見出し画像

期間限定生産モデルのTIME


フランスブランドのTIME。

他のメーカーにはないフロントフォーク、精度が高い造りのRTM製法。TIME独特のカーボンの編み込み。

多くのサイクリストが1度は憧れるブランドではないでしょか。

2019年に発表された2020年モデル。2018年モデル〜2019年モデルまでの「T」ロゴから従来の「TIME」ロゴに戻るのは大きなトピックスでした。さらにはいままでのフランス生産からスロバキアに生産工場が移るのも大きな話題を呼びました。

そしてフランス工場での最後の大仕事。最後のフランス生産のアルプデュエズが発売されます。

画像1

TIME

ALPE D'HUEZ01 フレンチヒーロー。

フランスのトライアスロンチームの選手たちが乗っているカラーになります。

台数限定生産ではなく、期間限定の生産です。日本では11/22まで注文の受付をしています。

大量生産ができないTIMEが台数制限を設けないのはなかなか珍しいことではないでしょうか?

期間内のオーダー分は懸命にフランスで生産するとのこと。ただし予想より遥かに多いオーダーの場合は途中で締めさせていただくこともございます。

画像3

ALPED'HUEZ01 AKTIV DISC

¥680,000-+税

ALPE D'HUEZ01 クラシック DISC

¥610,000-+税

画像4

ALPE D'HUEZ01 AKTIV キャリパー

¥640,000-+税

カラーハンドル RED

¥56,000-+税

カラーステム RED

¥60,000-+税

キャリパーモデルのアルプデュエズにはクラシックフォーク仕様はありません。

TIMEはAKTIVフォークの性能に自信を持ってますし、実際に効果としては高いのでリムとディスク関わらず、選んで損はないと思います。

ディスクモデルではAKTIV機構が片側のみですが、バランスの狂いはなく、むしろ自然すぎてしっかり左右差がでないよう設計されているのが感じられます。

トップチューブにシリアルナンバーも入る予定です。ただ今回は総生産台数が決まってないので、生産された数字。例えば88本目なら88と数字が入ります。

TIMEの公式インスタグラムでトライアスロンチームの写真など掲載されているのでカラーリングの参考になるかと思います。

実は先日のトライアスロンプレオリンピックで日本を走っていました。来年ももしかしたら東京を走るかも???

画像2

その他ご不明な点はお気軽にお伺いください。

ご予約受付中です。


text:Tatsuya Iwata


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
東京 新橋のロードバイク&Brompton専門店アヴァンサイクル。 イギリスブランド「Condor」の輸入兼販売店。 Brand:Condor.TIME.Bianchi.LightweightBrompton…etc ホームページ「http://avantcycles.jp