マガジンのカバー画像

Tenmaru人材育成|あなた色の育成プランニング

7
人生100年時代に必要なスキルとは?キャリア開発とは?育成プランとは? これからは個性がより活きていく時代。スタンダードな基礎知識はもちろん、個人や組織の成長に必要なスキルやマイ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

人生をどう生きるか、仕事やキャリアを考える上で大切にしているVSOPとは?

「キャリア」という言葉を聞いて、まずは何が思い浮かぶでしょう。 仕事での実績、それで得た知見、実力。 もちろんそれもありますが、今回は「人生のキャリア」を組み立てるうえで私が大切にしていることをテーマにお送りします。 仕事のキャリアスタート時は、右も左もわからぬまま、日々のタスクに追われる人がほとんどではないでしょうか。忙しさに追われ、気づけば数年… このまま進んでいいのだろうか?そんな思いを抱える方も多いはずです。 私もそうでした。学生時代から漠然と起業を考えてはいた

スキ
32

「羽ばたけ、私!プロジェクト」女性がアナタらしく羽ばたくためには?(前編)

5月後半、新年度の体制にも慣れた頃でしょうか。1年でも過ごしやすい季節、ワクドキの毎日を送っていただきたいものです。 爽やかな風の中、誰もがキラキラと輝きながら働ければ素敵ですが、残念ながらそうではない方もおられるかと思います。 今回は、特に女性が陥りやすいキャリア構築の悩みと、私が取り組んでいる「羽ばたけ、私!プロジェクト」のご紹介を前後編でお送りしたいと思います。 女性は誰しも考えてしまう?「このままでいいのかな」なんとなくそんな風に考えてしまう…よくあることですよ

スキ
21

「アナタ」の「キャリア」を考える

新入社員の受け入れ、研修、配属…新年度を迎えバタバタと忙しく、そして充実した毎日を過ごされてきたのではないかと思います。そんな新年度の慌ただしさが一段落すると、あっという間にゴールデンウィークに突入ですね。今年のお休み、皆さまのご予定はいかがですか。 そんなお休みのほっと一息ついたタイミングで、ご自分のキャリアについて思いを馳せてみるのはどうでしょう。 「キャリア」を「考える」のではなく、あくまでも思いを馳せる、そんな軽い気持ちで読んでいただけたら幸いです。 そもそも今

スキ
21

ピカピカの新入社員、一人前の人材に育てよう!(後編『石の上にも3年、一人前に磨きをかける』)

新年度もスタートし、4月も半ば。少しずつ緊張感もほぐれてきた頃でしょうか。どの企業様もフレッシュな新入社員のパワーに触れ、組織に新しい風が吹いているのではないかと思います。そうであってほしいと、期待しています。笑 新入社員に必要な最低限のスキル、身につけるべきこととして前編『最初の第一歩』編(※)でお伝えしましたが、ではそれらを身につけた新入社員は、そこからどのように成長していくのか、そして「新人」から「若手社員」に、どのように成長していくのか。後半では「入社から3年目まで

スキ
17

ピカピカの新入社員、一人前の人材に育てよう!(前編『最初の第一歩』)

冬が終わったかと思う間もなく急に暖かくなり、寒の戻りもあり、と気候が目まぐるしく変わる日々でしたが、皆様も体調など崩されていないでしょうか。どこの企業様も新入社員を迎え、希望に満ちた新年度のスタートですね。 当社、株式会社Tenmaruでも、本日から3日間、11社43名の新入社員の皆さんをお迎えし、集合研修がスタートします。今年もワクドキの始まりです。 せっかくご縁あって入社してくれた新入社員の人たち、前向きな気持ちを持続できる環境で、イチ早く会社の戦力になってもらいたい

スキ
21

新人育成のイロハ、お伝えします(後編)

3月も半ば、年度末でどこの企業様も忙しくお過ごしかと思います。新年度はもう目の前、いよいよ待望の新人さんが入社してきます。準備はいかがでしょうか。 前編では、「新人育成」についてざっくりと説明させていただきましたが、後編ではその具体的な内容をお届けしたいと思います。 新入社員さんってこんな人前編でも触れましたが、新入社員は「Z世代」と呼ばれる人達です。この世代は、今まで私たち(=40代・団塊ジュニアの世代とします。笑)が当たり前に感じていたのとは全く違う価値観を持っていると

スキ
19

新人育成のイロハ、お伝えします(前編)

1月は行ってしまう、2月は逃げてしまう…などと言いますが、年が明けてこの時期は時が経つのが早いなと感じている方も多いのではないでしょうか。 そして、新年度ももう目の前。新人を迎える準備をしなければなりません。 新人さん。フレッシュで素敵な響きですね(笑) 当然ですが、新卒社員は、この前まで学生だった人たち。どの企業さまも、入社後の研修や育成プログラムなどを準備していることでしょう。 しかし、その「新人育成プラン」、きちんと機能しているでしょうか。 育成って、ここが難しいど

スキ
22