映画な話「愛のコリーダ」

映画な話「愛のコリーダ」

その噂は中学生時代から耳にしていました。
ですが、この歳になるまで観ませんでした。


普通は刺しません。
勿論、切りません。
どんな理由があろうと、刃物はいけません。
男が女性にする暴力の方が圧倒的に多いのでしょうが、
でも、自分から手を上げたことは一度もありません。


ずっと前から興味はありましたが、そういうもの興味本位で
観たと思われたくないという「自分可愛さ」で観ることを拒んで
きた部分も大分あります。

思春期からネット配信の時代に至るまで、手に入らなかったとか、
レンタル店頭に並んでもいなかったということもあります。

「阿部定」、彼女の名前を耳にしたのは中学生の頃だったか、
その少し前だったでしょうか。
その存在を、テレビや報道で知ったのか親から聞いたのか、
はたまた同級生らから聞いたのか、その全てに記憶があるので、
どれが切っ掛けだったのかまでは定かではありません。

観てはいないものの、卑猥な事件と内容であろうことから、
そして、やはり話題になるのはそういうことばかりなので、だから、
あまり関心を持ちませんでした。

小学校に上がるかくらいの作品です。

大分時を経て、先日ようやく目にしました。
ええ、「おおいた」時を経ます。
凄くて感動してしまいました。
まず、この描写というか映像そのものを当時子供だったとはいえ
その頃の日本を見て感じてきてはいるので、そこは素直に
同年代より上の世代に近いと思います。

この続きをみるには

この続き: 1,311文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

映画な話

300円

映画やドラマなどを観た感想を 自分の視点で記します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
立嶋篤史

これがなんのことやらか、ようやく 理解しました。 どうもです。 頑張ってホームラン打とうと 思います。

きゃ。
一、キックボクサー。史上初、親子現役キックボクサー。著書「ざまぁみろ!」ネコパブリッシング「死にぞこない」ネコパブリッシング文庫「ざまぁみろ!」幻冬舎アウトロー文庫HP asshi-project.com