CSV×note企画に参加してみた。<一味同心編>
見出し画像

CSV×note企画に参加してみた。<一味同心編>

AyaK’S

企画に参加したきっかけについてはこちらから。

いざ参加すると他のメンバーも、
そもそもCreating Shared Value(CSV)とは何かを正確に捉えられているか不安を抱いていたり、
CSVを自分の業務に落とし込む方法が分からなかったり、
さらには職場の周りの方へCSVを浸透させる方法に悩んでいたりと、
私と同じように悩んでいる人がいることに安心を覚えました。
しかし同時に、
CSV"先進"企業には程遠い現実を目の当たりにしてこの状況を改善したい!
という強い気持ちが湧きました。

なぜこの状況が生まれているのか?
メンバーとともに話し合ううちに、3つの理由が見えてきました。

・キリングループが掲げるありたいCSV像とキリングループで働く人の考えるCSV像にギャップがある
・なぜギャップが生まれているか分からない
・ギャップを埋めるためにどのように行動すればいいか分からない

さらに話し合いののち、
今回のイベントでは以下3つのテーマでキリンホールディングスCSV戦略部の野村さんとお話しすることで、
私たちが明日からCSV実践のためのヒントを得ることにしました。

・CSVを自分事化するには?CSVを意識したきっかけは?
・従業員がCSVを理解・実践していくためには?
・CSV先進企業という、キリングループが目指す姿になるには?

明日最終回、イベント参加当日のお話と、感じたことをupします!

#CSV   って何 #CSR とどう違うの?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます♪
AyaK’S
イヌ派ときどきネコ派のヒト科。 おしてるやの国にルーツを持つ30代。 あり方や生き方について探求中。