することで事故率を減らすことが可能でしょう。

特に近年の研究では男性と比べ女性の方が空間把握能力が低いことが言われています。偏見かもしれませんが確かに女性ってバック駐車とか苦手って人が多い気がします。

他にも日常生活において空間を認識しなくてはならないことは数多くあると思います。仕事や趣味によって多少変動はあるかもしれませんが備えておいて損はない能力なんじゃないでしょうか。

お子さんの将来のためにこの能力はぜひ身につけておいてほしいものですね。


Ⅱ:どうすれば空間把握能力は向上できる?

この続きをみるには

この続き:6,813文字

子供におすすめの遊び【運動能力を伸ばせる保証付き】

GE【身体の専門家ブロガー】

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

理学療法士のGEです!身体のことについて情報発信しています!こと運動と生活に関しては医者よりも詳しいです☺️身体のことでお困りであれば僕の情報を見てください。役に立たない情報は公開しておりません!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。