見出し画像

日々考察:独学時における動画媒体の利用について

子どもが学校に行っている間が私の独学の大事な時間である。
どこにも行かず、家の中で学べる環境・インターネットさえあれば国会図書館にアクセスして様々な論文も読むこともできる。
もちろん著作権の関係でオンラインで閲覧できるものがすべてではないが遠隔複写を申し込めば、多少の手数料と少しの時間を待てば手元に届く。先人たちの過去の功績の賜物で、私は今こうやって勉強できている。とても良い時代だ。

今、対面的・双方向的な学習が難しくなっている。
でもそもそも、学問って時代を越境する力があるから権威があるのであって、「同時代を生きる」ことを「選ぶ」ことはできない。選べることができるのはそれこそ先にいった「権威」の恩恵を受けているということになる。

圧倒的な歴史を持っているのはテキストだ。比較的時代の浅いものや現存するものなら映像としても見ることはできる。もちろんそういうものも利用している。NHKなどのアーカイブを目的とした番組はとても価値があるものだと思っている。

ここで言いたいのは「YouTube」のような動画媒体に関してである。

この続きをみるには

この続き: 1,770文字
記事を購入する

日々考察:独学時における動画媒体の利用について

関口 あさみ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは個展の費用や学費・研究のための書籍の購入として大事に使わせて頂きます。他、応援してるアーティスト・作家のサポートにも使いたいです。

嬉しい!
5
家で作る人 兼業主婦・社会人大学生(造形) モノづくりと届け方について考えたり、 書かなければ気づきえないこと事を探しています。 小さな本屋さん@西日暮里Book apartment http://sekiguchiasami.com/

こちらでもピックアップされています

日々考察【定期購読マガジン】
日々考察【定期購読マガジン】
  • ¥500 / 月

一人での創作活動といっても完全に一人で完結するものはなく、人との関わり合いが必要です。 このマガジンでは人とのつながり方について考えたり、制作活動において考えている事をエッセー感覚で綴ります。私は「書かなければ気づき得ない文章」を探してます。 随筆と私小説のあいだ。そして私写真。 書評までいかない「本との対話」  「題名のあるギャラリー」としての写真集。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。