見出し画像

サウジアラビアがアルテミス協定に調印(spacenews翻訳7/16-1)

AZULBLUE

スルタン・ビン・サルマン・アル・サウド

ワシントン - サウジアラビアは、ホワイトハウスが米国との宇宙における「協力の拡大」と呼ぶものの一環として、アルテミス協定に署名した最新の国です。

安全で持続可能な宇宙開発のためのベストプラクティスを概説したこの協定への署名は、NASA、米国国務省、サウジ宇宙委員会および各国の大使館の関係者が出席した7月14日のバーチャルセレモニーで行われました。

サウジアラビア王室の一員であるスルタン・ビン・サルマン・アル・サウドは、1985年にシャトルミッションで宇宙へ飛び、今日までサウジアラビアから宇宙に行った唯一の人物です。

NASA のビル・ネルソン長官は、NASA の声明の中で、「今日、サウジアラビアは、多様で成長を続ける国々にその声を加えることになりました」と述べています。「我々は共に、人類の宇宙への急速な拡大が、月やその先の目的地に向かって、平和的に、安全に、国際法に従って完全に行われることを保証することができます。

「バイデン大統領は、サウジアラビア王国がアルテミス協定に署名し、責任ある平和的で持続可能な宇宙探査と利用へのコミットメントを再確認したことを歓迎した」と、ホワイトハウスは7月15日の声明で述べています。

この声明は、バイデン大統領がその日サウジアラビアで行ったサルマン国王およびムハンマド・ビン・サルマン皇太子との会談の成果を概説したものです。
これらの会談は、2018年のサウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害にモハメド・ビン・サルマン氏が果たしたと米国政府が考えていることから、物議を醸しました。

ホワイトハウスの声明は、米国とサウジアラビアの間で宇宙に関する追加の協力が計画されていることを示しました。
「米国とサウジアラビアは、有人宇宙飛行、地球観測、商業・規制開発、宇宙空間での責任ある行動など、宇宙開発のあらゆる分野で協力を拡大しています」
この声明では、その協力の内容については詳しく述べられていません。

サウジアラビアは、国産の小型衛星を数機保有するのみで、控えめな宇宙開発計画を持っています。
王室の一員であるスルタン・ビン・サルマン・アル・サウドは、1985年にSTS-51-Gシャトルミッションのペイロードスペシャリストとして宇宙へ飛び、現在までに同国から宇宙へ行った唯一の人間です。
その後、サウジアラビア宇宙委員会の委員長を務めた。また、同国には静止通信衛星を地域的に運用するアラブサットの本社があります。

サウジアラビアは、2020年10月にNASAが発表した、8カ国を原加盟国とする「アルテミス協定」に21カ国目として参加しました。
同協定は、宇宙条約と関連協定を大きく踏まえた宇宙飛行のベストプラクティスを規定しています。
#サウジアラビア
#アルテミス協定

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
AZULBLUE

いただいたサポートはマインドマップの描き方や、物事をわかりやすく説明するための活動費として使われます。 よろしくお願いします。

AZULBLUE
ゲームの3Dアート コンセプトアート シナリオ制作 アニメや漫画の3Dモデルを作る会社です。