見出し画像

LINEで「オンラインティータイム」をしてみました

昨日、初めてZoomでオンラインティータイムをしてみましたが、昨日に引き続き、今日はLINEを使ってティータイムをしました!

今日のお相手は大学時代の友人で、LINEでつながっていたので、LINEのビデオ通話を使ってみました。

今日もゆっくり話すことを予想していたので、会話中にスマホを使いたくなるかもしれないと思い、Macに事前にアプリをダウンロードしました。Zoomよりも簡単に、Mac用のアプリがダウンロードでき、アカウントの同期も簡単にできました。

今日は時間通りにティータイムをスタートできました。

良かったところ

✔️ 簡単
LINEをダウンロードしていない人が周りにいるだろうかというくらい、多くの人が使い慣れているアプリなので、相手に準備をしてもらうことがないのが一番のいい点だ思います。

✔️ フィルターやエフェクトが使える

家でビデオ通話をするとき、部屋の中が見えてしまうのが気になったり、メイクや顔色が気になったりする人もいるかと思いますが、LINEなら、背景をぼかしたり、写真アプリのように顔色を変えられたり、これはスマホ版だけですが、眼鏡やマスク、動物の耳や被り物のようなエフェクトがあるので、顔を見せるのが嫌だなと思っている人も、少しハードルが下がるのではないでしょうか。

✔️ パソコンからもビデオ通話ができる

パソコンでもアプリが使えるのが便利でした。スマホだと画面が小さく、立てておく場所がないと使いづらいので、パソコンでできるのは便利でした。

✔️ タイムラグがなかった

これは、昨日のZoomと比較してですが、タイムラグがなかったのがよかったです。Zoomも通信環境がよければ、そのようなことはないのかもしれませんが、少なくとも私の部屋では、慣れるまで少し使いづらかったです。

気になったところ

✔️ 画面が止まったままになってしまった

一度画面が止まってしまい、相手は数秒で直ったそうですが、私の方は、10分経っても止まったままでした。

感想まとめ

やはり、使い慣れている、Macでも簡単に使える、という点で、Zoomよりもハードルが低い感じはしましたが、LINEのIDを交換している相手だから使えるアプリです。

気軽にLINEを交換することが難しい場合は、LINEは選択肢には入れられないかもしれません。

何人までできるのかなと調べてみたところ、なんと200人までいけるそうです。iOS版では4人、Android版は6人、PC版だと16人まで1画面に表示されるそうです。

オンラインティータイムはLINEを知っている、教えても良い相手としかしないだろうと想定すると、LINEはやはり使えるアプリだと思いました。

今日は緊急事態宣言が出された都市に住む友人とのティータイムでしたが、やはり話をして、こんな時でもつながりを実感し、相手の笑顔が見られると、元気になれる気がします。

LINEなら使えるとい方は、ビデオ通話の機能も使ってみてはいかがでしょうか。

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!ありがとうございます!
1
フリーランス英日翻訳者・英語講師。英語を使うお仕事や英語の勉強について受けた質問への私の答えやフリーランスの生活について書いていこうと思います。マルチリンガルを目指して韓国語・フランス語・中国語を勉強中。散歩、カフェ、おいしいものが好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。