病院では教えてくれない腰痛の治し方

病院では教えてくれない腰痛の治し方【大事なことは生活の中にある】

はじめに

おそらくこれを読んでいる方は腰痛に困っているのでしょう。
腰痛というのは女性のおそよ7割近くの方が悩んでいらっしゃるというからびっくりですね。おそらくみなさん、何かしらの治療はされていると思うんです。でも実際に見てみると治療直後は痛みが改善されてもすぐに再発してしまう方がほとんどなのではないでしょうか。病院では教わることのできない大切なことを僕が教えたいと思います。

なぜそう言い切れるか、それは僕が理学療法士という身体の知識に詳しい専門家だから。運動と生活においては医者よりも詳しいのが理学療法士です。どうやったらその動きが獲得できるのか。どうやったらその生活が手に入るのかを考えるプロです。

このnoteを読むべき人の特徴は
・ずいぶん前から腰痛に悩まされている
・整体や整骨院に通っているが中々治らない
・その時は良くてもすぐに痛くなる


こういった方に是非読んでもらいたい内容となっています。

腰痛の見方にピックアップして情報をお届けできたらと思います。かなり長い記事となりますので本当にお困りの方が読んでいただくことを推奨いたします。しかし、これを読めば【腰痛を治すために】何をすればいいのかがわかります。初めに断っておきますがこれを読んだからといって腰痛が治るわけではありません。
当たり前ですが僕が教えることを実践すると限りなく腰痛は軽減することができるでしょう。

理論上腰痛というのは治すことができます。ですが中には治らないものもあります。
後述しますが腰痛の原因が器質的なもの(骨や神経)だとすればそれを治すには手術しかありません。

ですがほとんどの人の場合は器質的なものではなく、筋疲労による阻血が原因です。簡単に言うと腰の筋肉の【使いすぎです】
例えば空気椅子を1分間してください。多分、だんだん太ももが痛くなってくるでしょ?これは筋肉中の酸素がなくなって痛みが生じているのです。
酸素が足りなくなると痛みがでる。覚えておきましょう。余談ですが息を止めていると脳の酸素がなくなって痛くなってきますよ。試すかどうかは自己責任でお願いします(笑)

理学療法士という職業をよく知らない人は少しだけ教えてあげますね。
医者の仕事はよくご存じがと思います。人体に関して彼らより詳しい職はありません。では理学療法士とは何かというと、元の生活を取り戻すための手助けをしてあげる仕事です。

医者と一緒じゃんと思いましたか?いえ違います。医者は壊れた身体を元に戻すだけです。それから先の元の生活スタイルの再構築は我々理学療法士が行います。

理学療法士は個人因子(筋力や神経などの身体機能)と環境因子(仕事や家庭など)を考慮しどうやったら満足度の高い暮らしを提供できるかを生業としています。
もっと詳しく知りたいという方は僕のブログから情報を得てください

【理学療法士ロードマップ】理学療法士とは何かを教えます。


少し腰痛から離れてしまいました。腰痛の話に戻りましょう。

腰痛を治すために必要なことを最初に言っておきますね。
①原因を知ること
②痛みが生じているメカニズムを知ること
③痛みを生み出している生活習慣を知ること
④生活習慣の見直しを行うこと


以上の4つさえ治せば腰痛は無くなります。
では本題に入りこれらのことを解説していくとしましょう。


 

 腰痛の原因を知ろう

 腰痛の原因は1つじゃないです。自分で治せるものと治せないものが存在します。まずはその原因をはっきりと知っておく必要がありますね。
なので腰痛がある場合はまずは病院に行きましょう

その理由は病院でないと検査が行えないから。レントゲンとかMRIなどです。これらに異常が見られなければ治せる腰痛ということになりますので一緒に治していきましょう。

整体や整骨院でこんなこと言われたことありませんか?

『姿勢が悪いですね』

『筋肉が凝ってますね』

『骨盤あるいは背骨が歪んでますね』

  もちろん痛みが生じている原因としては間違ってはいません。ですが大事なことはなぜ姿勢不良や凝り、歪みが生じているのかに着目すること。
 そのなかであなたの生活というものが大きく関わってくるわけです。

 生活、生活言ってますが痛みの要因も大事ですのでちょっと見ていきましょうか。

 

腰痛の原因をざっくり見てみよう
 手術などの医学的管理が必要とするもの
・腰椎椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・骨粗鬆症
・腫瘍(脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、馬尾腫瘍など)
・脊椎感染症(化膿性脊椎炎、脊椎カリエスなど)
・外傷(腰椎骨折、脱臼など)
・腰以外に由来 変形性股関節症など整形外科の病気
・尿路結石など泌尿器の病気
・子宮内膜症など婦人科の病気
・胆嚢、十二指腸、膵臓など消化器の病気
・解離性大動脈瘤など血管の病気
・統合失調など心因性の病気

 これらが原因の場合は私たちが自分でどうこうすることはできません。医者に掛かり治療に専念しましょう。
 

 

一般的に私たちが悩む腰痛(医学的管理を必要としないもの)
 ・腰部筋の過剰使用による阻血(筋肉の使いすぎ)
・不良姿勢を継続することにより発生する異常筋緊張(こわばり)

これらに対して対策をとっていきます。


 腰痛のメカニズム

 腰痛のメカニズムを分かりやすく解説します。
次の図を見てください。

画像2

引用:タカハラ整形外科クリニック 姿勢による腰への負担 より

これは人の腰にかかる負担の係数を表したもので立っている状態が通常だとしています。それに対し寝ている方が腰にかかる負担は少なく前屈みや座った姿勢は腰への負担が大きいことを示しています。

画像3

美メディカルサポート整骨院 猫背姿勢と慢性痛症状の関係性 より

少し物理の話になるんですが姿勢は上図のように健康な正常姿勢では重心線が頭頂部に位置するように背骨の曲線が作られています。前屈みや猫背により頭部の位置がつま先の方に位置していくと身体が折れ曲がる方向に重力による運動が働くため身体が曲がらないように背中の筋肉で止める必要があります。

この状態が過剰に継続することにより腰部の筋肉は阻血(酸素不足)状態になり痛みを伴ってくるというわけです。
一過性の腰の痛みは主にこれが原因となります。

そして、一過性の痛みが継続して生じるようになるとそれはもう慢性的な痛みに移行しているかもしれません。下図のように常時姿勢が腰痛を引き起こしやすい姿勢で固定されてしまっているのです。

画像1

引用: しつこい腰痛でお悩みの方へ 仙骨調整院セイクラムバランス


ここで大事になのはなぜこういう姿勢が出来上がってしまうのかということ。その理由はおそらく人によって変わります。あなたの家庭内の役割や趣味、仕事によっても大きく影響するでしょう。それではあなたの生活習慣を紐解いていきましょうか。


私が理学療法士としていつも質問しているのは以下のこと

・性別
・役割(職業や主婦などの家庭内役割)
・趣味(今も昔も)
・運動習慣
・学生時代の部活
・最も利用する交通機関
・お子さんの有無(学年も含め)
・自宅内環境

といったところでしょうか。人によってはもう少し聞いたりしますが間違いなく聞くのはこれぐらいですかね。1つずつ情報の解釈をしていきましょう。 

 

この続きをみるには

この続き:7,369文字/画像1枚

病院では教えてくれない腰痛の治し方【大事なことは生活の中にある】

GE【身体の専門家ブロガー】

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
理学療法士のGEです!身体のことについて情報発信しています!こと運動と生活に関しては医者よりも詳しいです☺️身体のことでお困りであれば僕の情報を見てください。役に立たない情報は公開しておりません!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。