新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

って話 #3 - ライブで聴きたい楽曲派アイドルプレイリスト

Atsushi Takada

第3回。非アイドルファン向けアイドルコンテンツとして、今回は女の子たちではなく音楽に焦点を当ててみる。コロナ禍が収まってライブに行ける日々が戻ってきたら、現場で爆音で聴きたいな〜と感じるグループで7曲。どのグループもめっちゃライブいいんです。音楽の好みは人それぞれですが、身体が動き出すようなグルーヴ感が満載の選曲をしてみたのでノリノリでよろしゅ!

ライナーノーツ的なものもぜひ楽しんでください。

1.試験前夜 - 新しい学校のリーダーズ

バンドめちゃくちゃかっこよくないですか?ドラムやばいと思ったら柏倉隆史さん(toe)ですよ。キーボードとギターソロとかセッションぽくてヤバい感じですが、サウンドプロデュースのH ZETT Mさんと、ひっぱりだこサポートギター名越由貴夫さん、東京事変とYEN TOWN BAND、もう豪華すぎ卍って感じ。彼女らはいわゆるアイドルグループというより、その形状を用いた表現集団ってところで、振付や作詞も自身で行っていてライブはエキセントリックでめちゃかっこいいです。

2.Lightpool - sora tob sakana

バンドめちゃくちゃかっこよくないですか?彼女たちはハイスイノナサの照井順政さんがサウンドプロデュースをしていて、初期はインストがポストロックでヤバい(演奏だけのYoutube映像もあった)とか、バチバチの演奏に不安定な歌声がハマる、みたいな評価だった気もしますが、もう5年ぐらい活動しているのでメンバーの音楽的な素養も相当に高まっていて、音楽的強度が半端なくて文句なしにかっこいいですね。バンドセットでのライブはハイスイノナサ的なバンドが付きます。しかもフロントはかわいい!やばい!

3.闇色の朝 - Maison book girl

7拍子のヴァースから音が重なって、4拍子のフックの土着的なビートを感じさせるリズム、気持ちよすぎです。トラック、メロディともに複雑で現代音楽ぽさがあるものの、軸足はクラブミュージック的、耳に入る音のまま身体を揺らしていればいい感じ。このバランス感が最高でめちゃかっこいいですね。中心人物のコショージメグミちゃんは第1期BiSのメンバー。第1期メンバーの多くは今も現役で活躍し、後続に様々な影響を与えていますが、こうして自身がグループを立ち上げて牽引し、理想を追い求め続けるというのは最高にクールです。

4.rain - 我儘ラキア

大阪の実力派、我儘ラキアからキレキレの新曲を。昨年惜しまれつつ解散したアイドルラップグループRHYMEBERRYからMIRIちゃんが加入して戦闘力アップ。ライブが楽しみですね。彼女たちは本当にステージで堂々と音楽を楽しんでいる感じがかっこいいです。さすが実力派。ちなみに我儘ラキアにはもう1人、ツーマンライブを開催するなどお互い高めあっていたものの解散してしまったNEVE SLIDE DOWNというグループの元メンバーもおり、彼女ら楽曲を継承したりして、倒れた仲間を背負って歩く感じがエモいです。

5.自分で蒔いたの。種を。 - 鶯籠

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTなんかを彷彿させる荒々しいギターカッティングが最高です。トラックは硬派なロックサウンドですが、結果として耳あたりのよいポップスとして成立してしまうのがアイドル音楽の面白いところです。彼女たちはデビュー2年ぐらいの新星ですが、勢いがあって存在感を感じさせていたタイミングでのコロナ禍。足踏みは歯がゆいところでしょうが、パフォーマンス重視のグループだけに虎視眈々と爪を研いでそうな感じがします。ちなみにライブパフォーマンスはアグレッシブで、僕が観に行ったライブでは競泳水着でライブしてました。

6.マイライフ - CY8ER

タイトなベースがグルーヴを引っ張るシンプルなトラックが超かっこいいですね。ブリッジの「ファック・マイライフ」のところからサックスがガツンと来るところがヤバいです。ここEDMお作法のビルドアップからのドロップ的でめちゃくちゃ気持ちいいですね。そのまま勢いをキープして再度「ファック・マイライフ」がフックとして登場、ダブルサビぽい構成が最高です。ここにも第1期BiSのメンバーが登場するのですが、中心人物の苺りなはむ(BiS時代はヨコヤマリナ)ちゃんはメンバーかつ所属事務所の社長という、完全セルフプロデュースアイドル。リスペクトですね。

7.It's you - PassCode

この曲は去年夏に行った彼女らのライブで「わたしたちもステージに立つのを不安に思う日も、躊躇う日もある、だけど、あなたたちが苦しい毎日から逃げ込む場所がライブハウスだというのなら、わたしたちはまた、ここに立つことができる、この曲は、そんな、わたしたちとあななたちの歌!」みたいな(もう忘れたもっと長くてエモかった)クソエモのMCの直後、この曲のイントロが流れて照明MAX、観客今日イチ沸き返る、という現場の熱にむちゃくちゃ震えた思い出があります。バンドセットがかっこよくて最高のライブでした。早くそんなふうにまた、ライブで心が震える日が来ますようにと切に願うわけです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!