見出し画像

我が家にあたらしい椅子がやってきた

いままで家具にこだわったことがなかった。

ある程度心地よく寝れればいいや、仕事ができる環境があればいいや。

そんな風に思って暮らしていたので、お気に入りの家具なんてなかったし、どうしてもこれが欲しい!と思うものに出会ったこともなかった。

そんな考えがぐるりと変わった。

我が家にあたらしい椅子がやってきたのだ。

在宅勤務のサポートの一貫で、オフィスの椅子を届けてもらえることになったのは、つい先週のこと。

noteで働きはじめる直前にフリーランスをしていた私にとっては、そもそもオフィスがあったり、PCを支給してもらえること自体が新鮮で、「会社ってすごいなぁ」と思っていた。

それに加えて、在宅勤務へのサポートがあることを知ってあらためて、「会社ってありがたいなぁ」と感じた。


届くまでは、部屋にあうかな、大きすぎないかな、と少し不安だった。でもそんなは心配はいらなかった。意外にも部屋にぴったりだし、なにより、座り心地がとっても良い。

今までは、ずっと座っていると腰が痛くなって、クッションを敷いたり、仕事をする場所を変えたりしていた。だけどもうその必要がない。ずっと座っていても疲れないし、むしろどんどん何かをしたくなる。


椅子ひとつでこんなに変わるんだ。


そんな感動をおぼえながら、そういえば彼女たちもそう言ってたな、と思い出した人たちがいた。フィンランドのご夫婦だった。

画像2

フィンランドでホームステイをしたのは、社会人二年目の頃。

仕事にのめり込みすぎてヘトヘトになっていた私は、日本とは全く異なる環境に身をおきたくて、逃げるようにフィンランドに飛び立った。(といっても、一週間だけだけど。)

フィンランドでは、夏になると森の中にあるサマーハウスで暮らすことが多く、私はとあるご夫婦のおうちにお邪魔させてもらった。

画像3

画像4

画像4

彼女たちは、おうちの中で過ごすのがとても上手だった。

外食をすることは少なく、食べたいものは自分でつくる。自分の好きなお花を、お部屋の至るところに飾る。夜にはキャンドルを灯して、ゆっくりくつろぐ。

なかでもひときわ存在感を放っていたのは、椅子だった。

画像5

絵本や映画でしか見たことのないようなこんな椅子が、部屋の中に普通にあった。ホストマザーは、よくここに座って本を読んでいた。

その姿を不思議そうに眺めていると、こう教えてくれた。

「フィンランドは、暗くて厳しい冬がつづくからね。おうちで過ごす時間が長い分、自然と一つひとつの家具にこだわるようになったのよ。」


おうちの中にある家具には何となく買ったものはなく、全部お気に入りなのだそう。その証拠に、「どうしてこの家には時計がないの?」と聞いたら、「気に入った時計に出会っていないからよ」と返された。

そんなにこだわらなくても・・・と、当時は思っていた。でも、我が家に届いたあたらしい椅子に座ってみて、少し考えが変わった。

画像6

彼女たちは今、どう過ごしているんだろう。

もともとおうちで過ごすのが上手だから、きっと今も楽しくやっているんだろうな。


届いた椅子には、こんなメッセージが添えられていた。

画像7

外に出て、人と話して、近くで笑い合えることが
こんなにも大切だったなんて。
みなさまのかけがえのない日常が
一日も早く戻ってきますように。


さりげない気遣いに、心がほっとやわらいだ。大変だったのは、重たい椅子を届けてくれたKaggの人たちのはずなのに。


誰かのおかげで、おうちで過ごせている。

そのありがたみを感じながら、明日からも、あたらしい椅子に座ろうと思う。



この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!いただいたサポートは、ほかのnoteのサポートに使わせていただきます。

スキありがとうございます!
69
note株式会社 事業開発。「埋もれた原石の発掘」をテーマに好きなことや感じたことをnoteを書いていきます。リクルート→東京・富山の二拠点フリーランス→note

この記事が入っているマガジン

noteのみんな
noteのみんな
  • 272本

noteで働く仲間の、お仕事noteや社員インタビュー、イベントレポをまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。